サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

小森嗣彦選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

木内武雄=レポート、サイト・ビー=まとめ
komori_main
小森選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の90ページから掲載しています。また、110ページからの連載「小森ノート」では小森選手自身がこの試合を振り返っています。併せてご覧ください。

メインルアー
komori013inファットヤマセンコー(ゲーリーインターナショナル)
インフィニ#1(リューギ)

komori025inカリフォルニアロール(ゲーリーインターナショナル)
N・S・Sフックパーフェクション#1/0(フィナ)
ミサイルシンカー1/11oz(アクティブ)

※ノーシンカー、ネコリグ共通
ロッド:ファンタジスタ・スチュディオスFSNC-65M MGSビヘイビア(アブ・ガルシア)
リール:レボLTX-BF8 ZPI”チューン(アブ・ガルシア)
ライン:G7トーナメントジーンフロロカーボン12Lb(G7)

DAY1

komori_day1a
komori_day1b
komori_day1c

スタート前
「霞ヶ浦・西浦まで40分くらい走る。途中寄り道するかも」
3尾リミットで勝つためのやることは決まっていながらも水位や風の状況で少し迷いがあるようす

6:48
萩原閘門着。待ち時間にスピナーベイト、ネコリグ(カリフォルニアロール)をキャスト


7:21
■霞ヶ浦・境島
並木敏成選手とバッティング
「増水してるんでアシをねらいます」
アシ際を4gテキサスリグ(モコリークロー)で、護岸をスピナーベイトで探る

7:39
小移動しヘラ台跡の木杭をネコリグ(カリフォルニアロール)で撃つ


7:44
■妙岐水道入口
アシ際にスピナーベイト、鉄杭にネコリグ、テキサスリグ
「バスが増水についてきていない?」


7:54
■西の洲
シャローの木杭や石積みをダウンショットリグ(レッグワーム)、スピナーベイトで探る。水門から延びるシートパイルを5gラバージグ(前日にラバーを巻いたもの)でチェック

「最終目的地は花室川。水温が上がってきたらスピナーベイト。出ればデカいはず」


8:26
■一ノ瀬川河口周辺
沖の杭にダウンショットリグ


8:31
■牛渡
有河ドックの壁や消波ブロック帯をダウンショットリグで探る


8:50
■崎浜
石積みや木杭をダウンショットリグ、スピナーベイト、ラバージグ、クランクベイトで探る。あまりの反応のなさに「釣れないつもりかな(笑)?」


9:26
■沖宿
石積みをスピナーベイト、ダウンショットリグ、ネコリグでチェック
「2~3本撃ってないなと思ったら花室行きます」


9:55
■花室川
河口周辺の消波ブロック帯にテキサスリグ、ラバージグ。川に入ってネコリグ、クランクベイト。一般アングラーと会話。800gクラスを1尾釣ったとのこと

両岸の目ぼしいスポットを撃っていくがバイトがないまま4本目の橋の上流まで辿り着き折り返す

10:58
3本目の橋の上流側から再開するが「もういいよ~! 釣れない! ど~にもできない。釣れない。ヒントもないもん! 日ごろの行ないが悪いのかな? ……悪くないけど……」
※少し精神崩壊気味

学校から聞こえてくる部活動の「お願いします!」の声に反応して「お願いします! 釣れてください(笑)」

11:30
花室川河口の消波ブロック帯にネコリグ、スピナーベイト


11:38
■大岩田
石積みにスピナーベイト、ネコリグ、クランクベイト


12:00
■小高干拓
沖目の杭にダウンショットリグ


12:33
■常陸利根川・息栖大橋上流側
鉄のヘラ台跡をラン&ガン

12:38
本日初バイトあり。アシ際ではバスのボイルが起きる


12:48
■小見川閘門
「もう賭けっすよ、ここからは!」


13:03
■利根川・小見川大橋周辺
閘門を出て上流茨城県側のワンド。テキサスリグでいちばん奥までチェック

13:10
少し上流の同様のワンド。入口の杭をダウンショットリグ、アシ際をテキサスリグでチェック


13:29
■東関道上流側
茨城県側のアシ際をテキサスリグで撃つ


13:39
■鹿島線鉄橋上流
茨城県側のアシ際をテキサスリグで撃つ
「そろそろ帰らないと……」


13:43
■会場対岸
杭でバイト! 1尾目、600gをキャッチ!
ノーシンカーリグ(3inファットヤマセンコー)。直後にノンキーパーもキャッチ

komori_1_1359
13:50
少し上流側の杭で2尾目、800gをキャッチ!
再度1尾目をキャッチした杭へ戻るが時間切れ

13:59
帰着
「諦めないでよかった~! 何とかウエイインできる! 明日も頑張りましょう!」

初日の成績
1660g(2尾)……11位

DAY2

komori_day2
komori_day2a
komori_day2b


6:20
■鰐川
杭にダウンショットリグ、アシ際にポッパー、テキサスリグ(パワーホッグ)。リアクションバイト重視のモコリークローに対して、パワーホッグは見せて食わせることを重視したチョイス


6:39
■鰐川
対岸へ移動。鉄杭にノーシンカーリグ(3inファットヤマセンコー)、アシ際にテキサスリグ(パワーホッグ)


6:47
■鰐川・神宮橋周辺
鳥居のあるドックの壁をノーシンカーリグでチェック


6:54
■北浦・延方
杭をダウンショットリグで、水門や石積みの側面をネコリグで探る


7:07
■堀割川河口
ブッシュをネコリグ、鉄杭をノーシンカーリグとダウンショットリグで探る


7:16
■鰐川右岸(堀割川河口対岸)
アシを2.7gテキサスリグ(パワーホッグ)で撃つ


7:29
■外浪逆浦・与田浦入口
テキサスリグでチェック


7:47
■常陸利根川
鉄のヘラ台をダウンショットリグで撃つ

7:47
少し下流のヘラ台をダウンショットリグ、ノーシンカーリグ、ネコリグで探る

7:50
ノーシンカーリグにバイト
「ノらなかった」

アシ際をポッパー、ノーシンカーリグ、テキサスリグでねらう

8:10
小見川閘門前水路のアシ際をテキサスリグでチェック


8:32
■利根川最下流域右岸
アシ際をテキサスリグ(モコリークロー)、杭をダウンショットリグでチェック


8:55
■小見川大橋下流
「ここからさわらの会場までエレキで釣り上がる感じで行きますよ! 絶対釣れます! 絶対釣ります!」


9:11
■小見川大橋上流
船溜まりの壁をノーシンカーリグで撃つ


9:19
■小見川大橋上流
杭をノーシンカーリグ、ダウンショットリグでチェック

9:33
ノーシンカーリグでノンキーパーをキャッチ


9:43
■津宮
鉄杭をノーシンカーリグでチェックするが「流れちゃってる。ノーシンカーではダメだ」とネコリグにチェンジ


9:54
■会場対岸
杭や消波ブロックにノーシンカーリグを撃つ


10:17
■横利根川入口周辺
杭をノーシンカーリグでチェック


10:35
■水郷大橋上流側
杭にネコリグ、ダウンショットリグを撃つ

10:43
ブッシュから1尾目、500gをキャッチ。ネコリグ(カリフォルニアロール)
「長かった~!」


10:55
■神崎手前
千葉県側の杭をノーシンカーリグでチェック

11:08
ネコリグ(カリフォルニアロール)で2尾目、400gをキャッチ!
「少し諦めかけてた……。諦めねーぞー!!」


11:25
■圏央道上流
杭や消波ブロックをネコリグで探る

11:29
3尾目、650gをキャッチ!
「揃った!」


11:44
■尾羽根川水門沖
ハードボトムをクランクベイトで探る


11:49
■根木名川水門上流側
杭をネコリグでチェック


12:05
■水郷大橋上流千葉県側
沈みブッシュをチェック


12:10
■横利根川入口付近
杭をネコリグでチェック


12:15
■会場対岸
杭をネコリグでチェック


12:20
■津宮
消波ブロックをダウンショットリグでねらう

12:30
450gをキャッチ! 入れ替えに成功!

komori_2_1235

12:51
■会場対岸
アシの手前の杭をネコリグ、クランクベイトで探る

12:55
ストップフィッシング
「3尾リミットに翻弄されて、ねらいすぎて見失ったけど……。なんとか再構築できた。あと数投で3㎏アップがでれば話は変わりますが(笑)」

2日目の成績
1920 g(3尾)……12位

最終成績
3580 g(5尾)……10位タイ

  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING