サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

ボトムの釣りは切り捨てた。浮いたバスを獲る4つの選択

セントラルオープン・ファイナリストを支えたルアーたち/木村建太/第2戦スミスレイク7位入賞

Basser編集部=写真と文
kimura_02
 9名の日本人選手がボーターとしてフル参戦し、大きな注目を集めた2019年B.A.S.S.セントラルオープン。その結果は、全試合で日本人が決勝(競技2日目終了時点の上位12名まで)に進出と、日本のみならずアメリカでも大きなインパクトを残したシーズンとなった。
 ここでは、日本人選手が決勝に進出した際のメインルアーを公開。なぜ、そしてどのようにこれらのルアーを使ったかがわかれば、日本のフィールドにも生かせるヒントがあるはずだ。



コンツアージグ3/8oz(デプス)+パワーウィグラー3.5in(バークレイ)
この試合のメインルアー。ボートドックなどのフローティングストラクチャーの最奥までスキッピングで滑り込ませ、ジグストで浮いているバスをねらった。バスの存在はライブスコープを使って確認。パワーウィグラーはボディーがファットなため、ジグのトレーラーにするとスキッピング性能を大きく高めてくれる。また、コンパクトながら自重があるため、飛距離が出る点も魅力。

木村「この試合は、どのルアーも浮いているバスをねらうためのセレクトです。ボトムは切り捨てました」

ダッジ(レイドジャパン)
岩盤などに浮いたバスをねらった。数あるハネモノのなかからダッジを選んだ理由は、フロントフックとリアフックのクリアランスが広いため。

木村「ダッジはフックを大型化できるのが魅力。純正のフェザーフックを外してピアストレブルブルータルの#1/0(リューギ)に交換してました。アメリカで使うルアーのセッティングは、食わせとかよりも『いかにバスのいるところまでルアーを届かせるか』『いかに掛けたバスをバラさないか』に重きを置きます」

ロングA(ボーマー)
ボーン素材でヒートン仕様のオールドモデルを使用(写真は現行タイプ)。理由は浮力が高く、表層で使えるから。フロントのフックを小さめの#6に変更し(真ん中、リアは#4)、浮き姿勢を調整。さらにナイロンリーダー+PEラインというセッティングで水面直下をただ巻きで引いてくる。水面にルアーのシルエットを反射させるねらいも。もともとクロームカラーだったものの塗装を剥がして使用した。少しでも浮力を上げるためだ。

木村「この釣りはオールドボーマーのボーンモデルじゃないとできません。現行のものでは無理です。アメリカではけっこう定番の釣りですが、日本でドハマりするシチュエーションはあまりないかな」

バスターク(デプス)
風が吹くことによって形成されたマットカバーで使用。2日目はこの釣りで3Lbオーバーのグッドラージをキャッチ。マットカバーはルアーの存在を曖昧にしてくれるため、積極的に利用した。

◆関連記事
B.A.S.S.セントラルオープン第2戦 日本生まれのトップウォーターが大活躍!
B.A.S.S.セントラルオープンとは? 2019年第1戦~第3戦を振り返る 


Basser2019年12月号 10月26日発売! 001_335
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。

 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。

 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。






2019/10/30

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。
 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。
 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING