サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD旧吉野川戦・西島 高志選手のフットステップ

水門に流れが生じた一瞬のタイミングをとらえた

増田善孔=レポート、サイト・ビー=まとめ
2018年7月24日(火)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・WESTERN DIVISION旧吉野川戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

西島 高志選手




6:11
■北島応神橋
橋の上流左岸、下流左岸の水門を探る。
ルアーはレアリス・スピンベイトとファットイカ。

0613
6:40
水門でヒット! 32㎝のナイスキーパー。
水門には昨日はなかった流れができていた。

0637
0638
「32㎝でもシビれた!」

12nishijima
ヒットルアーはバギークローのノーシンカー。

7:00
水門の流れが止まる。

「流れが欲しい!」

7:08
下流左岸の水門へ移動。

0702
7:20
右岸へ移動。

7:30
アシ際をフロッグで探っているとチェイスがあった。

0721
8:00
ヒットした水門へ戻る。


8:30
■三ツ合堰跡
アシ際をダウンショットリグ、ノーシンカーリグでチェック。
下流側でアタリあり。


9:00
■新高橋上流左岸
ノーシンカー、フロッグでチェック。


9:30
■共栄橋左岸
あえて陽の当たっている面を探る。

0931

10:30
■市場橋下流右岸
アシ際を探る。
「参ったなぁ……」とひと言。


11:10
■三ツ合堰跡下流


11:40
■市場橋下流右岸
再び30分前のエリアに戻る。

「ダメだー!!」


12:00
■北島応神橋下流水門
1尾目をキャッチした水門へ。

1202
1240

13:00
■共栄橋付近
テトラを撃つ。
「もう、これでやりきるしかないな!」


13:50
■スロープ対岸
ラスト10分。本部対岸でギリギリまで粘るがタイムアップ。

1353

西島 高志選手の成績
1尾503g……12位



 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、


2018/8/27

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING