サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic 30年の歴史を紹介!

第1回~第30回までの歴史をBasserの表紙で振り返ります

サイト・ビー=まとめ

 今年の開催で31回目を迎えるBasser Allstar Classic。1987年に開催された第1回大会から昨年の第30回大会までの歴史を振り返ります!

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC

※各大会名をクリック/タップすると詳細記事へジャンプします

1987年・第1回大会・芦ノ湖
優勝:田辺哲男
b-1987-09-10-11-01-L allstar01b-1 シャローにねらいを絞った釣りで田辺哲男選手(右)が優勝。沢村幸弘選手(左)の猛追を振り切った。掲載は1987年秋号


1988年・第2回大会・河口湖
優勝:沢村幸弘
b-1988-12-01-02-01-L河口湖開催の第2回大会を制したのは、当時28歳の沢村幸弘選手。掲載は1988年冬号


1989年・第3回大会・河口湖
優勝:佐々木保信
b-1989-12-01-02-01-L第3回大会は夏の河口湖が舞台。佐々木保信選手が田辺哲男選手との接戦を制す。掲載は1989年冬号


1990年・第4回大会・河口湖
優勝:田辺哲男
allstar4-05河口湖開催の第4回大会。田辺哲男選手がミニチューブのジグヘッドリグを駆使して優勝。掲載は1990年冬号


1991年・第5回大会・琵琶湖
優勝:今江克隆
allstar4-05 琵琶湖開催の第5回大会。ラバージグとヘビキャロで初日トップに立った今江克隆選手が勝利! 掲載は1992年1月号


1992年・第6回大会・琵琶湖
優勝:今江克隆
allstar6-01_0001a ロクマルを持ち帰った今江克隆選手が2連覇! 1日目、2日目とも7kg超(リミット7尾)をマークし他選手を圧倒。掲載は1993年1月号


1993年・第7回大会・八郎潟
優勝:藤木淳
b-1993-11-01-L 第7回大会の舞台は八郎潟。スーパーヘビーカバーをねらった藤木淳選手が優勝。掲載は1993年11月号


1994年・第8回大会・霞ヶ浦
優勝:本山博之
allstar6-01_0006a霞ヶ浦を舞台に開催された第8回大会。風を味方につけた本山博之選手が優勝。掲載は1995年1月号


1995年・第9回大会・霞ヶ浦
優勝:河辺裕和
allstar6-01浚渫跡のブレイク攻略で河辺裕和選手が頂点に立った第9回大会。掲載は1996年3月号


1996年・第10回大会・霞ヶ浦
優勝:林圭一
allstar6-01 10年目のオールスターを制したのはフリップ&ピッチをメインにクオリティーフィッシュのみにねらいを定めた林圭一選手。掲載は1997年1月号


1997年・第11回大会・霞ヶ浦
優勝:田辺哲男
allstar6-01_0005田辺哲男選手が3度目の勝利を飾った第11回大会。メインパターンはクリスタルSのスローロール。掲載は1998年2月号


1998年・第12回大会・霞ヶ浦
優勝:吉田幸二
allstar6-01_0002 第12回大会は吉田幸二選手が優勝。ウイニングパターンはクランキング! 掲載は1999年2月号


1999年・第13回大会・霞ヶ浦
優勝:河辺裕和
allstar6-01_0009 河辺裕和選手のフットボールジグが再び火を噴いた第13回大会。掲載は2000年2月号


2000年・第14回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:吉田秀雄
allstar6-01_0005 優勝した吉田秀雄選手のメインパターンはラバージグの中層スイミング。掲載は2001年2月号


2001年・第15回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:本山博之
allstar6-01 天候の変化に柔軟に対応した本山博之選手が第15回大会の王者に。掲載は2001年12月号


2002年・第16回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:本山博之
allstar6-01_0005 「霞ヶ浦の帝王」本山博之選手が2連覇・3度目の優勝を飾った第16回大会。掲載は2003年2月号


2003年・第17回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:深江真一
allstar6-01 抜かりのないクランキングを展開した深江真一選手が優勝した第17回大会。掲載は2004年1月号


2004年・第18回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:小野俊郎
allstar6-01_0005 第18回大会の覇者は、恋瀬川のワンスポットからビッグウエイトを引き出し10尾11㎏超をウエイインした小野俊郎選手。掲載は2005年2月号


2005年・第19回大会・霞ヶ浦・北浦
優勝:宮崎友輔
allstar6-018月開催の第19回大会。B.A.S.S.ツアープロの宮崎友輔選手がラン&ガン戦略で初優勝。掲載は2005年11月号


2006年・第20回大会・霞ヶ浦・北浦
優勝:河辺裕和
200601カワベブレイクが三度河辺裕和選手を優勝に導いた第20回大会。掲載は2007年2月号


2007年・第21回大会・霞ヶ浦・北浦
優勝:橋本卓哉
200701 ヘビーダウンショットリグをメインで使用した橋本卓哉選手が初出場初優勝! 掲載は2008年1月号


2008年・第22回大会・霞ヶ浦・北浦
優勝:赤羽修弥
200801 テキサスリグのカバー撃ちで6㎏超をウエイインした赤羽修弥選手が初優勝。掲載は2009年1月号


2009年・第23回大会・霞ヶ浦・北浦
優勝:赤羽修弥
200901桜川の沈み物をネコリグで丁寧に探り、2日間安定した釣果を積み上げた赤羽修弥選手が2連覇を達成。掲載は2010年1月号


2010年・第24回大会・霞ヶ浦・北浦
優勝:赤羽修弥
201001前年同様ネコリグを駆使した赤羽修弥選手が前人未到の3連覇! 掲載は2011年1月号


2011年・第25回大会・利根川
優勝:吉田秀雄
201101シャッドの中層ただ巻きとヘビダンの消波ブロック帯攻略で吉田秀雄選手が勝利。掲載は2012年2月号


2012年・第26回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:小森嗣彦
201201第26回大会優勝はタフな状況をダウンショットリグで制した小森嗣彦選手。掲載は2013年1月号


2013年・第27回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:小野俊郎
201301 オールスター史上、稀にみる激戦となった第27回大会を制したのは小野俊郎選手。掲載は2014年2月号


2014年・第28回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:青木大介
201401 青木大介選手が男泣きで勝利をかみしめた第28回大会。掲載は2015年1月号


2015年・第29回大会・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:青木大介
201501 2570gのキッカーが決め手に。青木大介選手がぶっちぎりで2連覇。掲載は2016年1月号


2016年・第30回・利根川水系(霞ヶ浦・北浦を含む)
優勝:北大祐
201501 北大祐選手がクランク&スピナーベイトで10㎏越えを果たし第30回記念大会を制す! 掲載は2017年1月号

 果たして今年は誰が優勝をつかむのか? 会場で、siteBで、Basserの誌面で熱戦の行方にご注目ください!

◆関連記事
「プロセスを明かさなければスポーツになり得ない」。この理念ありきで始動したBasser Allstar Classic

林圭一と沢村幸弘と三浦修。当時20代の青年たちが掲げたバスフィッシングトーナメントの理念













2017/9/28

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING