サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

H-1グランプリ2019開幕戦@新利根川の入賞ルアー

プリスポーンのマッディーシャローで巻いて釣る!

サイト・ビー=まとめ
2 優勝の松村選手

1 トップ5の凄腕

4月21日、茨城県新利根川でH-1グランプリ開幕戦が行なわれました。
ゴールデンウイークに新利根川に行くアングラーも多いと思います。
入賞ルアーを参考にしてみてください。

上位陣に共通していたキーワードはスロー&丁寧。
スポーニングを控えナーバスになっていたり、あまりルアーを追う状態にない魚をスローに引いて攻略する選手が上位に入ってきた印象です。
普通であればワームを使いたくなる状況ですが、H-1はハードベイト限定。巻いて釣るしかないのです。
トップ2が共通してグラスロッドによるスーパースロークランキングだったことも興味深いですね。

優勝 松村浩邦 2810g(3尾)

●ルアー
ピッコロ
3 上流の巾着(ネットに包まれた石積み)ゾーンをタイニークランクでねらった松村選手が優勝。最初はブレイクをねらったそうですがバイトがなく(プラではブレイクで釣れていた)、巾着の際ギリギリにタイニークランクを投げ込み極めてスローに釣る方向にシフト。30分で3尾をキャッチしたそうです。普通に釣っていたら根掛かりが多発するのが巾着エリアの特徴ですが、松村選手は超スローかつ丁寧に巻くことでこの問題をクリア。リップが石に当たった感触があれば巻きスピードを緩めて対応したそうです。ロッドはグラス(ワイルドサイドWSC-G62L)でした。

2位 磯崎靖 2780g(3尾)

●ルアー
ダークサイド
4 モリケンスピードバイトのハンドメイドクランク・ダークサイドを使った磯崎選手が準優勝。エリアは松村選手と近かったようですが、磯崎選手は沖に張り出したブッシュ、ミズヒマワリ、倒れ竹などをねらったそうです。リトリーブスピードはやはりスーパースローでカバーに沿って浮く魚を明確にイメージして巻き続けたようです。ロッドはグラス(ワイルドサイドWSC-G66ML)。上位2名が「デッドスロークランキング×グラスロッド」という組み合わせだったのは偶然ではなさそうです。

3位 川村光大郎 2670g(3尾)

●ルアー
ビーブル3/8oz
5 3位は昨年の新利根川戦に引き続いて参戦の川村選手。メインパターンは上流の矢板沿いのタイト&スロー・スピナーベイティング。矢板の中層に浮いた魚をイメージし、スピナーベイトをスローに巻いたそうです。もちろんただ巻いたわけではなかったようです。まずキャストはショートキャスト。これは矢板べたべたをよりタイトに引くための工夫。ロングキャストしてしまうと突き出した草などにコースを邪魔されます。また、プレッシャー対策として、マッドシルバーのブレードにこだわったり、スモーク系のナチュラルなスカートを合わせたりと、細部までぬかりなく詰めていたことが印象的でした。

4位 萩野光康 2650g(3尾)

●ルアー
ラトリンログARB1200、ワスプ60
6 2013年にAOYを獲得している萩野選手が4位。萩野選手はエサを捕食する個体にねらいを絞りハードボトムをラン&ガン。ベイトタックルでシャッドを巻いて計6尾をキャッチ。新利根川でシャッドを引くと根掛かりに悩まされがちですが、萩野選手はロッドを上下させるなどの技を駆使して丁寧に引くことを大事にしていたようです。杭に浮いた魚を意識して投げたジャークベイトでも1尾キャッチし、これがキッカーになりました。

5位 小荷田通弘 2160g(3尾)

●ルアー
ソウルシャッド45SP、ワイルドハンチ
7 会場がある下流域をじっくりと釣りこんだ小荷田選手が5位。チョコレート護岸が続くストレッチがメインでした。岸に対して斜め45度のコースだけでなく、平行に引いたりと人とは違うコースを試してバイトを重ねていきました。多くの選手が流していた場所でしたが、工夫の結果は5位入賞。小さなことで結果は大きく変わるようです。

以上がトップ5の釣りです。
全体の結果はこちら。
https://h1gpx.com/2019/1-Shintone/Result1.htm
 
水辺へ行こう。一緒に釣りしよ。

表紙をクリックすると試し読みができます


 今号は、私たちが友人、子ども、家族の先生となって一緒に釣りを楽しむための特集です。
 たとえば、近年の学校では「友だち同士で水辺に近づかない」と教育されます。つまり、大人たちが積極的に水辺に連れ出さないかぎり、子どもたちが自分から釣りに親しむようになることはほとんどありません。
「バス釣り」という素晴らしい遊びをもっと多くの人に知って楽しんでもらうために、まず私たちに何ができるのか。その方法を一冊にまとめました。
 鬼形毅さんは、自分の子どもを釣りにのめり込ませる方法を教えてくれます。
 そのほか、釣りへの導入としてのガサガサの楽しみ方や、釣り掘りの上手な利用の仕方、オススメのタックルや初心者でもバスをキャッチしやすいルアーカタログなど、5月の連休に読者の方が誰かにとってのよき「先生」になるためのヒントが満載です。
 また、国内外の熱いトーナメントレポートも見逃せません。
 BPTの設立とそれに伴う主要選手の大量流出を受け、トップレベルのトーナメントアングラーが集うのは今回が最後になる可能性が高いバスマスタークラシック。その節目の大会を制したオット・デフォーの戦略と、クラシックの行く末とは……。
 日本国内ではJBTOP50が開幕。サイトの達人である三原直之さんと山岡計文さんの手に汗握る一騎打ちのもようを掲載。また、W.B.S.やTBCなどのウイニングパターンも必見です。





 

2019/4/29

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年8月号

[特集]山上湖
日常マイナス5℃の深呼吸と初夏の魚影を求めて

 今号では、夏こそ行きたい山上湖の釣りを特集。桧原湖、芦ノ湖、野尻湖、河口湖、榛名湖など、水面標高600~1,000mの涼やかな湖を取り上げ、夏の攻略法を紹介しています。
 桧原湖の案内人・澳原潤さんは、近年の同湖における傾向と対策、そしてベイトによって異なるフィシングパターンを解説。津留崎健カメラマンの美麗な写真も必見です。
 芦ノ湖の山木一人さんはトップウォーターとボトムという両極の楽しみ方を紹介。河口湖を担当してくれた藤田京弥さんは、ギル系ビッグベイトとジグポークによる攻略法を、五十嵐誠さんは野尻湖のスモールマウスと遊ぶためにぜひ覚えたい、ハードベイトとソフトベイト2種のキャロライナリグについて教えてくれています。
 この号が店頭に並ぶ6月末から7月、8月と今夏いっぱい役立つ山上湖情報が満載! 避暑と釣果の一石二鳥に大いに参考にしていただけること間違いナシの一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING