サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

THE WILD CARD旧吉野川戦・高梨洋平選手のフットステップ

スモラバとネコリグをメインに粒ぞろいの3尾をウエイイン

片桐聡一=レポート、サイト・ビー=まとめ
2018年7月24日(火)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・WESTERN DIVISION旧吉野川戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


高梨 洋平選手


img_2011

6:11
■旧吉・今切の分岐点下流(旧吉側右岸)
ブッシュでファーストキャスト。

6:32 
ヒット。推定600g。
小さな流れ込みでヒット。
「水は動いてないですけどね」

still0730_00012
still0730_00015
ヒットルアーはダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。

03takanashi01

7:00 
■三ツ合橋下流左岸
「先日の大雨でプラ時は水温20℃。今日は水温は上がった(魚探読みで26.6℃)けど夏っぽくない。流れが当たる場所の裏側をやっていく」
ラバージグとホッグ系ワームのテキサスをローテしながらカバーを撃つ。
オープン気味な場所にはフラッシュストレート5.8in(1.2gネコリグ)。
要所要所でNZクローラーも投入。

still0730_00003

7:23
■JR高徳本線下流左岸

「景気いい選手は釣ってんだろうなぁ」


7:30
■JT対岸

「わりと流れてるな。だったら下流でいい」


7:52
■三ツ合下流

「けっこう流れてますね」

8:25 
「根掛かってほしくない所で引っ掛かったな……」
リズムが良くない。


8:44 
■共栄橋上流右岸
ブッシュと倒木、流木が絡むストレッチ。

「涼しいなぁ。こんな涼しくていいのかな?」
風が吹くと思っていたよりも体感気温は低い。

9:02 
張り出した流木(倒木?)でバイト、巻かれてバラす。

ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。

「やっちゃった」

9:08 
同場所の奥、ブッシュでヒット。
推定1kgをキャッチ(検量の結果、約1200gで最大の魚)。

still0730_00029
still0730_00042
ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。

「水温も水温なんで、いろんなバスがいる。決めつけずにやっていきます!」


9:22 
■共栄橋下流左岸(沈船)
「今のところ、いかにもって場所でしか反応がない。そういう所をランガンしたほうがいいのかな?」

沈船から上流に向かって撃ちたかったようだが、先行していた選手がこちら方面へと流してきたので、すぐに移動。対岸へ。

9:28

「流れが弱まってる気が…」

9:45 
再び沈船側に入る。

9:51 
アシでバイト。
「700gぐらい。食って逃げていくのが見えた」

ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。


9:58
■共栄橋橋脚

10:08 
ヒット、推定800g。
共栄橋右岸寄り、橋脚に絡む流木。

「思った所で魚の反応が得られるようになってきましたね!」

巻かれないよう、スプールを押さえて多少強引にファイト。ラインはガノアアブソルート4Lb。

still0730_00048
still0730_00056

ルアーはフラッシュストレート5.8in(1.2gネコリグ)。

03takanashi02
10:25 
ショートバイト。
フラッシュストレート5.8in(1.2gネコリグ)。
魚が浮いてきたような気がすると言い、フラッシュストレート5.8inの1.2gジグヘッドワッキーも使い始める。


10:37 
■共栄橋上流右岸
キロフィッシュが釣れた場所に入り直し。


10:52 
■三ツ合下流

11:02 
ヒット、ノンキー。

抜きあげた瞬間、「どうみてもノンキーですね」。

still0730_00063
ダイレクションジグ3.5g+アバカスシャッド3.3in。


11:38
■JR高徳本線
ライブウエルが不調なのでバッカンで水を汲んで給水。ポンプのオーバーヒート?

still0730_00072
11:50 
バイト。

11:54 
ライギョがヒット。
「ライギョだ! 初めて釣った!」と嬉しそう。
「あ、そっか……。ネットないんですね(ルールで禁止)」
ジグを摘まめる位置にフッキングしていたので、すんなりリリースできた。

still0730_00076

12:03
■導水管
「5kgないと勝負にならない。あと2匹、できれば3匹!」(600gを入れ替えたい)
「残り時間、やること絞ります」

still0730_00020
TOP50ではスコアを尻上がり(初日より2日目、3日目)にしてきた高梨選手。
「ワンデイの試合はキツいな」と。
「ちなみに、唯一2日目にスコアを落としたのは地元の桧原湖なんです」とのこと。


12:54
■共栄橋下流右岸
やりたい場所に金森選手がいたので、手前のこの場所で様子見。


13:05
■馬詰橋上流のリップラップ

「(先行者がいても)人が変われば食うこともあるから」


13:16
■共栄橋上流右岸

「ランガンですね。迷走です……」


13:24
■三ツ合橋下シェード右岸
ショートバイトあり。ボイルも起こった。
本当は会場より下流に行くつもりだったが、橋脚があいていたのと、残り時間との兼ね合いも考えてここをラストエリアに。

13:29 
帰着。
「けっこう釣れてるんだろうなぁ……」
バラシやショートバイトを悔やむ。


高梨 洋平選手の成績
3尾2814g……3位

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2018年10月号で詳しくレポートします!






  

2018/8/14

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING