サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD霞ヶ浦戦・村川 勇介選手のフットステップ

ノーシンカー・バックスライドで水面下50㎝を重点的に探った

新名友和=レポート、サイト・ビー=まとめ

2018年7月27日(金)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・EASTERN DIVISION霞ヶ浦戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

村川 勇介選手


5:40
01
いざ出船!
「優勝しないと意味ない」と力強いお言葉。
今日は自分のインスピレーションを信じて行動するとのこと。


5:45
■美浦エリア
●フォールクローラー5in(1/16ozスナッグレスネコリグ)


5:58
■一の瀬川河口
●フォールスライダー(ノーシンカーバックスライドセッティング)

02
「今日は夏の釣りをする」
そう言って日陰を探ると……。

6:06
03
ヒット!
1尾目をキャッチして思わず出たガッツポーズ!

05
「マンモスうれピー!」
ヒットルアーはフォールスライダーのノーシンカーバックスライドセッティング。

09murakawa
2尾目をねらい丁寧にキャスト。
水面下50cmまでの表層を丹念に探っていると……。

06
7:08
2尾目をキャッチ!

07
「夏よ戻って来い!」
同じくフォールスライダーのバックスライドセッティング。
夏の釣りとは、「水の流れのいいところ」「日陰」がキーワード。
そのスポットで縦のストラクチャーをねらうとのこと。


8:57
■麻生エリアの杭群
●フォールクロー2.5in(3/16ozヘビダン)
縦のストラクチャーをねらい3尾目ゲット!

08
「ベクサスボートをよろしくね~」

3尾目をゲットし意気揚々と移動。

「水分とってる?」とプレスにお気遣いもいただきました。

09

9:25
■洲ノ野原
●フォールスライダー(バックスライド)、フォールクロー3.5in(3/16ozテキサスリグ)

10

10:30
■麻生エリアの杭群
●フォールクロー2.5in(3/16ozヘビダン)


11
3尾目以降、2尾をキャッチできたもののいずれも30cm(キーパーサイズ)未満……。
根掛かりも頻発。
その悪い流れを断ち切るために2尾をキャッチした一の瀬川へ。


11:45
■一の瀬川
●フォールスライダー(バックスライド)
この河川は入口が浅く、川筋は深くなったりまた浅くなったりという変化があり好条件とのこと。
「4本目がなんとしてでも欲しい~」

午前中とは雰囲気、流れが変わりバイトもこない。
移動も考えていると……。

12:05

13
念願の4尾目を気合のキャッチ!
しびれます。


13:41
■田村エリア
●フォールクロー2.5in(3/16ozヘビダン)

その後ポイントを移動し5尾目をねらったものの、無念のタイムアップ……。

14
プレスコメント:
私が普段楽しんでいるのは海釣りで、淡水の釣りと言えば小学生の時にブルーギルを釣ってよころんでいた程度だったのですが、プレスアングラーとして「霞ヶ浦ダンディー」こと村川勇介選手に同乗させていただきました。
初のバスボート搭乗でしたが村川選手は競技前にもかかわらず私の緊張をほぐしてくれました。
結果は3480gで9位。
「結果を出せず申し訳ない……」とお話しされていましたが、「霞ヶ浦ダンディー」の名前は伊達ではありませんでした。戦略、技術、気合など私のレジャーフィシングとはかけ離れた世界を見せていただけました。
村川勇介選手、すごくかっこよかったです。お疲れ様でした!


村川 勇介選手の成績
4尾3480g……9位

表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、



2018/9/10

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING