サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

5月19日(日)山口県萩市・阿武湖にて、初のバスフィッシング大会が開催予定

アングラーのマナー向上と地域経済活性化が目的。参加者募集中

サイト・ビー=まとめ

5月19日(日)山口県萩市・阿武湖(阿武川ダム湖)にて、アングラーのマナー向上の啓蒙と、釣りによる地域経済の活性化を目的としたバスフィッシング大会が開催されます。同湖でのバスフィッシング大会はダム竣工以来初。特別ゲストとして庄司潤さんを迎えての開催です。

企画を進めているのは、萩市地域おこし協力隊に籍を置き、経済魚活用研究会の活動に取り組む内田真太郎さん。

阿武湖(阿武川ダム湖)は、都道府県営ダムとしては総貯水容量が中四国・九州エリア最大の湖ですが、ルールを守らないアングラーの行為によって地域住民からバスフィッシング全体が厳しい目を向けられてしまっている現状があるのだといいます。

内田さんは次のように話してくれました。

「このままでは一部の釣り人によるマナー違反が他の釣り人やバスフィッシング全体のイメージダウンを加速させ、バスフィッシングという行為そのもののあり方を問うところまで来てしまったという危機感があります。『事が起きてしまってからでは遅い』という状況を釣り人や関係者の共通認識として周知すること、バスフィッシングという行為と地域経済活性化を結び付け、地元にも有益であることをより具体化させることを目的に本大会を開催させて頂く運びとなりました」

バスアングラーの信頼を取り戻すためには、私たち良識あるアングラーがフィールドを抱える地域の皆さんと連携してこの釣りの魅力を発信していくことが必要だと思います。釣りによる経済の活性化も重要なPRになるはずです。

予定の合う方はぜひ参加をご検討ください。

大会概要

abuko-poster001
abuko-poster002
■詳細はこちら
https://www.facebook.com/keizaigyokatsuyo/

■問合せ先 経済魚活用研究会 内田真太郎
TEL 0838-54-2121
FAX 0838-54-2430
E-mail 3643@city.hagi.lg.jp


2019/4/18

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年11月号

【特集】Spinner Bait

 スピナーベイトを徹底的に深掘りした内容で、このルアーの奥深さと用途の多彩さを知ることができる一冊です。田辺哲男さん、奥村和正さん、清水盛三さんら、ロングセラーになっている国産スピナーベイトの設計者が多数登場します。
 名作スピナーベイトの誕生秘話やパーツごとの機能を解説するコンテンツに加えて、実釣記事も充実。筋金入りのスピナーベイターたちの理論と活用法を知ることで、「スピナーベイトは活性の高いバスを釣るサーチベイト」という、ステレオタイプ的イメージから脱却することができるでしょう。スピナーベイト縛りのトーナメント「the BLADE」の模様も詳報されています。
 B.A.S.S.エリートシリーズで快進撃を続ける伊藤巧さんの戦いぶりをはじめ、アメリカのツアー最前線を詳しく知ることができる専門誌は『Basser』だけ。今号では2戦連続の決勝進出を果たした伊藤巧さんの、シャンプレイン戦の舞台裏を詳しくレポート。また、B.A.S.S.オープンで優勝した“まっつん”こと松下雅幸さんの朗報も、本人による手記が、締め切りギリギリ滑り込みで掲載されています!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING