サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

青木大介のB.A.S.S.挑戦記 第7回

4位入賞! ミシシッピリバー戦のメインルアー

サイト・ビー=まとめ
aoki805-4
B.A.S.S.セントラルオープンで4位入賞を決めた青木大介選手。
初日は14Lb7oz(6位)、2日目は12Lb15oz、計27Lb6oz(=12kg強)で予選を5位通過。
決勝の3日目も14Lb13ozを持ち込みトータルウエイトは42Lb3oz。ひとつ順位を上げて決勝を終えました。

青木選手のメインパターンはカバー。試合で釣っていたのは水通しがいいエリア(流れが強い)にあるカバーでした。ダイレクトにカバーを撃つときは12gテキサスリグ。トラスターにスゴイシンカー12gとFPPストレート#5/0を合わせました。

aoki805-7
aoki805-2
カバー際で巻くときは3/8ozチャターベイト。動きが強いモデルにトラスターを合わせることであえて動きを抑えることを意図したようです。

ミスバイトのフォロー用は4.4gネコリグ。トルキーストレート5.8inにパワーワッキーガードモノヘビー#1/0をセットし、外付けの4.4gシンカーを合わせていました。最終日はトルキーストレート4.8inも活躍。シンカーは1/16oz、フックはパワーワッキーガードモノヘビー#2でした。

aoki805-1
青木選手の年間順位は大幅にジャンプアップし8位。残すは最終戦。初年度でのエリート昇格が見えてきました。オープンカテゴリーの年間5位以内はエリート昇格権獲得確定、状況によってはそれ以下の順位でも繰り上げ昇格の可能性があります。がんばれ青木選手!

aoki805-5
aoki805-2
aoki805-9
◆関連記事
2019年B.A.S.S.セントラルオープン第1戦結果速報!
[動画]青木大介、セントラル開幕戦を振り返る
【速報】2019年B.A.S.S.セントラルオープン第2戦が終了!
B.A.S.S.セントラルオープン第2戦 決勝の日本人3選手のメインルアー
2019年B.A.S.S.セントラルオープン ミシシッピリバー戦最終結果速報


Basser2019年9月号 7月26日発売! hyo1
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号の特集は「濁り」。バスの活性を著しく上げ、時に下げることもあるこの現象を掘り下げます。
 過去に濁りに見舞われた取材でのケーススタディーに始まり、水温や流入量による濁りの立体的な捉え方、良い濁りと悪い濁りの違い、濁り始めから濁りが抜けるタイミングまでの釣りの切り替え方、ルアーローテーションの具体例、科学的見地から考える濁りへの対処など、注目トピックが満載です。
 モデルとなるフィールドは八郎潟、桧原湖、霞ヶ浦、利根川、亀山湖、津久井湖、琵琶湖、七色貯水池、そしてアメリカなど多岐にわたります。
 また、JBTOP50レポートでは最年長優勝記録を「59」に更新した沢村幸弘さんの強さの理由を詳報。試合後の追加取材では、フィジカルを維持するための日々のトレーニングや、メンタル強化に繋がるゴルフへの取り組み、ボートデバイス(魚探)の選定理由などを明かしてくれています。






2019/8/5

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING