サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic 2018 初日レポート

ウエイインされたバスの平均ウエイト1㎏超の乱打戦! 暫定1位は小森嗣彦選手!

siteB=まとめ
dsc_0390
 ここ数年のオールスターは、競技の直前に雨が降り当日は好天に恵まれるパターンが多かったのだが、今年は雨の中のスタートとなった。

 予報によると競技2日目の日曜日は一日中快晴。初日の低気圧を味方につけてリードした選手が優勝へ大きなアドバンテージを得る展開が予想される。

 競技がスタートすると雨が弱まり南の風が吹き始めた。プレスアングラーからの釣果情報が続々と寄せられてきた。

 siteBでリアルタイム釣果配信を行なった12:00までの間に寄せられた、推定ウエイト1000g以上の釣果報告はなんと17回。いったいどんなウエイトが持ち込まれるのか……。

 ウエイインが始まると多くの観客がこの日の釣れっぷりに驚いた。

 ディフェンディングチャンピオンの北選手は粒ぞろいの3尾3245gを持ち込んだものの6位で折り返すこととなった。

dsc_1348
 田辺選手と市村選手はそれぞれ3尾3640gで4位タイ。

dsc_1489
dsc_1320
 清水選手はファーストフィッシュこそ目測300gと小ぶりだったが、12時以降に入れ替えを達成し3尾3650gで3位につけた。

dsc_1400
 朝から霞ヶ浦本湖にボートを走らせた小野選手は堅実な釣りでウエイトを伸ばし3尾3725g、2位。

dsc_1441
 そして、AbemaTVスタジオ解説の秦拓馬さんと鬼形毅さんをはじめ、観る者の度肝を抜くウエイトを小森選手が持ち込んだ。初日最大魚の1860gを含む3尾4505gという驚異的な釣果で暫定1位。2位におよそ800gの差をつけ、自身2度目のオールスター優勝に王手をかけた。

dsc_1419
 終わってみればこの日ウエイインされたバスは50尾。その平均ウエイトは1kg超えの1053gというスラッグフェストな初日となった。下の表のとおり暫定10位までが3㎏台の混戦である。

 このまま小森選手が逃げ切るのか、それともほかの選手がマクるのか……。2日目も目が離せない展開になりそうだ。

 ぜひ水の郷さわらの会場、またはsiteB、AbemaTVで観戦してほしい。

【Basser Allstar Classic2018初日結果】

1位 小森 嗣彦 3尾4505g
2位 小野 俊郎 3尾3725g
3位 清水 盛三 3尾3650g
4位 市村 直之 3尾3640g
4位 田辺 哲男 3尾3640g
6位 北 大祐  3尾3245g
7位 伊藤 巧  3尾3175g
8位 伊豫部 健 3尾3130g
9位 沖田 護  3尾3115g
10位 沢村 幸弘 3尾3000g
11位 関和 学  3尾2520g
12位 五十嵐 誠 2尾2435g
13位 菊元 俊文 3尾2330g
14位 草深 幸範 2尾2325g
15位 青木 大介 3尾2320g
16位 福島 健  3尾2115g
17位 赤羽 修弥 2尾2070g
18位 河辺 裕和 1尾965g
19位 並木 敏成 1尾745g
20位 蛯原 英夫 0尾0g
20位 小林 明人 0尾0g


◆siteBオールスター特設ページ
https://bac2018.tsuribito.co.jp/allstarclassic/

◆Basserタオル&ELECTRICコラボTeeが当たる! ウイナー予想キャンペーン
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018winneryosou

abema



2018/10/27

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年2月号

第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編

前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集!
  10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県!
  折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。
これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。
このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

ボートを降りてもトッププロ半端ないって!
  テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。 B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、 26ページの大ボリュームでお届けします!
  年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING