サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser ALLSTAR CLASSIC 2017 限定カラーDAIWAルアー発売決定!!

台風シーズンにピッタリ! 濁りに強いブラック&オレンジ。近日受注開始!

サイト・ビー=写真・文
daiwalure
Basser Allstar Classic 2017の開催を記念してオリジナルカラーのダイワルアーが登場!
釣り人道具店にて数量限定で受注中!



メガピーナッツ(1個)&ネコストレート5.8in(1パック)のセット販売となります。

カラーはそれぞれの組み合わせが可能です。
ご注文ページ下部の[オプションを選択してください]のメニューから、お好きな組み合わせを選んでご注文ください。
・メガピー黒×ネコスト黒
・メガピー黒×ネコストオレンジ
・メガピーオレンジ×ネコスト黒
・メガピーオレンジ×ネコストオレンジ

メガピーナッツ

dsc_0204上/バサクラブラック、下/バサクラオレンジ


ダイワの名作クランクベイト・ピーナッツ。
メガピーナッツはボディー長約100㎜、ウエイトは約51gもある巨大版です。
SSR(スーパーシャローランナー)タイプで、リトリーブするとロールが強めに入ったウォブリングで引き波を立てて泳ぎます。
また、音によるアピールも強烈。コトコト系とジャラジャラ系のラトルが内蔵され、まるでマラカスのようなサウンドを奏でながらアクションします。

カラーラインナップは“バサクラオレンジ”と“バサクラブラック”の2種類。それぞれBasser Allstar Classic 2017のロゴがボディーサイドに入ります。

“バサクラオレンジ”は背中に濃いブラウン、お腹が明るいオレンジ。ロール時のカラーの明滅でバスを誘います。
“バサクラブラック”は名前のとおりブラック1色。空の色が背景になる水面ではシルエットが際立ち存在感が強調されます。

dsc_0206上から

dsc_0208下から

このアピール力を生かして、ローライトコンディション時や濁りが入ったときなどにぜひキャストしてください。

スペック(編集部実測値)
ボディー長:約100㎜(アイは除く)
ウエイト:約51g
適合フックサイズ:#1/0(フックは付属しません)


ネコストレート5.8in

nekostraightaa dsc_0212 上/バサクラオレンジ、下/バサクラブラック

2008年、2009年、2010年とオールスター3連覇を成し遂げた赤羽修弥さんが監修したネコリグ用ストレートワームです。

こちらもカラーラインナップは2種類を用意。

赤羽修弥さんによるインプレッション
バサクラブラック
black
「ブラックのボディーにコパーのラメが入ったカラー。ブラックはシルエットがはっきり出るから、比較的目立ちやすいアピール力があるカラーなんだ。水がいつもよりちょっと濁ったときに有効だね」

バサクラオレンジ
orange
「ブラックとオレンジとのツートンカラー。オレンジもアピール系のカラーなんだけど、シルエットが際立つブラックに対してこちらは輪郭がぼやけやすい。質の違う存在感のカラーがひとつになっているのがツートンカラーの魅力だよね。僕だったら雨のあと濁り水がどんどん流れ込んでくるインレットとかで使いたいな」

「5.8inは利根川水系のほかリザーバーや野池まで、日本全国どこでもバイトを引き出しやすいスタンダードなサイズ」と赤羽さん。
ネコリグワームとしての赤羽さんのこだわりのひとつはリブとテール。この形状が水と受けることでスイミングさせたときにバイブレーションを起こします。

dsc_0213ネコリグだけでなくジグヘッドワッキーリグにも対応。その場合はボディー中心部付近の太めのリブにフックを刺すとワームが千切れにくい

また、ネイルシンカー挿入用のホールが頭側に設けられているのもこのワームの特徴です。シンカーをまっすぐさせるため、ボトムまできれいな姿勢でフォールさせることができます。

dsc_0214ワームの先端にあらかじめ空けられているシンカーホール

nekop01 nekop02 スペック
ボディー長:5.8in
適合フックサイズ:ガード付きマスバリタイプ#2、スナッグレスタイプ(N・S・Sフックなど)#2/0
適合シンカー:1.3~2.2g


douguten1200-400pxout

2017/9/4

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING