サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

小野俊郎選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

平野巧=レポート、サイト・ビー=まとめ
ono_main
小野選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の98ページから掲載しています。併せてご覧ください。

メインルアー
onoファイボス3.8in(ジャッカル)
ワーム144フリッピンストレート#3/0(デコイ)
JKタングステンカスタムシンカースティックDSラウンドアイ1/8oz(ジャッカル)
ロッド:ポイズングロリアス1611MH(シマノ×ジャッカル)
リール:メタニウムMGL HG(シマノ)
ライン:レッドスプール14Lb(ジャッカル)

DAY1

ono-day1


6:41
■萩原閘門
閘門通過後にファーストキャスト。ダウンショットリグ


7:20
■北浦・蔵川ワンド
ディープクランク(ショットオーバー3)で水深3mラインをねらう

7:31
シャッド(Dビルシャッド)、バイブレーションも投入

7:34
シャッドとスピナーベイトをローテーション

7:50
風が少し強まりバイブレーションの投入も増える


7:54
■蔵川ワンド
少しワンドの奥に移動。岸際の板に向かってシャッドをキャスト

8:06
「ん!? 今のなんだ? 怪しいぞ」

8:10
1尾目、500gをキャッチ
「リトリーブスピードを遅くしたから食ったのかも」

8:17
「デカい!」
シーバスだった

8:24
またシーバスがヒット


8:30
■蔵川ワンド
ワンド入口の対岸へ。フットボールジグをボトムにはわせるように操作

8:37
ディープクランクにチェンジ


8:43
■北浦西岸
少し北に移動。ヘビーキャロライナリグ(ファイボス)をキャスト

8:53
フットボールジグ、ダウンショットリグも試す


9:05
■北浦西岸
「ちょっとひらめいた。増水してるからシャロー」
スピナーベイト(イラプション)


9:18
■山田ワンド
オダをダウンショットリグでねらう
「ここで1本獲りたいなー」


9:37
■北浦東岸
シャローでシャッドを巻く

9:42
ダウンショットリグにチェンジするが「スローにしたくない」とすぐシャッドに戻す


9:50
■蔵川ワンド
先ほどのスポットに入り直してディープクランクをキャスト
「魚探の反応はいいだけに……」

バイブレーション、シャッドも試す

10:08
「違うことしよう」とチャターベイトタイプをキャスト。さらにスピナーベイト、ノーシンカーワッキーリグも試す


10:24
■潮来マリーナ
「リセットする」
マリーナの壁をネコリグでチェック


10:40
■北浦東岸
鉄杭へダウンショットリグ、リーダーレスダウンショットリグ


11:05
■鰐川西岸
アシ際へリーダーレスダウンショットリグ
「ここはプラでは入っていない。増水したから入った」
スピナーベイトも投入


11:20
■外浪逆浦
スピナーベイトで広くサーチ


11:33
■常陸利根川左岸
ネコリグでノンキーパーをキャッチ

11:44
ダウンショットリグ、リーダーレスダウンショットリグ、スピナーベイトとローテーション

12:03
鉄杭周りをダウンショットリグで撃ってノンキーパーをキャッチ
「プラではこんなのキロフィッシュを釣るより難しかったのに」


12:13
■息栖大橋下流右岸
シャッド、ネコリグ
「バスとコンタクトしないな」


12:13
■萩原閘門対岸
ネコリグでチェック


12:46
■利根川・小見川大橋下流右岸
「ここ寄るつもりじゃなかったけど」
シャッドで水門周りをチェック


12:57
■水郷大橋下流右岸
護岸へスピナーベイトをキャスト


13:06
■水郷大橋下流左岸
対岸へ移動しカバーをリーダーレスダウンショットリグでねらう


13:13
■津宮
リーダーレスダウンショットリグをアシ際から引いてくる釣り。スピナーベイトも試す


13:27
■津宮対岸
消波ブロック帯へスピナーベイト
「スピナーベイトじゃないのかな」と言いシャッドにチェンジ。スピナーベイトは岸際へ投げていたが、シャッドは消波ブロックと平行にトレース

13:38
500gをキャッチ
「やっぱシャッドだな。今のはまぐれの魚じゃないと思うんだよな」

ono_1_1336

13:55
■津宮
「あと2、3投」
シャッドでチェック

初日の成績
1240g(2尾)……15位

DAY2

ono-day2


6:16
■常陸利根川・息栖大橋上流左岸
1.3gネコリグ(ネコフリック)からキャスト開始。ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング、リーダーレスダウンショットリグ、ダウンショットリグ、スピナーベイトと素早くローテーション

6:34
ネコリグにバイト。しかしノらず

6:45
ネコリグで1尾目、500gをキャッチ

7:00
「このあとどっち行こうかな……」
霞ヶ浦か北浦かで迷っているようす


7:45
■恋瀬川
霞ヶ浦・東浦奥の恋瀬川まで大移動。アシ際に3.5gリーダーレスダウンショットリグ(ファイボス)

ono_2_0814
8:02
2尾目、500gをキャッチ
「真面目に4kgねらってきたからなぁ……」

8:08
スピナーベイト、ダウンショットリグ、リーダーレスダウンショットリグ、シャッドとローテーション

9:02
橋脚へノーシンカーワッキーリグ(ヤミー)
「この釣りに耐えられるか」

9:11
ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング、シャッド、リーダーレスダウンショットリグをローテーション


10:00
■美浦の浚渫
先行者とバッティング
「あそこいちばんよかったんだよね」
仕方なく周辺をキャロライナリグで探る

10:10
ダウンショットリグ、シャッドとローテーション
「ものすごくベイトが映る」


10:32
■大山
シャッド、ダウンショットリグでチェック


10:45
■境島
シャロー側をシャッドで、石積みをネコリグでチェック


11:11
■北利根川右岸
ネコリグ、ダウンショットリグ


11:21
■北利根川・潮来大橋上流
ダウンショットリグ


11:36
■常陸利根川
朝イチのスポットをネコリグでチェック


12:12
■利根川・津宮対岸
消波ブロック帯にシャッド、ダウンショットリグ


12:37
■水郷大橋下流右岸
「よし! 釣るぞ!」

12:39
3尾目、500gをキャッチ!

12:45
続けてノンキーパーをキャッチ

12:47
ダウンショットリグ、スピナーベイトも投入。岩など大き目のストラクチャーに対してはシャッドを通す

ストップフィッシング

2日目の成績
2080g(3尾)……11位

最終成績
3320g(5尾)……14位

  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING