サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦/村川勇介選手のパターン

「沖の縦スト」と「カバーのエビ食いバス」。2パターンで唯一のリミットメイク!

中川瑛太=写真と記録
murakawa-0655a
7月26日に開催された2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦。出場した全16名の当日のエリア、メインルアー、釣り方を紹介していきます! 今回はウイナーの村川勇介選手です。

村川勇介選手 5尾5015g

順位:優勝

主なエリア:境川、大山、本湖下流などをランガン

メインルアー:
lure-murakawa
エスケープツイン(5gチェリーリグ/ノリーズ)
フォールクロー2.5in(5.3gダウンショットリグ/エンジン)
フォールクローラー5in(スナッグレスネコリグ/エンジン)

当日のパターン


「朝の時間に釣りをするため、まずは近場から始め全域を見ていく作戦」と村川選手。

朝イチのチャンスタイムに境川に入ったがバイトは得られず大山へ移動。

「サイズの大きい魚から季節を先取りして動いていくから、風通しや水通しのいい所で夏の魚をねらいたい」

6時44分、大山の縦ストで1尾目をキャッチ。「バスが夏っぽいエリアに来てる!」

murakawa-0655
7時過ぎ、本湖下流域をチェックするが追加の魚は得られない。

「あんまり釣れなくてしょげてるけど、この釣りを貫くしかない」

洲ノ野原をチェックした後、本湖下流に入り直す。

8時45分、2尾目の推定1kgフィッシュをキャッチ。

murakawa-0856
「1キロアップはあるな。やっと俺の夏が来た!」

しかし、その後もバイトが遠い苦しい状況が続く。

murakawa-1123
9時から11時30分までの間に古渡、小野川、大山、本湖南岸をランガンするがウエイトアップはできず、11時35分に朝イチの境川に入る。

murakawa-1137
11時47分、エスケープツインのチェリーリグで3尾目をキャッチ。

梅雨を引きずるエビ食いのバス。エビボイルも目撃。

12時、ミスバイトがあったあと、4尾目をキャッチ。

murakawa-1155
「時合が来たな!」

12時50分、リミットメイクの5尾目をキャッチ。

murakawa-1300
「デュエルの皆さん! 昭和電機の皆さん! 村川、がんばります!!」

murakawa-1221
夏の定番であり昨年大会の優勝パターンである流入河川上流はあえて切り捨て、本湖エリアをメインにした村川選手。沖の縦ストに着く夏の魚に加え、バックアップとしてエビ食いのパターンも見つけていた周到さが、唯一のリミットメイク達成=勝利を導いた。

◆関連記事
2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦のウイナーは村川勇介選手!

◆発売中のBasser2019年10月号でもTHE WILD CARD七色ダム戦、霞ヶ浦戦の模様を大特集! 成績上位者の釣りを中心に16ページにわたってレポートします。流入河川を見切った理由やエスケープツインをセレクトした理由など村川勇介選手のインタビューも交えてたっぷりお伝えします。お楽しみに!

村川選手の公式サイトでも当日の模様が詳しく紹介されています!



Basser2019年10月号 好評発売中! hyo1
表紙をクリックすると試し読みができます

 小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
 たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
 また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
 青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。







2019/8/13

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。
 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。
 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING