サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic 2017 出展ブースマップ公開!

70以上の出展社が会場に集結!

サイト・ビー=まとめ
dsc_8745
2017年9月30日、10月1日に開催予定のBasser Allstar Classic 2017。
会場での出展社ブースの位置どりが決定しましたのでお知らせします!

出展ブースマップ

map

こちらから出展ブースマップのPDFファイルをダウンロードできます。


東エリア
map-higashi
A バスキャットジャパン
59 カルティバ/GETNET
B デュオ
C ピュア・フィッシング・ジャパン
D キャスティング
E フレックス・ドリーム
F スポーツライフプラネッツ
G ダイワ(グローブライド)

親水エリア
map-shinsui
H ジャッカル
I ハーツマリン
J BATNET
K リべルタ(ルミノックス)
L DSTYLE
M O.S.P
O 京セラ

中央エリア
map-chuo
N シマノ
01 ノリーズ(ウエルエフ)
02 エバーグリーンインターナショナル
03 がまかつ
04 ゲーリーインターナショナル
05 ガンクラフト
06 メガバス
07 サンライン
08 デプス
09 エンジン(ツネミ)
10 ティムコ
11 テイルウォーク
12 レイドジャパン
13 スミス
14 ハヤブサ(フィナ)
15 ボトムアップ
16 デュエル
17 INFINITE SEEDS MAKERS(ISM)
18 レジットデザイン
19 リューギ(ささめ針)
20 ジャクソン
21 BOREAS
22 バレーヒル(モーターガイド)
23 ラッキークラフト
24 ハイドアップ
25 mibro
26 GOOBER
27 痴虫
28 ランカーキラー
29 クレハ合繊
30 ノースフォークコンポジット
31 ゼナック
32 岡田商事
33 フラッシュユニオン
34 フルクリップ(アド)
35 アウトレック
36 モーリス
37 マーヴェリック
38 水辺基盤協会
39 ルートフィッシング
40 BeveL
41 ビッグオーシャン
42 フロッグプロダクツ
43 コロンビアスポーツウエアジャパン
44 BASSTUDIO(アーネスト東日本)
45 釣りビジョン
46 ルアーマガジン(内外出版社)

西エリア
map-nishi
47 SEDITION
48 カハラジャパン
49 プロショップオオツカ
50 オフィスZPI
51 ベイトブレス
52 霞デザインオフィス
53 ユニバーサルエンターテインメント
54 ラインシステム
55 ディーパー
56 OPA
57 ロッド&リール(地球丸)
58 東レインターナショナル



釣り人道具店ではBasserオールスタークラシック2017開催記念グッズを販売中です!
数に限りがありますのでお早めにお買い求めください!


ナイスフィッシュタオル2017 dsc_1438a
毎年恒例の応援グッズ「ナイスフィッシュタオル」。
ウエイインショーでこのタオルを高く掲げ、会場を盛り上げましょう!

1,620円(税込)


限定カラーメガピーナッツ&ネコストレート5.8inも受注開始 lure
先日、Basser10月号とsiteBで紹介したオリジナルカラーのダイワルアー(詳しくはこちら)も受注を開始しました。
メガピーナッツ(1個)&ネコストレート5.8in(1パック)のセット販売となります。

3,240円(税込)










2017/9/14

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING