サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

Basser Allstar Classic 2018 初日レポート

ウエイインされたバスの平均ウエイト1㎏超の乱打戦! 暫定1位は小森嗣彦選手!

siteB=まとめ
dsc_0390
 ここ数年のオールスターは、競技の直前に雨が降り当日は好天に恵まれるパターンが多かったのだが、今年は雨の中のスタートとなった。

 予報によると競技2日目の日曜日は一日中快晴。初日の低気圧を味方につけてリードした選手が優勝へ大きなアドバンテージを得る展開が予想される。

 競技がスタートすると雨が弱まり南の風が吹き始めた。プレスアングラーからの釣果情報が続々と寄せられてきた。

 siteBでリアルタイム釣果配信を行なった12:00までの間に寄せられた、推定ウエイト1000g以上の釣果報告はなんと17回。いったいどんなウエイトが持ち込まれるのか……。

 ウエイインが始まると多くの観客がこの日の釣れっぷりに驚いた。

 ディフェンディングチャンピオンの北選手は粒ぞろいの3尾3245gを持ち込んだものの6位で折り返すこととなった。

dsc_1348
 田辺選手と市村選手はそれぞれ3尾3640gで4位タイ。

dsc_1489
dsc_1320
 清水選手はファーストフィッシュこそ目測300gと小ぶりだったが、12時以降に入れ替えを達成し3尾3650gで3位につけた。

dsc_1400
 朝から霞ヶ浦本湖にボートを走らせた小野選手は堅実な釣りでウエイトを伸ばし3尾3725g、2位。

dsc_1441
 そして、AbemaTVスタジオ解説の秦拓馬さんと鬼形毅さんをはじめ、観る者の度肝を抜くウエイトを小森選手が持ち込んだ。初日最大魚の1860gを含む3尾4505gという驚異的な釣果で暫定1位。2位におよそ800gの差をつけ、自身2度目のオールスター優勝に王手をかけた。

dsc_1419
 終わってみればこの日ウエイインされたバスは50尾。その平均ウエイトは1kg超えの1053gというスラッグフェストな初日となった。下の表のとおり暫定10位までが3㎏台の混戦である。

 このまま小森選手が逃げ切るのか、それともほかの選手がマクるのか……。2日目も目が離せない展開になりそうだ。

 ぜひ水の郷さわらの会場、またはsiteB、AbemaTVで観戦してほしい。

【Basser Allstar Classic2018初日結果】

1位 小森 嗣彦 3尾4505g
2位 小野 俊郎 3尾3725g
3位 清水 盛三 3尾3650g
4位 市村 直之 3尾3640g
4位 田辺 哲男 3尾3640g
6位 北 大祐  3尾3245g
7位 伊藤 巧  3尾3175g
8位 伊豫部 健 3尾3130g
9位 沖田 護  3尾3115g
10位 沢村 幸弘 3尾3000g
11位 関和 学  3尾2520g
12位 五十嵐 誠 2尾2435g
13位 菊元 俊文 3尾2330g
14位 草深 幸範 2尾2325g
15位 青木 大介 3尾2320g
16位 福島 健  3尾2115g
17位 赤羽 修弥 2尾2070g
18位 河辺 裕和 1尾965g
19位 並木 敏成 1尾745g
20位 蛯原 英夫 0尾0g
20位 小林 明人 0尾0g


◆siteBオールスター特設ページ
https://bac2018.tsuribito.co.jp/allstarclassic/

◆Basserタオル&ELECTRICコラボTeeが当たる! ウイナー予想キャンペーン
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018winneryosou

abema



2018/10/27

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年8月号

[特集]山上湖
日常マイナス5℃の深呼吸と初夏の魚影を求めて

 今号では、夏こそ行きたい山上湖の釣りを特集。桧原湖、芦ノ湖、野尻湖、河口湖、榛名湖など、水面標高600~1,000mの涼やかな湖を取り上げ、夏の攻略法を紹介しています。
 桧原湖の案内人・澳原潤さんは、近年の同湖における傾向と対策、そしてベイトによって異なるフィシングパターンを解説。津留崎健カメラマンの美麗な写真も必見です。
 芦ノ湖の山木一人さんはトップウォーターとボトムという両極の楽しみ方を紹介。河口湖を担当してくれた藤田京弥さんは、ギル系ビッグベイトとジグポークによる攻略法を、五十嵐誠さんは野尻湖のスモールマウスと遊ぶためにぜひ覚えたい、ハードベイトとソフトベイト2種のキャロライナリグについて教えてくれています。
 この号が店頭に並ぶ6月末から7月、8月と今夏いっぱい役立つ山上湖情報が満載! 避暑と釣果の一石二鳥に大いに参考にしていただけること間違いナシの一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING