サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

菊元俊文選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

吉岡宗司=レポート、サイト・ビー=まとめ
kikumoto_main
菊元選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の104ページから掲載しています。併せてご覧ください。

メインルアー
kikumoto01ダブルモーション4.2in(エバーグリーンインターナショナル)
※シンカーはいずれもE.G.タングステンバレットシンカー3.5~10g

※シンカーストッパーなし
ロッド:ヘラクレスHCSC-75Hエアリーフリップ
リール:スティーズSV TW 1016SV-SHNRCスプール(ダイワ/ZPI)
ライン:マジックハードR 20Lb

※シンカーストッパーあり
ロッド:ヘラクレスHCSC-69H-LTS ヘラクレスLTS
リール:Z-PRIDE(シマノ/ZPI)
ライン:マジックハードR 16Lb

kikumoto02 ●カバー攻略用コンパクトジグ3.5g
アントライオン3.3in(ともにエバーグリーンインターナショナル/プロトタイプ)
ロッド:ヘラクレスHCSC-66M-LTS フォースグランディスLTS
リール:Z-PRIDE(シマノ/ZPI)
ライン:マジックハードR 14Lb
※ロッド、ラインはすべてエバーグリーンインターナショナル製

DAY1

kikumoto-day1


7:20
■北利根川
3.5gテキサスリグ(ダブルモーション)でカバー撃つ
3/8ozフットボール(TGブロー+ダブルモーション)でハードボトムをチェック
ジェットスキーの引き波が激しくエリアが荒れてしまう


7:55
■古渡
スピナーベイト(Dゾーン3/8oz)でキンチャクを、テキサスで杭を撃つ
「角(おいしいところ)で食えよ!」
矢板のインサイドのハス畑を5gテキサスで撃つ
「生命感がない。ベイトがいない」

8:25
バイト。ワームを持っていかれる。ここで使っているテキサスは主にシンカーフリーテキサス。ワームは同じダブルモーションで、シンカーストッパーのあるものとないものを使い分けていた。ハス畑はシンカーフリー、ブッシュなどのねじ込む必要があるカバーはストッパーあり


■小野川河口
ブッシュにテキサスリグをスキッピングで入れていく
「雨が降って濁りがあるな。でもいれば食うと思うんやけど」


9:55
■霞ヶ浦大橋東詰め
テキサスでレイダウンを撃つ
「ベイトはたくさんいる。バスはシャローに入ってないのか? 晴れたり曇ったりだからカバーにいるのか出て行っているのかわからない」


11:00
■玉造
キンチャクをスピナーベイトでチェック


11:30
■天王崎
ウッドカバーにスキッピングで送り込んだコンパクトラバージグ(プロトタイプ)に1300gがヒット!

kikumoto_1_1128
11:35
2尾目をキャッチするがノンキー。直後にキャットフィッシュもキャッチ


12:30
■北利根川・東関道上流
プロトタイプのコンパクトジグでチェック


12:45
■小見川閘門下流
ネコリグでワンキャスト目にバイトあり


13:20
■利根川最下流左岸
ブレイクが隣接したシャローをスピナーベイトで流す
「水位が少ないし。流れもない。水も汚い」


13:50
■会場下流
テトラをテキサスで撃つ

1日目の成績
1300g(1尾)……14位

DAY2

kikumoto-day2


6:10
■萩原閘門
第一組で通過


6:50
■天王崎
コンパクトラバージグでアシを撃つ。スピナーベイトとローテーション
「水温下がったねぇ」


7:20
■東浦
スピナーベイトとテキサスのローテーションで探る
スポットに入る前には手を合わせてお祈りする

7:30
ファーストバイト。フッキングするもバレる。食ってきたのはシェードの濃いウッドカバーの根元
「条件のいいカバーなら2、3匹いることもある」

7:45
ウッドカバーでライギョがヒット
「何らかの生体がいるのは喜ばしいこと」


8:12
■梶無川
テキサスリグでチェック


8:25
■霞ヶ浦大橋東詰め下流
テキサスでウッドカバーを撃つ


8:50
■玉造
ドック横のカバーをテキサスとノーシンカー(プロトタイプワーム)で撃つ


9:15
やや下流へ移動。石積みのアウトサイドをコンパクトラバージグで撃つ
インサイドのカバーにはテキサスを入れる
「エビがピチピチ逃げるっていうのがないなぁ。ベイトもいないしね」


■天王崎
石積みのインサイドでテキサスにバイト! 640gをキャッチ

kikumoto_2_0927
「余所見バイトでしたわ」
「風が吹いてきていい感じ」
「フローティングカバーの下にいるやつはすぐ食べるんだけど……」


10:50
■東浦
朝バラしたスポットに入りなおす。テキサスリグで撃ち直し
「抜いてないからまだいるはず」


11:30
■天王崎 
テキサスを撃つ


■萩原閘門


■横利根川河口
利根川本流とのインターセクションにあるウッドカバーをテキサスで撃つ
アタリがありアワせるも、カバーに巻かれてバレる。その直後にもバラシ

2日目の成績
640g(1尾)……16位

最終成績
1940g(2尾)……17位

  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING