サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

B.A.S.S.セントラルオープンとは? 2019年第1戦~第3戦を振り返る 

運命の最終戦が明日開幕! 日本人選手のエリート昇格可能性は?

サイト・ビー=まとめ
ito-day2-4a

日本人選手8名がエリートシリーズへの昇格を目指して参戦しているセントラルオープン


 8名の日本人選手が出場して話題になっている今シーズンのB.A.S.S.セントラルオープン。

 現在4試合中3試合が終了し、年間ポイントランキングでは伊藤巧選手が暫定4位、青木大介選手が8位につけています。その順位が確定する最終戦がいよいよ現地時間の9月12日~14日の日程で開催されます。

 注目の1戦の前に、B.A.S.S.のオープン戦についておさらいしておきましょう。

img-212144111-0001 今期B.A.S.S.オープンの見所やトーナメントレギュレーション等はBasser2019年3月号でも詳報しました

 米国のトーナメント団体「B.A.S.S.」が主催するオープン戦は、イースタン地区とセントラル地区にわかれたふたつのシリーズがあり、今シーズンはそれぞれ4戦が開催されます。

 オープンシリーズの年間上位者が米国でもっとも伝統と格式のあるB.A.S.S.バスマスターエリートシリーズへの出場権を得る仕組みです。

■セントラルオープンに出場している日本人選手と暫定年間順位
伊藤巧  4位
青木大介 8位
加藤誠司 13位
伊豫部健 18位
北嶋一輝 19位
北大祐  29位
片岡壮士 30位
木村建太 32位
松下雅幸 57位

 前述のとおり、あと1戦を残しての年間ランキングでは伊藤巧選手が527ポイントを獲得して暫定4位、青木大介選手が509ポイントで8位につけています。

ito-day2-2
aoki805-4
◆詳しいランキングはB.A.S.S.の公式サイトで見ることができます

 エリートシリーズへの出場資格を確実に得られるのは5位でフィニッシュした選手まで。発売中のBasser2019年10月号では、米国トーナメントを取材してくれている雨貝健太郎記者が、最終戦で何位を目指せば出場資格を自力で獲得できるのかを予想しています。詳しくは誌面をご覧いただきたいのですが、それによれば伊藤選手は28位以上、青木選手は10位以上を目指せば昇格が見込めるとのこと。

 また、他の選手にはまったくチャンスがないかというとそうではないようです。公式には発表されていませんが、来期のエリートシリーズでは選手数が増員されるのではないかという予測もあります。そうなればオープン戦からの出場枠が拡大され、30位前後から追いかけている選手にもチャンスが回ってくるのではないかというのが同記者の見立てです。

 最終戦の舞台はオクラホマ州グランドレイク。ネオショー川水系のローランドリザーバーです。季節の移り変わりを見極めて、バスのポジションを追いかけられるかどうかがキーになります。

 どの選手にとっても重要な1戦です。日本からも大きな声援を送りましょう!

2019年のセントラルオープン第1戦~3戦振り返り

第1戦 ルイジアナ州トレドベンドリザーバー 2月20~22日

ito-day1-5
 プリスポーン期に開催されたローランドリザーバー戦は、ホワイトのクリスタルSをスローロールさせた伊藤選手が準優勝! さらに5位に片岡選手、8位に伊豫部選手がつけシングルフィニッシュが3名、そして北選手がビッグフィッシュ賞を獲得!

◆関連記事
2019年B.A.S.S.セントラルオープン第1戦結果速報!
伊藤巧のB.A.S.S.挑戦記 セントラルオープン準優勝の舞台裏
[動画]青木大介、セントラル開幕戦を振り返る

■詳細記事掲載:Basser2019年5月号


第2戦 アラバマ州ルイススミスレイク 4月25~27日

kimken-lure-3
 スポッテッドバスが多く生息するルイススミスレイクで開催された第2戦。数がねらえるスポッテッドバスは比較的リミットメイクが容易な反面サイズが小さく、いかにラージのキッカーを混ぜるかが上位入賞のカギになりました。そんななかスイムジグをメインに使った木村選手が7位入賞! 初日にボートトラブルに見舞われた伊藤選手も執念で8位に入賞しました。この試合で伊藤選手は年間ランキング暫定1位に。参戦1年目の日本人選手の活躍は現地でも大きな話題になりました。

【速報】2019年B.A.S.S.セントラルオープン第2戦が終了!
B.A.S.S.セントラルオープン第2戦 決勝の日本人3選手のメインルアー
伊藤巧のB.A.S.S.参戦記 セントラル2戦を終え年間レース暫定首位!

■詳細記事掲載:Basser2019年7月号


第3戦 ウィスコンシン州ラクロス 8月1~3日

aoki805-7
 ラクロスはミシシッピ川上流の3つの貯水区からなるエリア。ラージとスモールをねらいわけることが可能なフィールドですが、開催直前から急激に下がり続けた水位変化が選手たちを翻弄しました。そんななか存在感を見せつけたのが青木選手。クリークの本流側に面した水通しのいいエリアでサマーパターンの魚をテキサスリグでねらい、4位入賞を果たしました。

2019年B.A.S.S.セントラルオープン ミシシッピリバー戦最終結果速報
青木大介のB.A.S.S.挑戦記 第7回 4位入賞! ミシシッピリバー戦のメインルアー
伊藤巧のB.A.S.S.挑戦記 :第5回 暫定1位でのぞんだ第3戦「凌ぎのミシシッピ」

■詳細記事掲載:Basser2019年10月号


Basser2019年10月号 好評発売中! hyo1
表紙をクリックすると試し読みができます

 小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
 たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
 また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
 青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。







2019/9/11

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2020年1月号

NEW WINTER GAMES 十人十色10の法則

メタルバイブ、シャッド、ダウンショット……。冷え込む時期はこれらのルアーたちが主役になりがちです。
ですが温暖化の影響もあってか、近年の冬は以前ほど寒く感じないことが多くなってきたように感じます。そんな冬を楽しく釣るための最新テクニックを特集しました。
三原直之さんのビッグスプーン&ビッグベイトに始まり、北大祐さんのウインタークランキング、山岡計文さんの新テクニック・ホバストなど、目を引く記事が満載。読めば、「冬の釣り」のイメージが変わり、これまでにない釣果を手にできるはずです。
「冬になるとなかなか釣れない」「いつも同じようなルアーを使っている」、そんな悩みを持つすべてのアングラー必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING