サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

田辺哲男選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

大場未知=レポート、サイト・ビー=まとめ
tanabe_main
田辺選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の92ページから掲載しています。併せてご覧ください。

メインルアー
tanabe01ボルケーノ・グリッパー1/2oz
+スナッグレストレーラーL
ロッド:ロードランナー・ヴォイスLTT680MH
リール:メタニウムDC
ライン:R18フロロリミテッド16Lb

tanabe02ザグバグ・3フック
ロッド:ロードランナー・ヴォイスHB600M
リール:カルカッタコンクエスト100DC
ライン:R18フロロリミテッド14Lb

tanabe03Bスイートシャローブロック70
ロッド:ロードランナー・ヴォイスHB640ML
リール:カルカッタコンクエスト100DC
ライン:R18フロロリミテッド14Lb
※いずれのセットもルアーとロッドはノリーズ、リールはシマノ、ラインはクレハ

DAY1

tanabe-day1


6:31
■津宮
消波ブロックから釣り開始。初日はこのエリアにかなりの時間を割く予定。Bスイートシャローブロックによるクランキング

6:36
ビースイートにバイト

7:38
ビースイートが目の前でひったくられたがアワセシロが短すぎたのか、すぐに外れてしまう。1200g級だった。「あのサイズが食ってくるんだから離れられないよな」

7:52
1尾目をクランクでキャッチ。840gのナイスフィッシュ

tanabe_1_0753
8:33
「ちょっとワーム入れてみる」とテキサスリグ(エスケープツイン)をキャスト。丸いシンカーを用いて消波ブロックの穴に入りやすいように工夫していた。その3投目に700g

12:00
「あと2時間か~。下流のバズ場に行ってリミットメイクする手もあるけど、これからタイドが下がり始めるはずだから動きたくないんだよな」


12:14
■横利根川吐き出し
スタートしてから初めてエンジンを始動。「キーパー場」という水門付近に移動

12:34
ポッパー(ザグバグ・3フック)でキーパーをキャッチ。ウェイトは推定550g
「よし、これで1400gアップのゲームに戻れる!」
だがその後は何も起こらず初日終了

1日目の成績
2040g(3尾)……9位

DAY2

tanabe-day2


5:54
■津宮
初日と同じく消波ブロックから釣り開始
「昨日の終わりと同じ水位だね」

6:15
「ちょっと濁り入ってるな」
エンジンで300mほど下流に移動


6:41
津宮に見切りをつけ下流のクレイバンクに入る

6:45
杭の横を通したバズベイト(ボルケーノ・グリッパー1/2oz)にヒット。しかし痛恨のラインブレイク
「デカかった。1500gはありそうだったな。けど、まだバズでも食うことがわかったのはよかったよ」

7:30
ラン&ガンニングで要所をまわる


8:20
■最下流域のアシ島
バズベイトに1500gクラスがヒット
「プラでもデカイの見えたんだよ。その魚かわからないけど、とりあえずよかったよ」

tanabe_2_0813

10:05
朝のバズ場に戻る
「もう一度食わないかな。そんなすぐには食わないか。じゃあ、あいつがどいて入ってきた別の1500クラスでもいいや(笑)」

10:56
「ダメだ、このペターっとした水面の感じは釣れる気がしない。津宮に戻ろう」


11:05
オカッパリアングラーがほんの少し前に45cmクラスをキャッチしたらしい。ルアーはなんとBスイートシャローブロックだった


12:20
2日間を通して初めて水郷大橋より上流に移動。佐原のテトラのエンドにバズ、ブッシュにエスケープツインのテキサスリグを入れるがノーバイトでストップフィッシング

2日目の成績
1540g(1尾)……13位

最終成績
3580g(4尾)……10位タイ

全19選手のフットステップ一覧はこちらから
  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING