サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD旧吉野川戦・高梨洋平選手のフットステップ

スモラバとネコリグをメインに粒ぞろいの3尾をウエイイン

片桐聡一=レポート、サイト・ビー=まとめ
2018年7月24日(火)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・WESTERN DIVISION旧吉野川戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


高梨 洋平選手


img_2011

6:11
■旧吉・今切の分岐点下流(旧吉側右岸)
ブッシュでファーストキャスト。

6:32 
ヒット。推定600g。
小さな流れ込みでヒット。
「水は動いてないですけどね」

still0730_00012
still0730_00015
ヒットルアーはダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。

03takanashi01

7:00 
■三ツ合橋下流左岸
「先日の大雨でプラ時は水温20℃。今日は水温は上がった(魚探読みで26.6℃)けど夏っぽくない。流れが当たる場所の裏側をやっていく」
ラバージグとホッグ系ワームのテキサスをローテしながらカバーを撃つ。
オープン気味な場所にはフラッシュストレート5.8in(1.2gネコリグ)。
要所要所でNZクローラーも投入。

still0730_00003

7:23
■JR高徳本線下流左岸

「景気いい選手は釣ってんだろうなぁ」


7:30
■JT対岸

「わりと流れてるな。だったら下流でいい」


7:52
■三ツ合下流

「けっこう流れてますね」

8:25 
「根掛かってほしくない所で引っ掛かったな……」
リズムが良くない。


8:44 
■共栄橋上流右岸
ブッシュと倒木、流木が絡むストレッチ。

「涼しいなぁ。こんな涼しくていいのかな?」
風が吹くと思っていたよりも体感気温は低い。

9:02 
張り出した流木(倒木?)でバイト、巻かれてバラす。

ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。

「やっちゃった」

9:08 
同場所の奥、ブッシュでヒット。
推定1kgをキャッチ(検量の結果、約1200gで最大の魚)。

still0730_00029
still0730_00042
ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。

「水温も水温なんで、いろんなバスがいる。決めつけずにやっていきます!」


9:22 
■共栄橋下流左岸(沈船)
「今のところ、いかにもって場所でしか反応がない。そういう所をランガンしたほうがいいのかな?」

沈船から上流に向かって撃ちたかったようだが、先行していた選手がこちら方面へと流してきたので、すぐに移動。対岸へ。

9:28

「流れが弱まってる気が…」

9:45 
再び沈船側に入る。

9:51 
アシでバイト。
「700gぐらい。食って逃げていくのが見えた」

ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。


9:58
■共栄橋橋脚

10:08 
ヒット、推定800g。
共栄橋右岸寄り、橋脚に絡む流木。

「思った所で魚の反応が得られるようになってきましたね!」

巻かれないよう、スプールを押さえて多少強引にファイト。ラインはガノアアブソルート4Lb。

still0730_00048
still0730_00056

ルアーはフラッシュストレート5.8in(1.2gネコリグ)。

03takanashi02
10:25 
ショートバイト。
フラッシュストレート5.8in(1.2gネコリグ)。
魚が浮いてきたような気がすると言い、フラッシュストレート5.8inの1.2gジグヘッドワッキーも使い始める。


10:37 
■共栄橋上流右岸
キロフィッシュが釣れた場所に入り直し。


10:52 
■三ツ合下流

11:02 
ヒット、ノンキー。

抜きあげた瞬間、「どうみてもノンキーですね」。

still0730_00063
ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。


11:38
■JR高徳本線
ライブウエルが不調なのでバッカンで水を汲んで給水。ポンプのオーバーヒート?

still0730_00072
11:50 
バイト。

11:54 
ライギョがヒット。
「ライギョだ! 初めて釣った!」と嬉しそう。
「あ、そっか……。ネットないんですね(ルールで禁止)」
ジグを摘まめる位置にフッキングしていたので、すんなりリリースできた。

still0730_00076

12:03
■導水管
「5kgないと勝負にならない。あと2匹、できれば3匹!」(600gを入れ替えたい)
「残り時間、やること絞ります」

still0730_00020
TOP50ではスコアを尻上がり(初日より2日目、3日目)にしてきた高梨選手。
「ワンデイの試合はキツいな」と。
「ちなみに、唯一2日目にスコアを落としたのは地元の桧原湖なんです」とのこと。


12:54
■共栄橋下流右岸
やりたい場所に金森選手がいたので、手前のこの場所で様子見。


13:05
■馬詰橋上流のリップラップ

「(先行者がいても)人が変われば食うこともあるから」


13:16
■共栄橋上流右岸

「ランガンですね。迷走です……」


13:24
■三ツ合橋下シェード右岸
ショートバイトあり。ボイルも起こった。
本当は会場より下流に行くつもりだったが、橋脚があいていたのと、残り時間との兼ね合いも考えてここをラストエリアに。

13:29 
帰着。
「けっこう釣れてるんだろうなぁ……」
バラシやショートバイトを悔やむ。


高梨 洋平選手の成績
3尾2814g……3位

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2018年10月号で詳しくレポートします!






  

2018/8/14

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年2月号

第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編

前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集!
  10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県!
  折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。
これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。
このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

ボートを降りてもトッププロ半端ないって!
  テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。 B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、 26ページの大ボリュームでお届けします!
  年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING