サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

蛯原英夫選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2018 全21選手・2日間の足どりを公開!

北畠蘭知亜=レポート、サイト・ビー=まとめ

◆蛯原英夫選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2019年1月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆全選手のフットステップ一覧はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018footsteplist

DAY1


■スタート前
「アタリが果てしなく遠いけど、それが正解。見ててください。700gの魚も貴重になってくると思う。2日間フルリミットはなかなか難しいかも」

2時間~2時間半に1度しかアタリがない釣りだという。この日はプラクティスの際には吹いていなかった南風で、ねらっているエリアでの釣りが難しいだろうということで「今日はしのぐような釣りになると思う」。

21ebihara-2-0448
「蛯原英夫が利根川で釣りしてどうすんだよ。誰もなんとも思ってくれないよ」
あくまで霞ヶ浦本湖で勝負して勝つという決意が垣間見れました。

「風まだ吹いてないかな? 走っていって、波の当たり具合で決めていきます」

ランチングに時間がかかり、スタートが遅れたため「釣りする時間が4時間くらいになっちゃうな…」とコメント。

7:11
やっと下流側の閘門を通過。

7:41
潮来ホテル前にて「風吹いてねぇなぁ、勝負しちゃうか?」。


7:52
■霞ヶ浦・天王崎エリア
「今なんだよ、今」
水深1m以下のリップラップの内側をねらう。
スモラバ、クランク、スピナーベイト(SRミニ・シングルコロラドチューン)を頻繁にローテーション。

21ebihara-1-0755
リップラップに冠水植物がある場所ではパワーポールを下ろして、丁寧にスモラバ+バスエネミーを撃つ。カバーの無い場所はスピナーベイトで流す。
水温17.8℃。
「もうしばらく風吹かないで!」

冠水植物をねらっているため、曇っているよりは晴れていたほうが下に入りやすいのでいい。これについている魚は釣れればデカいのこと。

「スタートが遅れたのが痛い。俺に1時間、時間をくれ! もうちょっとだけ吹かないでくれ!!」

何度も風の事を気にしているようす。

「デカいのはこっち(東岸)だから風が吹いたら潰れちゃう」

8:37
「食え!」

冠水植物を丁寧なアプローチでねらう。

21ebihara-1-0801
「ここからは足早に移動していきます」


8:50
■梶無川河口付近
「釣るよ!」

少し強くなってきた風に対して「ギリギリだな、これより上に2~3箇所あるんだけど行けないかも。帰還できなくなる」。

50cm程度の水深のシャローでスピナーベイトやスモラバ、バスエネミーの3.5gフリーテキサス。ねらいは最初のエリアと同様にリップラップ+カバー。

「これ以上吹いたらヤバい。もう一箇所いきたいなぁ。どうする? このあいだのクラシックではここで3本獲れたんだけどね。風が違うからダメなのかな?」


9:14
■大山エリア
ねらっている水深は1.5mくらい。バスエネミーの10.5gヘビキャロをズル引きして沈み物を探っていく。沈み物に絡めて何度もコースを変えて通す。


9:30
■大山エリア
リップラップにはクランク(ワイルドハンチ)、冠水植物にはダブルモーションのテキサスやバスエネミーのライトテキサス。

「まだ爆風じゃないね、予報でびびってるんだよ。行って吹いてきたらヤバいから。冠水植物に入っているやつは少ないけどデカい」

9:45
「バイト!? 違う魚か?」

10:01
「風に騙されてる。風吹かねぇじゃん!」

先ほどの沈み物付近に戻って、ツインテールリンガーのネコリグでねらう。

10:11
「ここも釣れないことなかったくらいなんだけどなぁ 」という実績のスポットでも1バイトのみ。

「思ったより吹かないな……」


10:33
■園部川河口周辺
「ここ、出ればデケーんだ!」

テトラの穴をダブルモーションのフリーリグで撃つ。テトラをねらう際には16Lbを巻いたヘビータックルを使用。

21ebihara-1-1020
10:41
「カサゴをねらってるみたい(笑)」


10:33
■八木エリア
「水綺麗だなー。風が吹いてきた。ダメだね。風がヤバい」

杭にスモラバ+バスエネミー。冠水植物にスモラバを撃っているのは、ライトテキサスでは食いが浅くてバレたり乗らなかったりということがあったため。フッキング率を上げるために今回から導入。



10:58
■霞ヶ浦大橋上流・石田エリア
「風吹いてるから1周だけ」と言って消波ブロック帯をダブルモーションのテキサスリグで穴撃ちする。

「上流のほうが吹いてますね。こっちに来たらそうでもない。なんなんだよー(笑)」
ここは先週のWBSクラシックで2本キャッチしたエリアとのこと。

11:11
「食わねぇなぁ。何か変わったのか? 朝の雨かぁ?」

21ebihara-1-1102

11:16
■梶無川河口
2箇所目に入ったエリアに再びエントリー。
「さっきより全然吹いてねーじゃん!」


11:32
■玉造エリア
バスエネミーのライトテキサスを至近距離で丁寧に撃ちこむ。要所要所でパワーポールを刺してペースダウン。

「来たね風。ちょっと水増えたなー」

風を見ながら移動を繰り返すため、腰を据えて釣りをすることができない時間が続く。


11:51
■大山の沈み物

「大山の沈み物は毎日釣れてた。何が違うかといえば風が逆なことくらい。いないってことはないと思うんだけどなぁ。ここも練習ではバスエネミーのライトテキサスをスイミングさせてると簡単に釣れてたの。この風が吹くと思って警戒していたら、全然吹かないんだもんなぁ」

今日はここ最近で1番釣れてない。

一昨日は6尾、その前には2尾、 デカいのが1本入った。火曜は4尾。

小移動して沈み物へ。かなり強風で操作がしづらくアタリもとれない状況。
「帰還できなくなりそう……」


12:27
■和田公園周辺
リップラップや杭をねらい、グラブ系のテキサスをスイミングさせながら流す。

12:34
「 (吹き始めた強風に対して)来やがった!」

12:41
「マジかー。バスいてくれー!」


12:46
■天王崎エリア
朝イチに入ったエリアに再エントリー。スモラバ+バスエネミーで冠水植物をねらう。

12:52
荒れてる水面を見て「海!海だ!」。

風が強くなってきたので本湖から出ることに。移動中かなり荒れていたが、蛯原選手の操船スキルとチャージャーボートの安定性によって同船者(プレス)は不安を感じなかった。


13:02
■常陸利根川・潮来大橋上流
利根川に向かう途中で立ち寄ったスポット。竹杭をバスエネミーのライトテキサスでねらって流していくがすぐに移動。

13:22
閘門到着。


13:49
■利根川・会場対岸
最後に会場対岸で時間ギリギリまでワイルドハンチを巻く。

13:49
「クソー!!」

帰着。

■帰着後
「明日も本湖。散るのも咲くのもカスミでいきますから」

予報とは違うタイミングで吹いてきた南風に苦しめられた初日。南風の対策もしてきたが、風の吹くタイミングに惑わされて、腰を据えて釣りができなかった。明日は北風の予報なので釣れるはず。


初日の成績
0尾0g 20位

DAY2


■スタート前
「今日は俺の風! 今日は釣るぜ! 昨日と同じことをして意地でも釣ってやる!!」
東浦最奥のポテンシャルがすごい。ただ南風だと釣れない。この日は北寄りの風なので期待できるという。

「ルアーは基本バスエネミーのライトテキサスだけでいいくらい。ただ、スモラバでないとフッキングしないときがあったり、テナガみたいなイメージでネコリグを使うと反応する魚もいるので、テキサスで撃ったスポットに入れ直す場合もある。試合だと思わず、普段の釣りだと思ってやる!」

6:17
「俺の風吹いてるぜ!!」

6:20
閘門着。1回目に入ることができた。


6:56
■霞ヶ浦・天王崎
リップラップにはスピナーベイト、冠水植物にはスモラバ。風が変わったため水がきれいになっている。スモラバをピッチングでカバーの外に落としていく。

21ebihara-2-0703
7:06
リップラップをねらっていたが、バスエネミーのライトテキサスに持ち替える。
そのままバンク側にキャストすると、ヒット!!!

21ebihara-2-0706
21ebihara-2-0707
★推定700gをキャッチ!

ヒシモと枝の下にいた待ち伏せ系。落としてすぐに食ったとのこと。

21ebihara-2-0708
「今日の蛯原ちゃんは違うよ! あのサイズじゃないからね、俺がねらってるのは! 見てて、俺の経験上この風なんだよ」

バスエネミーはシナモンカラーが好調。
「水が3cmくらい増えてる。シャローのバスは3cmくらいでも変わるからね」

「この風この風!! なんか食いそうだな。あと1匹ここで出ると楽なんだけど。こんなもんで終わってたまっか! トップウエイト出してやりてーな」

ヒシモは20℃を境に枯れてきて、生え方がパラパラになってくる。その状態であればスピナーベイトでヒシモの間を探るという。

7:32
ノンキーパーがヒット。

使っているスピナーベイトはSRミニ1/2ozをシングルコロラドにチューンしたもの。シャローでボトム付近をゆっくり探る際、波動は強くしたいが浮き上がらせたくないため。

「晴れてくんねーかなー。バスはいるぜ! 風が変わったら釣れる自信が俺にはある」

「絶対今日は全体的にスコア落ちるよ」
多くの選手にとって昨日の南風がプラスに働いたと予想されることから。

バスエネミーのバックスライドセッティングにローテーション。
着水後ティップを下げたりロッド自体を着水点に向けて前に押し出したりしてラインを送り込んでいる。その後2~3回ほど誘って回収の繰り返し。

7:49
スピナーベイトにチェンジ。リップラップとヒシモにタイトにキャスト。
再びバスエネミーのバックスライドセッティングにチェンジ。

7:56
ダブルモーションのゼロダンにチェンジ。
カバーの奥に入れて誘う。数投してバックスライドにチェンジ。

8:04
バスエネミーのノーシンカーワッキーにチェンジ。少しフォールさせてシェイクしながら1ストローク分引っ張ったら回収。
ダブルモーションのゼロダンを冠水した雑草の中に撃ち込む。数回誘って回収。
シートパイルに沿わせてスピナーベイトを引く。
細かくルアーをローテーション。

バスエネミーのテキサスにチェンジ。

8:20
ヒシモにタイトにスピナーベイトをキャスト。

8:22
バスエネミーのテキサスにバイト!!
甘噛みでフックアップならず……もしかしたら杭のロープかも?

「ぜってー釣ってやっかんな!!」

スモラバ、ネコリグなどをローテーション。

小移動して沖の杭を少し撃つ。

8:31
隣のリップラップに移動。バスエネミーのテキサスにチェンジ。ここでは比較的速いスピードで流していくが、カバー撃ちの正確さは変わらない。

「この時期になると、魚はどこにいるかわからなくなるから手を抜かず全部撃たないといけない。油断してるといきなり来るからね」

9:14
水門にネコリグ。
護岸側にタイトに落とし込んでズル引きしたりチョンチョンと動かしたり丁寧に探る。


9:31
■玉造エリア
似たようなリップラップのエリアへ。スモラバでカバー撃ち。
「陽が射してきたから出そうなんだけどねー。出てくれ!」

9:58
陽が出てきたところで、リップラップの冠水植物でビッグフィッシュがヒット!!
アクションさせてからフォール時にコンっ!といいアタリ。かなりグッドサイズだったが痛恨のバラシ。

21ebihara-2-0958
「なんだよーーマジかー。ちゃんとアワせたんだけどなー……。心折れそう……折れるな!!」


10:35
■梶無川河口

「よし! 気合い入れて獲り直そう」

バスエネミーテキサス、スピナーベイトで探っていく。

「いねぇ! どこ行ったんだよ」


10:50
■園部川河口
ダブルモーションのフリーリグで、テトラをねらう。

到着早々バイトらしき感触。「違うと思うんだけど」と念のためネコリグ(ツインテールリンガー)を投入。

テトラにテンポよくダブルモーションのフリーリグを落とす。着底してラインを張り、回収の繰り返し。

ここのテトラは水深があるため少し長めのロッド。ラインは16Lbのヘビータックル。フリーリグにすることでノーシンカー状態の食わせの要素でタフッたときでも食わせられるという。


11:21
■大山の沈み物
前日も入った大山の沈み物。バスエネミーの10.5gヘビキャロをズル引き。

「毎日釣れたのになんで!? 昨日はわかるけど今日は釣れるはずだぞ?」

バイト? テールが千切られていた。

カラーチェンジして同じ場所を通すと……。

11:36
バイト!

沈み物にコンタクトさせ、フォールでコンっ! と来た。

しかし一瞬乗ったもののバレてしまう。
「今日はバイトが浅いね」
ストラクチャーに巻かれるのを避けるため少し早めにアワせたのがいけなかった。

21ebihara-2-1144
「今日は本当なら3本いたぞー。ここは回遊してるからまた別の魚が入ってくるかもしれない」

「3匹いたじゃねーかよー!!」

ワイルドハンチを通す。そしてすぐにヘビキャロに。

「1匹しかいねーのかぁ? なんでミスってんだー。悔しいなぁ!!」

12:28
閘門着。


12:41
■利根川・東関道下流
杭をねらってすぐに移動。最後に会場前に入ろうとするが時間ギリギリのため、そのまま帰着。


2日目の成績
1尾700g 17位

2日間トータル
1尾700g 21位

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/25

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING