サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

明日開催! 2019 THE WILD CARD霞ヶ浦戦選手紹介

出場選手16名のプロフィールを紹介

サイト・ビー=まとめ
wc2018main-2
 先日の七色ダム戦に引き続き、明日7月26日は2019Basser Allstar Classic THE WILD CARD霞ヶ浦戦が開催されます。
 このトーナメントは、10月に開催予定のBasser Allstar Classic2019年大会の予選会という位置付け。メーカーやトーナメント団体の推薦を受けた18名の選手が出場し、優勝者がオールスター本戦の出場枠を勝ち取ります。
 競技の模様はBasser公式ツイッターで速報していきますので、ご注目ください!


EASTERN DIVISION 茨城県・霞ヶ浦 出場選手

安達 真秀(あだち・ましゅう)
推薦:O.S.P
ボートとオカッパリ両面で霞ヶ浦に精通するエキスパート。キャスティング神栖店に勤務しつつ、JB霞ヶ浦に参戦中。


市村 修平(いちむら・しゅうへい)
推薦:デュエル
JB TOP50で活躍する北陸の雄。2017年は年間2位を獲得し、今年度はJBマスターズで年間暫定トップと、その存在感を増してきている。エンジンのプロスタッフとしてロッドやルアーの開発も手掛ける。


上杉 真琴(うえすぎ・まこと)
推薦:SABUROKU
「hair make faith」の代表を務めるカリスマ美容師であり、W.B.S.トーナメントで活躍するプロアングラー。


内山 幸也(うちやま・ゆきなり)
推薦:ダイワ
フロッグやパンチングなどの豪快なフィッシングスタイルが身上のハイテンション・アングラー。陽気なキャラクターで人気を博すが、実は過去にJBマスターズやB.A.S.S.オープンシリーズで好成績を残している本格派。


江尻 悠真(えじり・ゆうま)
推薦:ism
JBマスターズやW.B.Sで活躍する若手アングラー。霞ヶ浦をホームとし、隙のないフィッシングスタイルで安定した成績を残す。


蛯原 英夫(えびはら・ひでお)
推薦:Basser(2018年THE WILD CARDウイナー)
「霞の剛腕」の異名をとるW.B.S.プロ。同団体で優勝、年間優勝、クラシック制覇など数々の栄冠に輝いている。精度の高いカバー撃ちが持ち味で、剛腕のイメージとは裏腹に、スモラバやノーシンカーなど繊細な釣りも得意。


大高 哲也(おおたか・てつや)
推薦:BASS BRIGADE
JB桧原湖やJB霞ヶ浦に参戦するトーナメントアングラー。2017年4月のJBⅡ霞ヶ浦第1戦で優勝。


小田島 悟(おだじま・さとる)
推薦:BMC
BMCやW.B.S.で活躍する霞ヶ浦のベテランシャローマン。精密なカバー撃ちを武器にW.B.S.では2018年第2戦で優勝しているほか、2013年の初戦と第3戦、2015年の初戦と第2戦を優勝しそれぞれの年のAOYを獲得。


草深 幸範(くさぶか・ゆきのり)
推薦:昭和電機
W.B.S.のグランドスラマー。オフショアの釣りからシャロー撃ちまで幅広くこなす。主な戦績は2012年、2017年AOY、2004年、2014年プロクラシック優勝、2017年ジャパンオープン優勝など。


黒田 健史(くろだ・けんし)
推薦:シマノ
JB TOP50に参戦しつつ、長良川や浜名湖でフィッシングガイドを営む。琵琶湖チャプターやJB津風呂湖でAOY獲得経験あり。2017年にはマスターズ野尻湖戦で優勝。


篠塚 亮(しのつか・りょう)
推薦:レイン
JB TOP50に参戦。フィールドタイプに苦手のない万能型アングラー。主な戦績は2018年TOP50第2戦北浦優勝、2009年TOP50第5戦桧原湖優勝、2015年JB霞ヶ浦年間チャンピオン獲得、2013年ジャパンスーパーバスクラシック(北浦)優勝など。
shinotsuka

高山 陽太郎(たかやま・ようたろう)
推薦:釣り吉ホルモン
JB TOP50に参戦。千葉市のルアーショップ、フィッシングガレージ・ブラックに勤務。あらゆる釣りをバーサタイルにこなせるのが強みの選手。


竹内 一浩(たけうち・かずひろ)
推薦:O.S.P
O.S.Pプロスタッフ。利根川のトーナメント団体「TBC」で昨シーズンは年間ランキング準優勝。シャローねらいの強い釣りを得意とする。


千葉 恒太(ちば・こうた)
推薦:BMC
霞ヶ浦・利根川を中心に活動するトーナメント団体「BMC」の取りまとめ役。面倒見のよい兄貴肌で、年間優勝7連覇を達成するなど輝かしい成績を残している。


平本 直仁(ひらもと・なおひと)
推薦:W.B.S.
W.B.S.とJB霞ヶ浦に参戦するトーナメントアングラーでティムコプロスタッフ。2018年W.B.S.第5戦ではシャロー撃ちと浚渫という両極の釣りで優勝。そのことからもわかるように引き出しの多さが持ち味の選手だ。


村川 勇介(むらかわ・ゆうすけ)
推薦:デュエル
W.B.S.で活躍する「霞ヶ浦ダンディー」。2011年にAOYを獲得。Basser Allstar Classic本戦では2012年、2013年の2年連続準優勝。サラリーマンとの2足のわらじで奮闘中。
66847161_2256953277674617_7039911887357607936_n

◆2019 THE WILD CARD七色ダム戦の結果はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/2019bacwc-nanairo-result

◆Basser Allstar Classic特設ページはこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/allstarclassic/

2019/7/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。
 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。
 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING