サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

AbemaTVスタジオ解説の秦拓馬さんのコメントを紹介!

Basser Allstar Classic 2017生中継にむけて

サイト・ビー=まとめ
いよいよ来週末にせまったBasser Allstar Classic 2017。
AbemaTV釣りチャンネルでは2日間にわたり3名の選手に密着同船・生中継を実施します!
今年はスタジオ解説者に鬼形毅さんと秦拓馬さんを迎え、競技中の状況をわかりやすく解説していただく予定です。
当日に向けて秦さんから意気込みのコメントをいただきましたので紹介します。


abemalogo
https://abema.tv/now-on-air/fishing


◆初日(9月30日・土)の同船:北大祐選手、伊藤巧選手、並木敏成選手
視聴はこちらのURLから
https://abema.tv/channels/fishing/slots/AY6RjokWLwiGx7

◆2日目(10月1日・日)の同船:初日の上位陣
視聴はこちらのURLから
https://abema.tv/channels/fishing/slots/E9JY7P7yUebJmd


バサーにとって特別な2日間。本気で解説します!

 2004年のあの日、ライブウエルからひと際ビッグな4尾目のバスを取り出した小野選手は、大観衆に向かって人差し指を立て、さらにビッグな5尾目の存在をアピールした。あんなカッコいいウエイインは見たことないし、熱くこみ上げてくるモノを感じた。

 それはやはりバサーオールスタークラシックがバストーナメントにおける国内最高の舞台だからこそ、の強烈な感動だったと思う。スター揃いな競技者たちが本気で優勝のみを目指すプロセスには毎年ドラマチックな展開が起こる。今回、そんなバサーにとって特別な2日間を生で解説できる、こんな楽しみなことはない。本気で解説させていただきます。

hata プロフィール
秦拓馬(はた・たくま)
「俺達。」や「ダウザー」など、異名が多いのは人気者である証。かつてはJB TOP50に参戦。琵琶湖を拠点とする超人気プロガイドとしても有名。ジャッカルではルアー開発にも深く関わる。さまざまな立ち位置からバスフィッシングに熱く関わっている


関連記事
今年もやります! AbemaTV完全密着生中継!
スタジオ解説陣と初日の同船選手が決定!

Basser Allstar Classic 2004年・第18回大会
恋瀬川のワンスポットからビッグウエイトを引き出し、10尾11㎏超をウエイインした小野俊郎選手が優勝!



AbemaTVはインターネット接続が可能なスマートフォンデバイスに「AbemaTVアプリ」をインストールするだけで、すぐに利用することができます。

【推奨環境】
・iOSデバイス
OS:iOS9.0以降
デバイス:iPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini

・Androidデバイス
OS:Android4.4以降

・PC版 
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降 
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、Internet Explorer 11以降(Windows)
推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player

・テレビ
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Android TV
Apple TV(第4世代)
Google Cast (推奨環境:第1世代以降)

※推奨環境を満たしていない場合、正常に動作しない可能性があります。あらかじめご了承ください。


2017/9/24

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING