サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

香取潤一選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

増田英陽=レポート、サイト・ビー=まとめ
katori_main
香取選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の102ページから掲載しています。併せてご覧ください。

メインルアー
katori01フラチャット10g
+フラバグ
(ともにノリーズ)
ロッド:ロードランナーVOICE HB680L(ノリーズ)
リール:アンタレスAR(シマノ) 
ライン:シーガーR18 フロロリミテッド 14Lb(クレハ)

katori02ディーパーレンジ3/8oz(ノリーズ)
ロッド:ロードランナーVOICE HB630L(ノリーズ)
リール:カルカッタコンクエスト100DC(シマノ)
ライン:シーガーR18バス14Lb(クレハ)

katori03ヒラクランクギル110F(ノリーズ)
ロッド:ロードランナーVOICE LTT620PMH(ノリーズ)
リール:メタニウムDC(シマノ)
ライン:シューター・デファイアーアルミーロ22Lb(サンライン)

DAY1

katori-day1

「緊張する……。とりあえず閘門目指します!」


6:50
■萩原閘門周辺
萩原閘門に入れなかったので、その周辺から釣り開始。5gチェリーリグ(エスケープツイン)でアシを撃つ


7:47
■麻生
石積みをチェリーリグ、チャター系(フラッチャット10g)、スピナーベイト(ディーパーレンジ3/8oz)でチェックする

7:59
チャター系で1尾目キャッチ。推定500g

katori_1_0757
8:30
同エリアのアシ際をスピナーベイトで流す

8:56
スピナーベイトで2尾目キャッチ。推定600g
「うーん、釣りたいのはこのサイズじゃない」
「意外と石積みとアシの中間ででかいのが食ったりするんです。一見何もないけど、こぼれた石とかが入ってるんだと思う」
このエリアを往復して丁寧に探る


9:32
■境島
石積みのインサイドをチェリーリグ、チャター系、スピナーベイトでチェックするがひと流しで見切る
「増水してるから浅いところもやったけど、一番いいところで食わない。あまり増水の影響ないのかも?」


10:30
■霞ヶ浦大橋西詰め
オダをチェリーリグ、岸際をチャターでチェック


10:49
■小津
石積みや杭周りをチェリーリグで丁寧に探る
「マジかぁ、あたらねぇ。ここは一匹でいいんだよ」(プラでは釣れていたらしい)

11:00
風が止む
「風がないと釣れないので移動します」

11:17
■玉造
石積みをチャター系とチェリーリグでチェック

11:24
チェリーリグにバイトあり
「サイズが小さいのか?」

11:29
チャター系でキャットフィッシュキャッチ
「一等地でキャットが食った」


■北利根川・東関道上流
チェリーリグでテトラの穴撃ち
「頼みます! ブラックバスさん!」


12:19
■外浪逆浦
アシ際をチャター系とスピナーベイトのローテーションで探る


13:10
■水郷大橋上流
アシ際をスピナーベイトで手早くチェック
「一日が早すぎる」


13:27
■神前大橋下流
テトラをチェリーリグで撃つ
「一番やりたいところにコイ釣りファンがいる」


13:35
■圏央道
右岸をチャター系で流す
「巧(伊藤選手)が戻ってきてる。そろそろ戻らないと」

1日目の成績
1640g(2尾)……12位

 

DAY2

katori-day2

意気込み・プラン
「霞いきます!」
2日目はファーストフライトで1回目の閘門通過ができる


6:29
■境島
石積みと杭をチャター系とチェリーリグでチェック
「杭や石積みに浮き草などのカバーが絡むと最高」
「水温下がってるな」
チェイスあり
「大きくないけど追っかけてきてた」


7:21
■天王崎
石積みをチャター系でチェック

7:41
チャター系にチェイスあり
「マジか。また追ってきた! 食ってよ!」

7:46
1尾目・900gをキャッチ。ルアーはチャター系
「食うところ見えた。ロープをプルンって越えた瞬間にリアクションで食った」

katori_2_0745

8:24
■麻生
石積みをチャター系でチェック 
「昨日より水がいいな」

8:44
やや上流(玉造方面)に移動。アシ、ウッドカバーなどをチェリーリグで撃つ

9:02
スピナーベイトやスイムベイト(スイングインパクト)も投入


9:41
下流方向へ移動。石積みをチャター系でチェック
「ワカサギが追われている。沖のテトラやってみようかな」


10:20
さらに下流の牛堀方面へ移動。沖のテトラをチャター系とチェリーリグでチェック


11:30
■外浪逆浦
常陸利根川と外浪逆浦の合流部。沈みテトラをチャター系で流す


12:00
■鹿島線下流
利根川へ出る。水が悪く移動


12:14
■東関道
右岸をギル系ルアー(ヒラクランクギル110Fのアユギルカラー)でチェック
「霞ヶ浦で使うギル系ルアーは腹が白っぽいカラーが効く」

12:46
チャター系にバイト。ルアーに歯型が残る
「うわー。バイトだよ~。くそ~」

2日目の成績
900g(1尾)……15位

最終成績
2540g(3尾)……16位

  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING