サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

河辺裕和選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

武正隆=レポート、サイト・ビー=まとめ
kawabe_main
河辺選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の100ページから掲載しています。併せてご覧ください。

メインルアー
06モコリークロー
スゴイフック#1/0
スゴイシンカー4g(すべてゲーリーインターナショナル)
ロッド:NewファンタジスタYABAI FNC-69MH(アブ・ガルシア)
リール:レボLTX BF8/K.T.F.チューン(アブ・ガルシア/K.T.F.)
ライン:ガノアアブソルート 16Lb(モーリス)

kawabe01キャリラバ1/2oz(ティムコ)
6inダブルテールグラブ(ゲーリーインターナショナル)
ロッド:NewファンタジスタYABAI FNC-69MH(アブ・ガルシア)
リール:レボLTX BF8/K.T.F.チューン(アブ・ガルシア/K.T.F.)
ライン:ガノアアブソルート 14Lb(モーリス)

kawabe075inカットテールワーム(ゲーリーインターナショナル)
N.S.Sフックパーフェクション#3/0(FINA)
+2.8gネイルシンカー
+プロトタイプのワームプロテクトチューブ(G7)
ロッド:NewファンタジスタYABAI 635M(アブ・ガルシア/プロトタイプ)
リール:レボLTX BF8/K.T.F.チューン(アブ・ガルシア/K.T.F.)
ライン:ガノアアブソルート 10Lb(モーリス)

DAY1

kawabe-day1

「プラからあまり釣れてない。どこ行こうかなぁ。とりあえず閘門はくぐります(霞方面へ行く)」


7:30
■古渡
ファーストエリアは古渡の浚渫。フットボール(キャリラバ1/2oz+6inダブルテールグラブ)で探る。ショートキャストで細かく刻んでいく

kawabe_1_0730
7:53
同エリアのシャローもチェック。ルアーはフットボールのまま杭を撃つ

7:55
テキサスリグ(モコリークロー)にチェンジしてブッシュを撃つ


8:12
■大山
石積みを撃つ。続いて矢板をスピナーベイトでチェック
「釣れるときは簡単に釣れるんだけどなぁ。プラのときはいいのがいたんだよね」


8:38
浚渫をフットボールジグで探る。シャローもフットボールでチェック


9:07
■美浦方面へ
フットボールで竹杭を撃ち、ブッシュはテキサスリグでチェック。単調なバンクはスイムベイト(ハートテイル)で流す


浚渫とシャローをフットボールでチェック


9:30
■古渡
朝イチのエリア。浚渫、シャローをフットボールでチェック


10:02
■西ノ洲
「何か釣れてくれ~」

10:14
石積みでジグヘッドにバイト
「絶対バスでしょ~。食いが浅い」


10:30
■境島
沖の杭をテキサスリグで撃つ
「カモン! 落ちパク!」


10:49
■牛堀
ポッパーを試す
「出そうな気もするんだけどね」
どこに向かうか悩んでいる様子
「3本揃えるだけなら北浦って手もあるけど……」


11:10
■外浪逆浦
南岸。沖の石積みをジグヘッドで流す


11:25
■常陸利根川
テキサスリグにバイト。しかし乗らず
「魚のサイズが小さい。あのサイズが悪さしてんのかな」

11:33
モコリークローの4gテキサスで待望のファーストフィッシュ。アシ撃ち
「なんか食ってるかな? って感じだった。走ったりしない」
その後もアシ撃ちを続けるがバイトはない
「続かないね。朝イチからやっとけばよかったかな」


12:05
■常陸利根川下流
引き続きアシ撃ち
「(常陸利根川の)一番下流まで行こう」


12:17
最下流右岸のアシをテキサスで撃つとバイト。しかし水面直下でフックアウト
「食いが浅いな。悪いサイズじゃなかった」


12:45
■萩原閘門常陸利根川側
ショートバイト
「まただよ~」

12:53
テキサスリグで2尾目をキャッチするも、惜しくもノンキー


13:19
■萩原閘門利根川側対岸
フットボールジグで2尾のキーパーをキャッチ


13:51
■水郷大橋下流右岸
テトラの沖側をフットボールでチェック

1日目の成績
1100g(2尾)……16位

DAY2

kawabe-day2

「今日は利根川からやる。汚れるから閘門はくぐらない(笑)」


6:12 
■若草大橋上流
左岸を流す
「誰もいなくて気持ち良いね。結構流れてるな」
ノーシンカー(4inヤマセンコーのピンク)でブッシュを撃っていく
「今日ここは朝しか出来ないだろうね。これから水位が下がるから」
5inヤマセンコーも織り交ぜながらブッシュを撃つ。上流へ流していくが、浅すぎてたまにボトムにスタックする


7:15
対岸へ。ノーシンカーとテキサスでブッシュを撃ちながら上流へ流す

7:45
「ガン流れすぎ! 全然釣れる気がしないんですけど」
「ボラの稚魚がこんなに沖にいるの? 水位が低すぎるな」


8:10
上流へ移動


8:38
下流へ折り返し、クランクベイトで流していく


8:46
テキサスでファーストフィッシュをキャッチ。ねらったのはテトラ
「うわ、ちっちぇ」


8:54
■若草大橋下流
左岸をフットボールで流す


9:03
北総マリンスロープ周辺でブッシュにバスらしき姿を発見
「あれバスか?」
折り返してノーシンカーをキャストするとヒット。しかしノンキー
「見えてたバスはもっと大きかったのに」


9:13
■三連水門付近
水門周辺の杭やテトラをノーシンカーで撃つ

9:20
沖のテトラでネコリグ(5inカットテールワーム)にバイトあり


9:27
■長豊橋下流左岸
沖の沈みテトラをネコリグで撃っていく


9:37
■神崎大橋下流左岸
ブッシュと杭をノーシンカーで撃ちながら下流方向へ流す


9:55
■大須賀川
オカッパリアングラーに声をかけ、大須賀川の中へ
「水路探検に行こう」

10:15
テキサスで2尾目をキャッチ
「カバーに着いてたやつが追ってきて食ってきた感じ。ラインが走ってた」

kawabe_2_1015

11:15
■水郷大橋上流
本流へ出て、右岸を上流方向へ。テトラをネコリグで探ると、リミットメイクとなる3尾目をキャッチ
カバーの外側や竹杭を撃ちながら流す
「ボートの引き波による濁りが気になる」


12:42
■東関道下流
ノーシンカーにヒットするがフックアウト
「あ~入れ替えサイズだったのに」

2日目の成績
1500g(3尾)……14位

最終成績
2600g(5尾)……15位

全19選手のフットステップ一覧はこちらから
  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING