サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

最強は誰だッ! 第4次メディアウォーズ開幕!

今回の関ケ原は晩秋の相模湖。バスメディア最強の称号は今年もBasserがいただきます。

タニガワ=文
main

業界親睦大会? ノンノン


 今回で4回目を数えるバスメディア対抗ガチンコバトル「メディアウォーズ」。今年は春開催の予定がコロナ禍の影響で延期に。明日10月31日(土)、関東が誇る老舗バスレイク相模湖での開催が決まりました。
 一見すると、業界人による年に一度の親睦イベントのようにも感じられるこの大会ですが、それは間違いです。明日、相模湖日相園の桟橋は殺伐とした闘気に満ちあふれていることでしょう。なぜならこれはWARS(戦争)だからです。
 参加するのは釣り雑誌から『ルアーマガジン』さん、『アングリングバス』さん。そして映像メディアから『釣りビジョン』さん、元『TSURIKO』さん。さらに、個性豊かなワイルドカード枠など、この業界をサバイブする猛者たち26名が集結するわけです。
 で、実際のところ最強メディアはどこなのか? 実はその答え、もうほぼ出ちゃってるんですよね~。過去3回行なわれた同大会。そのうち2回は我らBasserが手にしているんです。
 しかし、敵勢力を侮っているわけではありません。集うのは全員が筋金入りの釣りバカたち。そのなかでもとくに要警戒のA級賞金首がルアマガチームの古川和弘さん。過去の戦歴は2位(第1回)、優勝(第2回)、2位(第3回)と常に優勝に絡んでおり、「俺はバスメディア界の青木大介だ!」とうそぶいているとのこと。

furukawa バスメディア界の青木大介を自称する古川和弘さん(右)。今年も2日前からプラに入って優勝をねらっているようです。そうはさせませんがね。

Basserの布陣はこれだ!

 では、ここで我らBasserチームのメンバーを紹介します。
 まずは「魔王ペア」ことカメラマン大森さん・ライター水藤さんペア。過去2度の優勝を誇るディフェンディングチャンピオンです。このふたりをひと言で表わすならホームランバッター。当たれば場外までボールを運ぶパワーフィッシングが身上です。大森カメラマンは長年『田辺道場』の連載を担当してきた田辺さん直系のストロングフィッシャーマン。水藤さんは見た目の優男感とは裏腹にディープクランクなど基本的にデカいルアーで当ててくる凶暴な釣りが得意です。
「おいおい、それってつまりこのペアがいないとBasserって……」そんな意見は受け付けません。

maou ディフェンディングチャンプであり第1回のウイナーでもあるライター水藤さん(左)とカメラマン大森さん(右)


 続いて、ホリベ・アマノの現&元Basser編集長ペア。ウッドクランクをこよなく愛するホリベですが、釣りの器用さは編集部イチ。カバー撃ちから巻きモノ、フィネスまでこなしながらも、6尾で9kgに迫る釣果(@河口湖)をたたき出す「マッハ神拳」の正統継承者でもあり、一撃の強さも持ちます。そのホリベの前任編集長がアマノ。『ルアーパラダイス九州』の立ち上げと編集のため九州で仕事をしていましたが、この春東京本社へ帰還。今回のテーマを「釣らう、無心の姿で。」(弊社のキャッチコピー)とのたまっていますが、無心とは程遠い鼻息の荒さです。

horibeamano Basserの新旧編集長ペア、ホリベ(左)&アマノ(右)。一昨日、会社近くの焼肉屋で入念な卓上プラを行なっていました

 そして最後はライター大場さんとこの記事を書いているタニガワペア。大場さんはFLWへの参戦経験もあるガチの釣りウマライター。っていうか僕の中ではバスプロ。とくにそのカバー撃ちスキルは半端なく、デカいルアーを超繊細に扱うのに長けています。同じくカバー撃ちが好きな私との釣りの相性もバッチリ。今戦の影の優勝候補といっていいでしょう。

oba カバー撃ち大好きなライター大場さん&タニガワペア

 そして今年もマイケル&ジミーの黒鱒道中ペアがメディアの垣根を越えて再結成。抜群のチームワークで大会をかき回してくれるのでしょうか!?

maikeru_jimy 黒鱒道中のマイケル&ジミーペアが今年も再結成!

 対決の模様は次号11月末発売のBasser2021年11月号で詳報予定です!



★★『相模湖・津久井湖 大明解MAP』好評発売中!★★
相模湖・津久井湖 大明解MAP
ez-rbatvcai0iwr






2020/10/30

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2021年1月号

【特集】ワカサギとニッポンのバス釣り

今号では、日本のバスフィッシングを語るうえで欠かせないベイトフィッシュ、「ワカサギ」を特集しています。
その実態に迫るべく、各地で実釣取材を敢行。霞ヶ浦や琵琶湖などのビッグレイクから、亀山湖や津久井湖などの関東メジャーリザーバー、はてはワカサギフィールドとしては未知の池原貯水池まで、それぞれのフィールドのエキスパートによる個性的かつ有効なワカサギパターンが紹介されています。
さらに、ワカサギの増殖に関わる方や漁師への取材を通してその生態にも迫っており、より多角的にワカサギについての理解を深めることができる一冊になっています。
そのほか、大森貴洋さんや伊藤巧さんらが活躍するアメリカのトーナメントレポートや、「1尾釣ったら即、取材終了」のドキュメンタリー新企画「THE FIRST FISH」なども見逃せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING