サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

今年もやります! Basser Allstar Classic、AbemaTV完全密着生中継!

初日の同船選手とスタジオ解説陣が決定!

サイト・ビー=まとめ
昨年ご好評をいただいたAbemaTV釣りチャンネルのバサーオールスタークラシック生中継。
今年は枠を拡大し、9月30日(土)、10月1日(日)の2日間にわたり3名の選手に密着同船します!
無料生中継で熱戦をお楽しみください!


abemalogo
https://abema.tv/now-on-air/fishing


◆初日(9月30日・土)の同船:北大祐選手、伊藤巧選手、並木敏成選手
視聴はこちらのURLから
https://abema.tv/channels/fishing/slots/AY6RjokWLwiGx7

◆2日目(10月1日・日)の同船:初日の上位陣
視聴はこちらのURLから
https://abema.tv/channels/fishing/slots/E9JY7P7yUebJmd


初日の同船は北大祐選手、伊藤巧選手、並木敏成選手!

北大祐(きた・だいすけ)
kita JB TOP50で2度年間タイトルを獲得。オールスター連覇に挑むディフェンディング・チャンピオン

伊藤巧(いとう・たくみ)
ito 初出場の熱血ヤングライオン。2016年TBCアングラー・オブ・ザ・イヤー

並木敏成(なみき・としなり)
namiki 2017年、B.A.S.S.トーナメントに電撃復帰。ノーザンオープン最終戦を7位フィニッシュしオールスターに殴り込み!

2日目は初日の上位陣に密着予定!

※両日ともスタートからウエイインショーまで完全密着の予定です。生中継のため、客席の一部が映る可能性がございます。あらかじめご了承をお願いいたします

スタジオ解説には鬼形毅さん、秦拓馬さんをお迎えします!

鬼形毅(おにかた・たけし)
onikata ロッドブランド「レジットデザイン」デザイナー。同時にJBマスターズに参戦するバスプロでもある。さらにJB TOP50戦の現場に欠かさず駆けつけており、「見る側」としてもトーナメントを熟知している

秦拓馬(はた・たくま)
hata 「俺達。」や「ダウザー」など、異名が多いのは人気者である証。かつてはJB TOP50に参戦。琵琶湖を拠点とする超人気プロガイドとしても有名。ジャッカルではルアー開発にも深く関わる。さまざまな立ち位置からバスフィッシングに熱く関わっている



AbemaTVはインターネット接続が可能なスマートフォンデバイスに「AbemaTVアプリ」をインストールするだけで、すぐに利用することができます。

【推奨環境】
・iOSデバイス
OS:iOS9.0以降
デバイス:iPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini

・Androidデバイス
OS:Android4.4以降

・PC版 
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降 
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、Internet Explorer 11以降(Windows)
推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player

・テレビ
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Android TV
Apple TV(第4世代)
Google Cast (推奨環境:第1世代以降)

※推奨環境を満たしていない場合、正常に動作しない可能性があります。あらかじめご了承ください。







2017/9/22

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING