サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

福島健選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

加藤雅也=レポート、サイト・ビー=まとめ
fukushima_main
福島選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の66ページから掲載しています。併せてご覧ください。

◆siteBには表彰式インタビューの模様も掲載中!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2017fukushimaitointerview


メインルアー
fukushima02フラップクロー(エバーグリーンインターナショナル)
ワーム321バルキースタイル#3/0(がまかつ)
ドロップショットスリム3.5g、5.2g(ノイケ)
オープンスイベル(デコイ)
ロッド:ファクトHFAC-70HST(エバーグリーンインターナショナル)
リール:スティーズSV TW1012SV-XH/ZPIチューン(ダイワ)
ライン:バスザイルマジックハードR14Lb(エバーグリーンインターナショナル)

fukushima01スレンダーグラブのテールをカット(ゲーリーインターナショナル)
ワーム329ハンガーHD KGウイードレス#2(がまかつ)
ロッド:ファクトHFAC-511MHST(エバーグリーンインターナショナル)
リール:レボLTX/ZPIチューン(アブガルシア)
ライン:バスザイルマジックハードR10Lb(エバーグリーンインターナショナル)

DAY1

fukushima-day1

意気込み・プラン
インスピレーションを大切にした釣りをしたい。そういう釣りができたときは結果が出ることが多い

6:30
第1フライト。小見川閘門に直行し通過。一気に北浦へ


7:23
■潮来マリーナ
桟橋についているフィーディングを意識したバスをノーシンカーワッキー(スレンダーグラブのテールカット)でねらう

7:30
釣りを開始してからわずか数分、ファーストフィッシュをキャッチ。推定600g


7:35
■蔵川ワンド
沖の乱杭をノーシンカーワッキーで撃つ。反応なし


■鹿行大橋下流
水深3mの杭をノーシンカーワッキーで撃つ。風の当たるようなところをねらう


対岸へ。ノーシンカーワッキーでひたすら杭を撃っていく。フォールのなかに鋭いロッドワークでエビを意識したアクションを入れる


■潮来マリーナ下流の石積み
ノーシンカーワッキーで石積みを撃つ。キャットフィッシュがバイト


9:10
■北浦大橋上流左岸
ねらいを杭からブッシュに切り替える。それに伴いルアーを3.5gのリーダーレスダウンショット(フラップクロー)に変更。冠水ブッシュに対してスキッピングを交えながら正確なプレゼンテーションを繰返す。リズムは一定で微塵の乱れもない。これぞ福島スタイルの真骨頂だ!

9:22
北浦をあとにする


9:35
■外浪逆浦
北岸の風の当たるアシをひたすらリーダーレスダウンショットで撃つ


10:05
東岸の冠水ブッシュエリアへ。リグは同じくリーダーレスダウンショット。しかし反応はない
「プラでは好感触を得て温めておいた場所なんだが……」

10:28
リーダーレスダウンショットで2尾目・推定550gをキャッチ。渾身のアワセでバスがフッキングと同時に宙を舞った

fukushima_1_1035

11:22
南岸のアシを撃つ。リーダーレスダウンショットで推定600gをキャッチ。その後利根川へ移動


11:30
■小見川閘門(利根川側)周辺
フラップクローのブルーブラック、レッドブラック、そしてスカッパノンとローテーションし、アシの根元を撃っていく


13:00
■阿玉川閘門付近
リーダーレスダウンショットにバイト! しかしボート手前でエラ洗いされてバラシ
「も~バレんなよ。バラシなんてめったにないのに。フックの掛かり方が浅いと思ったんや」


13:00
■東関道~水郷大橋
会場周辺のめぼしいスポットをラン&ガン。ルアーはリーダーレスダウンショット。しかし反応なし

13:50
ストップフィッシング

1日目の成績
1960g(3尾)……10位

DAY2

fukushima-day2

意気込み・プラン
フライト順が遅いので、少し利根川を釣ってから閘門を潜る。メインは外浪逆浦。場合によっては古渡もある
※デッキ上のタックルが減っている。ノーシンカーワッキー、シャッド、リーダーレスダウンショットの3本


6:12
■小見川閘門周辺
閘門待ちの間、その周辺で釣りを開始。

6:24
フラップクローのリーダーレスダウンショットに700gがヒット
「(閘門待ちの時間つぶしの最中でも)釣れるもんですね(笑)」


6:58
■外浪逆浦
東岸のアシで900gをキャッチ。ぶっこぬき!

7:17
さらに1kgフィッシュをキャッチ。ここまでルアーはすべてリーダーレスダウンショット。リミットメイク達成

fukushima_2_0724
「昨日の外浪逆浦でのバスがヒントをくれた。昨日は縦の釣り(ノーシンカーワッキーなど)。今日はリーダーレスダウンショットのウエイトも3.5→5.2gに変えてる。より横方向に引いて食わせるセッティング」


8:30
②のスポットを休ませるため対岸へ移動。誰かのボートがその付近にやって来ないかかなり気にしているようす

8:40
バイトがあるもフッキングできず。「クソッ!!」
ボートポジションを遠目にとってアシを撃つ。風が出てきたため、ときにはパワーポールを降ろしてじっくり探る


8:50
釣れたストレッチに入り直す。しかし近くには清水盛三選手の姿があった。反応は得られず、移動


9:49
■小見川閘門下流右岸
閘門を通過し、利根川へ。下流域をランガンし始める

10:05
リーダーレスダウンショットで1kgアップのバスをキャッチ。入れ替え成功! 抜き上げの勢いがありすぎて、バスがボートの反対側へ落ちそうになるが何とかキャッチ
「あれで落としてたら泣いてましたよ(笑)」


10:50
■鹿島線下流両岸
シェードを形成するアシの根元のポケットにねらいをしぼる。リグは完全にリーダーレスダウンショット(フラップクローのグリパンカラー)に固定。しばらくこの周辺の条件がよいアシをラン&ガン


12:05
■萩原閘門対岸
バイトがあるもラインブレイク。「絶対にバスや!!」


12:20
■水郷大橋上流右岸
清水盛三さんとバッティング。ブレイクの杭を一本一本撃っていく


12:43
さらに水郷大橋付近に移動。テトラ帯をリーダーレスダウンショットで撃つ

2日目の成績
3760g(3尾)……1位

最終成績
5720g(6尾)……5位タイ

  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING