サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

AbemaTV、『ルアーパラダイス九州TV』の放送を開始!

毎週水曜、21時から2本立てでお送りします!

サイト・ビー=まとめ
komori
 本日2月7日(水)21:00より、インターネットテレビ局のAbemaTVにて『ルアーパラダイス九州TV』の放送が始まります!

 『ルアーパラダイス九州』は、その名のとおり九州に密着したルアーフィッシング専門誌。ソルトやオフショアの釣りだけでなく、九州近郊のバスフィッシングも精力的に紹介してきました。そんな『ルアーパラダイス九州』のテレビ番組がTVQ九州放送で始まったのが昨年4月。以来、九州の視聴者の皆様にご好評いただいてきました。

 今日AbemaTVで配信となるのは、1月27日放送の「山口県菊川湖のバスフィッシング(出演者:小森嗣彦さん)」と2月3日放送の「衝撃!宮崎サーフの底力 オオニベ(出演者:堀田光哉さん)」の2本。その後も毎週水曜日に前週・前々週に放送された番組を2本立てで配信していきます。



 誌面だけでは伝わらない臨場感やテクニックをぜひ番組でご覧ください! もちろん全国どこでもご覧いただけます!

 見逃しが心配な方には視聴予約が便利です。AbemaTV釣りチャンネルの番組表で番組名をタップし、「通知を受け取る」を選択してください。放送開始前にスマートフォン/タブレットに通知が届きます。

◆AbemaTV釣りチャンネルの番組表はこちら
abemalogohttps://abema.tv/timetable/channels/fishing

◆ルアーパラダイス九州ウェブサイト
https://lurepara.tsuribito.co.jp/

ルアーパラダイス九州 No.22 2018年早春号好評発売中!!


第1特集「2018オフショア元年この冬、ボートゲーマーになる!」
 巻頭は津留崎義孝さんの玄界灘ヒラマサジギング。続いてみっぴこと秋丸美帆さんもキャスティングゲームで大型ヒラマサをキャッチして、2018年のドリームオフショアフィッシングへ誘います。スキッディングのカンパチ、ティップランのアオリイカ、極寒のハタゲームなどなど冬に面白いオフショアゲームを詰め込みました。
 しかもすべて入門者目線でゲームの基礎知識を解説。必要なタックルからライバルに差をつけるマル秘テクニックまで、読んだ人だけトクをするオフショア情報が満載!

第2特集「ウインタードリームを手にするための戦略集ビッグフィッシュストラテジー」
 厳寒期にしか出会えないターゲットがいる。厳寒期にこそ大型好機のターゲットがいる。厳寒期でも戦略次第でワンランク上の釣果が得られる。厳しい季節だからこそ練りに練った作戦が必要になる……。
 常岡紘次のヒラマサ戦略、松岡豪之のヒラスズキ戦略、穐山ジェレミー豪のヒラスズキ戦略、加藤孝幸のツツイカ戦略、高橋大介のメバル戦略、中村祥也のメバル戦略、大屋晃洋のメバル戦略、入江真一のアラカブ戦略、一宮安幸のアジ戦略、山脇愛子のオオニベ戦略、松成修一と山崎真琴のシーバス戦略。以上、九州のエキスパート11人の頭脳に迫ります!

「Field & Technique Guide九州七県NAVI 冬の特選ターゲット」
 写真とテキストのほか仕掛図と地図を掲載して、個性豊かな七県のイチ押しターゲットがひと目でわかる連載です。各県の冬を彩るルアーターゲットの生態、フィールド、釣り方を図解も交えてわかりやすく解説します。



2018/2/7

最新号 2018年3月号

[特集]トレーラーベイツ

わき役が輝くすてきなドラマ

 ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。  巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。  並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。  また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING