サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

清水盛三選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

北畠蘭知亜=レポート、サイト・ビー=まとめ
shimizu_main
清水選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の106ページから掲載しています。併せてご覧ください。

清水盛三選手のメインルアー
shimizu01D-ZONE3/8oz(エバーグリーンインターナショナル)
ロッド:シナジー70M+マルチローラー(エバーグリーンインターナショナル/プロトタイプ)
リール:スティーズA TW 1016H(ダイワ)
ライン:シューター・FCスナイパー12Lb(サンライン)

shimizu02バイズノイジークロー3.5in(ベイトブレス)
エリートツアラーワーム316R#2/0(がまかつ)
E.G.タングステンバレットシンカー6g(エバーグリーンインターナショナル)
シンカーストッパー(アクティブ)

shimizu03バイズクローポートリー(ベイトブレス)
+プロトタイプフック#1/0
E.G.タングステンバレットシンカー6g(エバーグリーンインターナショナル)
※シンカーストッパーなし

ロッド:シナジーCSYC-73MH+スーパートライアンフ(エバーグリーンインターナショナル)
リール:スティーズA TWクレイジークランカー(ダイワ/プロトタイプ)
ライン:シューター16Lb(サンライン)

DAY1

shimizu-day1

意気込み・プラン
「まずは1匹やね。でかいのを意識してるとはいえ、プラは厳しかった。いつもと同じことやればいいんだけど、3尾リミットを意識しすぎているかも」


■水郷大橋上流右岸
クランクベイト(ワイルドハンチ)を岸からややはなれたところに着水させ、杭などに絡めて引く。スピナーベイト(Dゾーン)、カバーにはテキサスも撃ち込む
「すごい水が引いてる(少ない)ねぇ」


6:53
■鹿島線上流右岸
テトラをクランクベイトとスピナーベイトで探る
「水が引いてるから、沖に避難しているような魚をねらう。これでダメなら浅いところをやる。プラでデカイのを見つけた黒部川に行ってもいいかも」
「腹減ってるイケイケのやつ食ってくれー」


7:12
■東関道下流
右岸側を下流に流していく。細かいエンジン移動でランガンを繰り返す
「超攻撃的スタイルでしょ?」
乱杭にテキサスを撃つ。スピナーベイトは杭と平行にタイトに引く

7:25
流木をテキサスで撃つ
「きたらゴツそうだけどね」
テキサスはシンカーストッパーあり(バイズノイジークロー)となし(バイズクローポートリー)をローテーション。カバーにしっかり落としたい場合と、シンカーを先にフォールさせてワームをゆっくり落としたい場合で使い分け

7:34
ドックでテキサスに1尾目がヒット。740g
「神様ありがとう。入れたら『コンッ』ってなったで」

shimizu_1_0732
7:38
スピナーベイトとテキサスのローテーションで下流側へひたすら探る


7:55
■小見川閘門周辺
杭周りをスピナーベイトとテキサスで探る

8:11
ドックでバイトがあるもラインブレイク
「もういやや。今シーズンずっとこんなんですわ」

8:14
他魚種がヒット
「昨日はラージが釣れたのに」


8:28
■常陸利根川
キンチャクの隙間にテキサスを撃つ
「水がない」
今回メインに考えたスポットが干上がっていた

9:26
杭をテキサスで撃つ
「思い出めぐりとかしたらいかんのやけどねー」
「この水系鬼やな!!」


10:02
■外浪逆浦北岸
沖の杭をテキサスで撃つ

10:15
南岸
「よさそうなところは人がおる。みんな場所をよー知っとるね」


11:34
■黒部川
「いよいよバックアップパターン。でも釣れんのかな」
しかし、反応はなく「釣れんね。(利根川に)戻ろうか」
閘門通過のタイミングが合わずタイムロス


13:05
■萩原閘門周辺
杭やアシにスピーディーにテキサスとスピナーベイトを通す
「何で食わんねん!」

13:36
「ネバーギブアップや。でもベリータフやで……」

1日目の成績
740g(1尾)……17位

DAY2

shimizu-day2


6:00
■東関道下流右岸
昨日バスを釣ったドック(釣り可能)へ。杭をテキサスで撃つ
「おりそうやん」


6:11
■萩原閘門対岸
テキサス、スピナーベイトでチェック


6:38
■常陸利根川
ハーツマリン対岸。へら台やアシをテキサスで丁寧に撃つが反応なし


7:04
■息栖大橋付近
アシ際や護岸の角などのここぞというスポットをザックリと撃つ。

shimizu_2_0715
その後チャター系(ジャックハンマー)で流し直し
「アタリが恋しい」
バイズノイジークローのカラーをツメだけチャートのグリパンへ
「この水系はタイミングですからね」
「ヒントをくれ。ヒントを」
「ここからジャックハンマーでイワしますよ! 1500g3本!」
「知らんでー。今から入れ食っても」


8:23
■外浪逆浦
テキサスでアシを撃ち、ジャックハンマーで護岸を流す
「アシ撃っても全然食わないね。まぁ何やっても食わないけど」
「こういう時でも釣れる場所は絶対あるんだけどね」


9:15
■小見川閘門
到着度同時に閘門が閉まってしまい、またもタイムロス
「5分の遅れが20分のタイムロスやね」


9:45
■小見川閘門利根川側
テキサスに他魚種がヒット


9:50
■東関道下流右岸
朝イチにチェックしたドック。外をチャター系、中はテキサスで撃つ
「昨日切られた奴はおらんね」

10:12
やや上流へ
「減水してる。本当は朝(水があるうちに)利根川にいなければいけなかった」
「釣れん! 厳しい!」

11:00
小見川閘門下流へ。
「あと1時間利根川下流で勝負します」
「片っ端から行くわ」
利根川本流を下流へ流す
「ラスト30分でバタバタ釣れないかな」

11:44
アシ際をテキサスとクランクで探る
「下流はあきらめた」


12:00
■東関道下流左岸
「よーし、釣るぞ!」
スピナーベイトとテキサスでチェック


12:10
■鹿島線上流右岸
クランクベイトをテトラのすき間にキャスト


12:25
■水郷大橋上流右岸
クランクベイトを信じて巻き続ける
「はっきり言ってまいりました!」

2日目の成績
0g(0尾)……18位

最終成績
740g(1尾)……18位
  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING