サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

B.A.S.S.セントラルオープン第2戦 決勝の日本人3選手のメインルアー

日本生まれのトップウォーターが大活躍!

サイト・ビー=まとめ
kimken-lure-1aこの記事の写真はすべて選手本人から提供していただいています

B.A.S.S.セントラルオープン第2戦ではトップ12が進出する決勝に3名の日本人選手が残りました。ボーターの木村建太選手、伊藤巧選手、そしてノンボーターの北畠蘭知亜選手です。

basscoday3 B.A.S.S.公式サイト

最終的に木村選手は7位、伊藤選手は8位、北畠選手はノンボーター部門12位でフィニッシュ。

◆速報はこちら
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/2019bass-central2-day3sokuhou

3選手とも試合直後に連絡が繋がりました。この記事では3選手のメインルアーを紹介します。

◆木村選手 kimken-lure-1
木村選手のメインルアーはスイムジグ。
コンツアージグ3/8ozにパワーウィグラー3.5inの組み合わせが3日間を通じて軸になりました。
そのうえで、初日はロングAの水面直下引きでもキャッチ。ロングAはオールド品でボーン素材。写真を見る限り、塗装を剥いだ後がありますね。浮力の強さを生かしてウェイキングさせたと思われます。
2、3日目はバスタークでシャローカバーを探ってラージをねらいました。
そして、3日目は岩盤のダッジでも釣ったようです!
基本的に各支流の流れが強くなるエリアがメインだったようです。

kimken-lure-3
kimken-lure-4
kimken-lure-5
◆伊藤選手 ito-lure-1
初日のメインパターンはフラチャット18g&レディーバランスでした。しかし、エンジントラブルによるタイムロスを受け揃える釣りにシフト。結果、初日に釣ったのは5inヤマセンコーのヘビダンと3inファットヤマセンコーのダウンショット。

2日目のメインはクロステールシャッド4inの70cmリーダー5gダウンショット。カワシマイキーとボルケーノグリッパー1/2oz &レディーバランスを岩盤際で高速巻きするパターンも行ないカワシマイキーでキッカーをキャッチ!

最終日はまずクロステールシャッド4inのロングリーダー5gダウンショットで2尾をキャッチ。本湖の5mレンジを、スポーニングエリアの手前で浮いてるスポッツのメスねらいで探りました。その後、岩盤際にスレンダーグラブのテールカット仕様のジグヘッドワッキーを落とす釣りで3尾を獲りリミットメイクしたようです。

ito-lure-2
ito-lure-3
◆北畠選手 lancia-lure-3
ノンボーターの北畠選手はグリマーでかなりのキーパーを釣りました。最終日はダッジでもキャッチ! プラからダッジで手ごたえを得ていたようです。

lancia-lure-2

B.A.S.S.のオフィシャルフォトレポートでも最終日の戦いぶりが紹介されています。バスプロではない北畠選手の活躍にも胸が熱くなりますね!

B.A.S.S.セントラルオープンとは?

Basser2019年3月号でお伝えしているとおり、2019年は多くの日本人選手がアメリカのトーナメントに挑みます。
なかでも最多の日本人選手が参加するのがB.A.S.S.セントラルオープン。
オープンシリーズはエリートシリーズの下部カテゴリーという位置付け。
年間上位がエリートへの昇格権を得る仕組みです。
セントラルオープンに参加する日本人は青木大介選手、伊藤巧選手、伊豫部健選手、片岡壮士選手、加藤誠司選手、北大祐選手、北嶋一輝選手、木村建太選手、松下雅幸選手。
第2戦は4/25-27。アラバマ州ルイススミスレイクが舞台。
魚種はラージマウスとスポッツ。キーパーは15in。
選手たちはスポーン~ポストスポーンのバスをねらうことになるのではないか?
というのが日程が発表されたときの大方の読みでした。

img-212144111-0001 トーナメントレギュレーション等は発売中のBasser2019年3月号で詳報しています


 
水辺へ行こう。一緒に釣りしよ。

表紙をクリックすると試し読みができます


 今号は、私たちが友人、子ども、家族の先生となって一緒に釣りを楽しむための特集です。
 たとえば、近年の学校では「友だち同士で水辺に近づかない」と教育されます。つまり、大人たちが積極的に水辺に連れ出さないかぎり、子どもたちが自分から釣りに親しむようになることはほとんどありません。
「バス釣り」という素晴らしい遊びをもっと多くの人に知って楽しんでもらうために、まず私たちに何ができるのか。その方法を一冊にまとめました。
 鬼形毅さんは、自分の子どもを釣りにのめり込ませる方法を教えてくれます。
 そのほか、釣りへの導入としてのガサガサの楽しみ方や、釣り掘りの上手な利用の仕方、オススメのタックルや初心者でもバスをキャッチしやすいルアーカタログなど、5月の連休に読者の方が誰かにとってのよき「先生」になるためのヒントが満載です。
 また、国内外の熱いトーナメントレポートも見逃せません。
 BPTの設立とそれに伴う主要選手の大量流出を受け、トップレベルのトーナメントアングラーが集うのは今回が最後になる可能性が高いバスマスタークラシック。その節目の大会を制したオット・デフォーの戦略と、クラシックの行く末とは……。
 日本国内ではJBTOP50が開幕。サイトの達人である三原直之さんと山岡計文さんの手に汗握る一騎打ちのもようを掲載。また、W.B.S.やTBCなどのウイニングパターンも必見です。





 

2019/4/28

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING