サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦/8位  篠塚 亮選手のパターン

強まる風を気にかけながらのラン&ガン。本湖のシャローで勝負をかけた

伊藤尚弘=写真と記録
shinotsuka-0541
7月26日に開催された2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦。出場した全16名の当日のエリア、メインルアー、釣り方を紹介していきます! 今回は篠塚 亮選手です。

8位 篠塚 亮選手 2尾1415g

順位:8位

主なエリア: 石田、妙岐

メインルアー:
lure-shinotsukaリトルレインズホッグ(ダウンショット/レイン)
リトルレインズホッグ(フリーリグ/レイン)

当日のパターン


篠塚選手は主に霞ヶ浦西岸エリアをラン&ガンした。

徐々に強まる風を気にかけながらもスピナーベイト、ノーシンカー、リーダーレスダウンショットなどをこまめにローテーションしながらシャローカバーを丁寧に撃つ釣りで探った。

朝イチは石田エリア。「底が丸見えのシャロー。プラではデカいのが複数見えてた。ディスタンスを取らないとすぐに逃げてしまう」といい、距離を取ってねらっていく。

shinotsuka-0519
回収時にバイトを得たものの「あまり深追いしないほうがいかな」と小移動。

6時38分に1尾目をキャッチ。500g。リトルレインズホッグのフリーリグ。

7時には田村エリアへ移動。冠水カバーを撃ちながら流していく。

「思ったより吹いたなぁ」。予想より早い時間帯に強くなった風が気になるようす。

shinotsuka-0836
備前川~大岩田エリアをチェックした後、技研スロープ手前付近に入る。

「なんか釣れそうだ! ここ(アシのえぐれ)で食ってほしいんだけどなぁ」

期待通りのバイトを得たが惜しくもノンキーパー。

9時49分、和田をチェックした後に入った妙岐エリアで待望の2尾目をキャッチ。推定900g。
リトルレインズホッグ(ダウンショット)。

shinotsuka-0853
10時15分には和田の浚渫でヘビキャロも試す。

「プラでも浚渫はやったんだけど、シャローが圧倒的によかった。川も見たんですけど、本湖のほうがポテンシャルがあった」

shinotsuka-1133
小移動して石積みと杭をチェック。ところどころスピナーベイトを平行に入れながら細かく撃っていくがバイトの遠い時間が続く。

shinotsuka-1156
その後は古渡や技研スロープ付近を集中してねらうが帰着時間が迫りストップフィッシング。


◆関連記事
2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦のウイナーは村川勇介選手!

◆発売中のBasser2019年10月号でもTHE WILD CARD七色ダム戦、霞ヶ浦戦の模様を大特集! 16ページにわたってレポートします。併せてご覧ください!


Basser2019年10月号 好評発売中! hyo1
表紙をクリックすると試し読みができます

 小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
 たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
 また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
 青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。











2019/8/26

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年5月号

【特集1】Flippin’ JIG
【特集2】中層ワーミング「スト系」

 第1特集では、最新のカバージグ事情とテクニックを特集。
 リーダーレスダウンショットやネコリグ、スモラバなど、さまざまなリグとルアーでカバー撃ちができるようになった今、もはやフリッピンジグやフルサイズジグは求められていない? そんな疑問への「YES」や「NO」を、実釣取材を元に記事化。なんと、すべての取材で50㎝アップが飛び出すという驚きの結果とともに、現在のジグ事情を明らかにしています。
 第2特集では、いま最も注目されているジャンルのひとつである中層ワーミング、すなわち「スト系」テクニックを深掘り。水面からボトム付近まで、あらゆるレンジの中層攻略が掲載されており、読んで実践すれば釣果に結びつく記事が目白押しです。
 さらに今月号には特別付録として、今年で創業20周年を迎える人気ルアーメーカーO.S.Pのコンセプトブックが同梱。並木敏成さんとO.S.Pの歩み、全国のプロスタッフによるO.S.P.ルアー総選挙など、必見のコンテンツが満載です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING