サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

AbemaTVにて青木大介選手出演DVD『SERIOUS』を3週連続放送!

3月24日、31日、4月7日(土)、21:00より放送!

サイト・ビー=まとめ
aoki
 AbemaTV釣りチャンネルにて、明日3月24日(土)から3週連続でDVD『SERIOUS』シリーズが放送されます! 今回放送されるのはJB TOP50を戦う青木大介選手に密着する同シリーズのうち、2016年シーズンの第1戦から第5戦までを網羅する第8~10作目。この3作では、毎試合青木大介選手のほかにもう1名別の選手にも同船している点も見どころです。それぞれの選手の試合モードの本気の釣りが見られるだけでなく、複数の選手の視点で試合を追うことでトーナメントウォーターへの理解が深まります。また、4月14日(土)には、青木大介選手、国保誠選手、澳原潤選手が出場した『King of Fantasista 決勝・池原貯水池戦』(2015)も放送予定です。

 見逃しが心配な方には視聴予約が便利です。AbemaTV釣りチャンネルの番組表で番組名をタップし、「通知を受け取る」を選択してください。放送開始前にスマートフォン/タブレットに通知が届きます。

◆AbemaTV釣りチャンネルの番組表はこちら
https://abema.tv/timetable/channels/fishing

1.SERIOUS 8 2016 JB TOP50参戦記 1st&2nd STAGE編
放映日:3/24(土) 21:00~
視聴予約URL:https://abema.tv/channels/fishing/slots/98dY5mrXUExju9

2.SERIOUS 9 2016 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
放映日:3/31(土) 21:00~

3.SERIOUS 10 2016 JB TOP50参戦記 5th STAGE編
放映日: 4/7(土) 21:00~

4.King of Fantasista 決勝・池原貯水池戦
放映日: 4/14(土) 21:00~

SERIOUS 8 2016 JB TOP50参戦記 1st & 2nd STAGE編



2015年度JB TOP50で頂点を極めた男はさらなる高みを目指す。次なる目標は連覇! JBシーズンを戦う青木大介を密着取材したSERIOUSだったが、今回からは各エリアごとに別の選手にも同船した内容でお届けします。 第1戦は四国屈指のリザ―バ―、さめうら湖。もう1名のアングラーは小野俊郎。2人の戦略的方法は見逃せない。第2戦は愛媛県野村ダム。悪条件の大会だったが得意のラン&ガンで攻略できるのか。ここでのもう1名のアングラーは沢村幸弘。経験豊富なスタイルで手堅く攻略して行く。 青木にとっては試練となった四国リザ―バ―2連戦。”耐える”事に徹した青木の戦略に注目して欲しい。


SERIOUS 9 2016 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編


 日本最高峰トレイル、JB TOP 50を戦う青木大介に完全密着したSERIOUSシリーズの第9弾。
 今回は中盤戦となる2戦分を収録。第3戦は三重県の七色貯水池。クリアウォーターのリザーバーを得意とする青木はサイトフィッシングを軸に怒涛のラッシュを魅せる。同船するもう1名のアングラーは第2戦終了時点で年間ポイントランキング2位につける市村直之だ。
 第4戦はトレイル唯一のスモールバスレイク、福島県の桧原湖。ここ数年5位以内入賞を続ける相性のいい湖だけに、一気に年間ポイントランキング上位者を追撃したいところだ。しかし今年は青木が得意とするエリアがことごとく不調…。はたして―。もう1名の同船アングラーは桧原湖のスペシャリスト、鈴木隆之。隅々まで知り尽くしている湖をどう攻略していくか注目だ。
 昨シーズン同様、スタートダッシュに失敗しながらもジリジリと順位を上げていく粘り強い青木が今年も魅せる!!


SERIOUS 10 2016 JB TOP50参戦記 5th STAGE編




 2016年JB TOP50最終戦の舞台は茨城県・霞ヶ浦。年間タイトル連覇を目標にここまで戦ってきた青木大介だが、第4戦終了時点の暫定順位はトップを走る北大祐と31ポイント差の4位。かなり厳しい状況ではあるが、前年は28ポイント差をひっくり返してタイトルを奪取しているだけに望みはまだある。

 しかし、わずかに残されていたタイトル獲得の可能性が完全についえたかのような初日40位……。最悪のスタートをきり、予選通過さえ危ぶまれた青木だったが、2日目はアジャスタビリティーの真髄に迫る展開を見せる!

03
02
01 青木大介らしいアジャスタビリティーが際立つ展開。悪夢の初日40位から2日目5kg超を持ち帰ったパターンとは!?

 同船したもう1名は、暫定1位でこの試合に臨んだ北大祐。今シーズン抜群の強さで2度目の年間タイトル獲得に王手をかけているが、その北に食らいついている暫定2位の五十嵐誠との差は10ポイント。決してセーフティーリードと呼べるような差ではない。そんな状況で迎えた試合1日目、北はいきなり窮地に立たされる。プラで掴んでいたパターンの完全崩壊。スタートしてから3時間が経過した時点で、北のライブウエルは空のままだった。

05
04
06 オールスタークラシック前週に見えたウイニングパターンの片鱗。初日あわやノーフィッシュの危機から自身を救ったのは最も愛する釣り=クランキングだった!!

 ともに苦しみながらも年間タイトル獲得に向けて死力を尽くす、ふたりのD。わずかなヒントをビッグスコアに結びつける青木の修正力と、翌週のオールスタークラシックを制することになる北のクランキング、その爆発力の片鱗を、ぜひ観ていただきたい。

King of Fantasista 決勝・池原貯水池戦



バスロッド・ファンタジスタシリーズの10周年企画トーナメント「King of Fantasista」。春から3試合の予選を行ない、そこから勝ち上がった青木大介・国保誠・澳原潤の3名のなかから、ついに「ファンタジスタの王」が決まる。 決勝の舞台は国内屈指の規模とビッグバスの実績をもつリザーバー・池原貯水池。試合前日の朝、太平洋上に突如として発生した台風がもたらした雨のなか、3選手はこの巨大ダム湖をいかに攻略するのか。そしてタックルメーカーの名門、アブ・ガルシアのロッド史に王として名を刻まれるのは誰なのか。決着までの一部始終を収録!!



2018/3/30

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING