サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

赤羽修弥選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2017、全19選手の足取りを公開!

杉野隆二=レポート、サイト・ビー=まとめ
akabane_main
赤羽選手の釣りの詳細は10月26日発売のBasser2017年12月号の94ページから掲載しています。併せてご覧ください。

メインルアー
akabane01 ●STEEZクロー(ダイワ/仮称のプロトタイプ)
+ワーム34#3/0(がまかつ)
バザーズワームシンカーTGバレット1/4oz(ダイワ)
ロッド:タトゥーラ6101MXB(ダイワ)
リール:スティーズSV TW 1016SV-SH(ダイワ)
ライン:STEEZフロロタイプモンスター18Lb(ダイワ)

akabane024inヤマセンコー(ゲーリーインターナショナル)
+ワーム34#2/0(がまかつ)
ロッド:ジリオン661MXB・K(ダイワ)
リール:スティーズSV TW 1012SV-XH(ダイワ)
ライン:STEEZフロロタイプモンスター16Lb(ダイワ)

DAY1

akabane-day1

6:25
5番フライト

6:35
小見川閘門着
「釣りして待ってようかな(笑)」
ノートに帰着時間を逆算してプランニング


7:20
■古渡
スピナーベイトでチェック
「風があるね」

7:25
ノーシンカーリグ、スピナーベイト、テキサスリグで風裏のベジテーションをチェック

7:37
ノーシンカーリグで1尾目、600gをキャッチ

「あとふたつ! 風が当たりすぎだけど……。水が半端なく増えてる!」


8:10
■小野川
一昨日の雨の影響?
「汚い(笑)。北浦行けばよかったかなぁ~。水が悪い」

8:20
下流へ移動しノーシンカーリグでチェック。
「少しは水がよくなったかな」

8:30
このストレッチから移動する前にもう1尾キャッチしておきたいようす

8:32
「この増水で練習の意味がなくなった。キツいなぁ~。……ヤバいな! もう1匹来て!」

8:45
移動


9:10
■沖宿
「2日前の雨がポイントをダメにした。イタい……。水色はいいな……」
ジャカゴ周りをノーシンカーリグでチェック


10:00
■境川付近
ノーシンカーリグでチェック
「水は悪くない」

2回バイトを得るが抜けてしまう

10:08
800g、400gを立て続けにキャッチ! リミットメイク!
境川下流、水中の枝にゴミや釣り糸などが絡みついた難しいスポットから巧みなロッド捌きで2尾をキャッチ

akabane_1_1020
「奇跡のレイダウンだね。シャロー勝負だ! 南風に変わったぞ!」
ねらっているストレッチに風が当たるようになった


10:30
■阿見
「さぁ、ここで釣るぞ!」
ノーシンカーリグやスピナーベイトでチェック


11:10
■沖宿
テキサスリグでジャカゴと杭を撃つ


11:36
■古渡
ノーシンカーリグ、スピナーベイト。閘門を通過する時間を気にしながらのキャスト

11:52
水門をノーシンカーリグ、テキサスリグ、スピナーベイトでチェック


12:20
■麻生
スピナーベイトでジャカゴをチェック

12:25
移動


13:00
■利根川・小見川大橋
橋脚をテキサスリグでチェック。茨城側→千葉側の順に探る

13:10
4尾目、800gをキャッチ!
「利根川釣れるじゃないの! 入れ替え成功!」


13:36
■利根川・東関道下流左岸
テキサスリグ


13:48
■会場対岸
テキサスリグ

初日の成績
2960g(3尾)……6位

DAY2

akabane-day2


6:05
■萩原閘門前
閘門が開くまでの間、ノーシンカーリグをキャスト


6:39
■常陸利根川右岸
フィルターユニット(通称キンチャク)が入ったストレッチ。ノーシンカーリグでチェック
「今日は北浦へ向かうけど、その前にここで1本! 北東風か……キツいな。失敗したかな……」


7:07
■常陸利根川右岸
アシ際をチェック
「ちょっと寄り道。いてくれないかな~」


7:30
■北浦・爪木
本命スポット。アシや浮き草をノーシンカーリグでチェック
「波が当たりすぎだなぁ。プラではけっこう魚を触れたんだけど。水位が増えて状況が変わった」

7:55
移動


8:00
■潮来マリーナ
ヘビーキャロライナリグでスロープ周辺を探る
「叩かれたあとかな……」


8:15
■矢幡ワンド
7gテキサスリグで竹杭をチェック

8:27
1尾目、600gをキャッチ

akabane_2_0841
「勝つには巻くしかないね!」
スピナーベイトにチェンジ

8:45
移動しかけるが、競技時間を考えてアシ際をチェック


9:10
■北利根川左岸
「ここは釣る予定ではなかったけど……」


9:40
■妙岐水道河口
杭をテキサスリグでチェック

9:44
洲ノ野原のアシをノーシンカーリグ、テキサスリグでチェック
水質は悪くないが……「全然バイトがない!」


10:40
■天王崎
杭をスピナーベイト、テキサスリグでチェック
「水が多い!」

11:04
下流へ小移動。ジャカゴをスピナーベイトでチェック


11:17
■境島
石積みをテキサスリグでチェック

11:32
移動。閘門へ


12:27
■利根川・小見川大橋
テキサスリグでチェック


12:42
■会場下流の消波ブロック帯
テキサスリグでチェック

12:56
ストップフィッシング

2日目の成績
620g(1尾)……17位

最終成績
3580g(4尾)……10位タイ

  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/10/25

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING