サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

赤羽修弥選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2018 全21選手・2日間の足どりを公開!

サイト・ビー=まとめ

◆赤羽修弥選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2019年1月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆全選手のフットステップ一覧はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018footsteplist

DAY1


6:00
スタート待ち。
「プラの感触は厳しい。南風が吹くし、やれる場所は限られてくる。ランチングに時間がかかり、競技時間は短い。霞ヶ浦組は時間が少ない」

7:00
小見川閘門到着。
小野選手、清水選手、北選手、菊元選手、青木選手、赤羽選手の6艇。

7:20
息栖大橋を越えてすぐにエンジントラブル。エンジンの回転数が上がらない。
「エンジン焼きついた!? ギアケースが逝ったか……」

本部と連絡を取り、今後の対策を話し合う。牽引して戻るか、自力で戻るか。戻った後は船を替えてスタートするか、など。連絡を待ちつつ、とりあえず、引き返す。


7:32
■常陸利根川・小見川閘門を出てすぐ右手の杭周り
ストレートワームのワッキーリグで杭周りをネチネチと。
「ちょっとでも釣りをしないと」ということで帰りながらサオをだす。
「ここはプラで釣れてる。釣れねーかな」

15akabane-1-0732
7:45
「戻ろうか」と閘門へ。牽引はやめて、自力で戻る選択。

7:54
■小見川閘門手前
向こう側から誰か閘門を開けたようだ。時間を惜しむように閘門前のアシ際、杭周りをスティーズホグ3inのダウンショットリグでねらう。その後すぐにノーシンカーに変更。

8:02
閘門から出てきたのは五十嵐選手。

15akabane-1-0802
8:20
トラブルの原因がペラと判明。
途中でリフトアップしてペラを改めて見ると、1つ欠けている。車に予備のペラがあるので、交換すれば復帰できそうだ。ペラ交換はマリーナでやるか? ドックでやるか? サポートスタッフと相談しながら、本部へ向かう。最終的には湖上で交換することになった。

1000回転ほどでゆっくり利根川を進む。


8:25
■利根川・小見川大橋左岸 橋脚周り
テキサスリグで橋脚周りをねらう。キャストしてチョンチョン。

「明日使う予定だったんだけど」といいクランクに変更。

テキサスに戻す。トレースコースを変えながらしつこく橋脚周りをねらった。

8:45
応援スタッフがペラを持って到着。

15akabane-1-0851
「どこかドックに入る?」(赤羽)、「ここでも大丈夫です」(スタッフ)。
小見川大橋左岸寄りの浅瀬にパワーポールを突き刺して係留。赤羽艇にスタッフ艇をビタ付けしてスタッフが腹這いになり交換。ペラ以外に原因があるのでは?という疑念もあったが、ペラを変えたところ、エンジンは快調。


9:01
■小見川大橋右岸 黄色の鉄杭周り
再スタート。
「2時間ロスした?」
ダウンショットでねらう。

15akabane-1-0902
9:10
霞ヶ浦方面へ向かうため、再び閘門へ。


9:25
■外浪逆浦・水郷トンボ公園前付近
杭、沈みブロックをダウンショット(ストレート系)でねらう。チョンチョン、スーというアクション。

途中、スピナーベイトに変更。数投して、ダウンショット(シャッドテール系)に変更。チョンチョン、スーというアクション。南風を受けるポイント。湖岸は風でバチャバチャ。

9:51
キャットフィッシュがヒット。
「生命感はあるんだけどね」


10:04
■常陸利根川と外浪逆浦合流(東関東自動車道下流) 左岸側 岬周辺
ノーシンカーでアシ際ねらい。寄せすぎてジャカゴの鉄線に引っかかり、トランスデューサーがちぎれるというトラブルも。この後、フロントの魚探は機能せず。


10:21
■常陸利根川・東関東自動車道上流 右岸
護岸(板チョコレートのようなブロック)をシャッドテールワームのただ巻きでねらう。

10:45
ブルフラット3.8in(+1/8ozのウエイテッドフック)にバイト。アワせたもののにすっぽ抜け。


11:20
■夜越川
ダウンショット(シャッドテール)、ノーシンカーをこまめに変えながら、川を遡る。

「ここで獲るしかない。雨の影響が心配。ゼロでは帰りなくないな」

11:40
「(ここで釣って)明日につなげるよ、絶対!!」

15akabane-1-1141
11:47
スティーズホグのリーダーレスダウンショットリグに変更。

11:56
15akabane-1-1156
15akabane-1-1157
★待望の1尾目をキャッチ。
「明日につなげる1尾。俺は諦めないぞ。最初からこの辺りを重点的に流せばよかった」

12:30
夜越川を出発し利根川へ向かう。


12:55
■小見川閘門手前のアシ際
ダウンショットを数投。

13:02
小見川閘門。


13:16
■小見川大橋 左岸 橋脚周り
スピナーベイトでねらう。その後テキサスリグに変更。

13:22
■小見川大橋 右岸 黄色の鉄杭周り
「水が巻いている。朝来たときと雰囲気が違う」
かなり水面がモワモワしている。

13:25
15akabane-1-1325
★スティーズホグ3inの5gダウンショットリグにヒット!

15akabane-1-1326
「やべ、来てる!」


13:49
■利根川 道の駅さわら下流 右岸 杭周り
ダウンショット(シャッドテール)からスピナーベイトに変更してねらう。

「事件ありすぎで、釣りはできていない。時間がなかった。が、収穫があったからよしとしよう」


初日の成績
2尾2070g 17位

DAY2


「朝イチは昨日やった場所(小見川大橋下)でやってから、本湖へ。ビッグフィッシュねらい」


6:20
■小見川大橋 右岸 黄色の鉄杭周り
スティーズホグ3inのダウンショットリグでねらう。チョンチョン、スーっと引くアクション。
小見川閘門の第二陣で入るために時間調整。


6:34
■小見川閘門手前のアシと杭周り
スピナーベイトで軽く流す。

6:40
小見川閘門。

6:52
水門が開いて、夜越川へ直行。


7:15
■夜越川
入ってすぐにアシ際をポッパーでねらう。

15akabane-2-0718
7:18
ノーシンカーに変更。

7:22
再びポッパー。

7:25
スティーズホグのリーダーレスダウンショットリグに変更。

7:40
アワセを入れる。
「今の違う? ライン張ったけどな~」

7:55
ストレートワームのノーシンカーに変更。

8:00
「魚っ気ないや。昨日の雨による濁りが気になる」

8:01
15akabane-2-0804
15akabane-2-0805
★「なんとか1尾出ないかなぁ」と言っていた矢先のヒット。左岸のアシ際に入れた4inヤマセンコーのノーシンカー。

15akabane-2-0806
8:25
「厳しいな」

8:35
ポッパーに変更したが、数投で4inヤマセンコーのノーシンカーに戻す。

8:42
移動。霞ヶ浦を北上。


8:59
■中央排水路
入り口からすぐにキャスト。ブルフラット3.8in(+1/8ozのウエイテッドフック)を護岸際に投入。

15akabane-2-0908
9:07
一般の先行者に会う。

赤羽「どのあたりまでやりました?」
先行者「かなり奥までやりましたよ」

赤羽さんがっくり。
「参りました」

9:32
小橋手前でパワーポールを降ろして係留。橋下の奥にブルフラット3.8inをキャスト。かなり丁寧に時間をかけてねらっていた。

15akabane-2-0935
9:38
パワーポールを入れ直して、少しずつ前進。

★ブルフラット3.8inにヒット。
だが……。
「この魚じゃないんだなぁ」
ギリギリキーパーサイズに肩を落とす。

15akabane-2-0939
15akabane-2-0940
10:10
水路を折り返す。

水路を下りながらブルフラット3.8inを投げる。

出口付近からスピナーベイトに変える。排水路と本湖の合流にある杭周りを中心にスピナーベイト。


10:35
■大山スロープ周辺
着くや否や「荒れすぎか~?」。

スロープの前に広がる消波ブロックをシャッドのトゥイッチングでねらう。チャカチャカ(巻き)、トントンというリズム。2巻き前後の後に2回トゥイッチを入れる。

10:50
小移動してゴルフ場前の水門へ。

水門前の板周りをブルフラット3.8inでねらう。

11:00
「もう1ヵ所やるか」

少し北上して水路周りの板をリーダーレスダウンショットリグでねらうが数投でチャターベイト系に変更。カラーはチャート、トレーラーは白。ただ巻きでねらう。

11:57
閘門到着。
草深選手が先に待機。水門前で軽くスピナーベイトを投げる。

12:00
利根川行のヒモを引く。


12:11
■小見川大橋 左岸 橋脚
真っ先に右岸にある黄色の鉄杭周りをねらいに行ったが、オカッパリアングラーがいて断念。左岸の橋脚周りに移動。ダウンショットリグでねらう。数投してテキサスリグに変更。


12:29
■水の郷さわら上流
まずはテキサスリグで探り、ダウンショットに変更。岸際の杭や鉄杭、枯れ木周りをねらう。ひと通り探った後は岸から20~30m沖にある杭や枯れ木周りをねらう。

「水が悪いね」

「あと20分はできる。けっこうやれるな」と自らを鼓舞。

「あと、ワンバイトがなかった」

13:00
帰着。


2日目の成績
2尾1370g 13位

2日間トータル
4尾3440g 15位

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/25

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING