サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD霞ヶ浦戦・清水 綾選手のフットステップ

午前中は新利根川、正午からは本湖東岸でリミットメイク

金井敏=レポート、サイト・ビー=まとめ

2018年7月27日(金)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・EASTERN DIVISION霞ヶ浦戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

清水 綾選手


プレスコメント:
霞ヶ浦のロコトーナメント団体、BMCから参戦の清水選手。BMCのトーナメントでは、常に上位にランクインする凄腕アングラーである。その清水選手が選んだファーストポイントは、新利根川中流域!
スタート(土浦新港)からファーストキャストまでは、275馬力20フィートのバスボートでも1時間半もかかる場所である。リスクは承知だが、それだけ霞ヶ浦本湖が釣れていないことと、新利根川のポテンシャルを感じていたようだ。


7:15
■新利根川中流域
ファーストエリアに到着。しかしエレキが動かないトラブル。3分で修理。

0603
釣り開始して数投でバックスライドにバイトあり!
そのまま釣り続ける。

テキサス、バックスライド、ヘビダンをローテーションしなが釣っていく。

「昨日と比べ水温が4度も低い」

8:40
小移動。
アシ際に投げたバックスライドでノンキーパーをキャッチ。
もう一度ファーストエリアに戻って再度流す。

9:04
ヘビダンにファーストフィッシュ!
「500gぐらいかな? 明らかにプラで見ていた魚と違う。こんなに小さいの釣れなかったよ……」

0840
水深のあるシャローをテキサス、バックスライドで撃ちながら川を下る。

10:02
テキサスにバイト。乗らず……。

10:08
ルアーを4inヤマセンコー(ノーシンカー)にチェンジ。
すぐ答えが帰ってきた。

0950
アシ際に投げたセンコーに約900gがヒット。

0951
07shimizu03
「やっと2本目だ」

「太陽が出ないよ……。これから、巻きかえせるか」

10:13
2尾目と同じくアシ際に投げたセンコーに3尾目。
「500gぐらいかな。リミットメイクまで後2本」

11:00
ノンキーパーをキャッチ。

小移動。

11:10
4尾目。約300gをキャッチ。

1104
「小さいけどキーパーあるよ」

直後にまたバイト! でもノンキーパー……。

新利根川から出ることを決断。


12:10
■境島に移動
少し探るが反応はなく、「私らしい場所で勝負するよ」とすぐに移動。


12:28
■東岸エリア(干拓のテトラより南)
リミットメイクまでが遠い。

12:44
杭に投げたバックスライドで約1000gをキャッチ!

1235
「でも、小さいの入れ替えないとね」
移動。


13:10
■東岸エリア(干拓のテトラより北)

移動が大正解。

杭にキャストしたバックスライドに約600gがバイト!
入れ替えに成功。

1309
「キッカーが欲しいね」

13:40
西浦(土浦新港)に戻る途中、船尾のタロン(ポール式のアンカー)が外れそうになり崎浜で止まり素早く処置。
その後、西浦の沖にある杭でギリギリまでねばる。

1326
13:55
ストップフィッシング。


清水 綾選手の成績
5尾3790g……7位

表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、


2018/9/6

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING