サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

THE WILD CARD霞ヶ浦戦・南 一貴選手のフットステップ

リアクションねらいのダウンショットで1㎏フィッシュをキャッチ

山下誠必=レポート、サイト・ビー=まとめ

2018年7月27日(金)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・EASTERN DIVISION霞ヶ浦戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

南 一貴選手




6:05
■洲ノ野原 奥の真珠棚
●イールクローラー5.5in(7gヘビダン)
ラインはエクスレッド11Lbを使用。

14minami
当日は大潮。
「潮的に巻き物はダメ。フォールのストンと落とすリアクションで食わす。真珠棚の浅い所と深い所を順番に回る」

真珠棚の外側杭を1本ずつ撃ち始めて5分でファーストバイト。
バラシ。推定1000g。
「食いが浅かったか……」

0616
6:38
アタリあり。

6:44
1尾目をキャッチ。推定1000g。
真珠棚の杭、水深約90cmのスポット。

0642
0643
0644
笑顔で「取り戻したよ!! 浅い所にいるね」と気合のコメント。

ストレートワームのヘビダンを選んだ理由は「リアクションでしか反応しないから、ストレートワームでストンと落とすのが一番いい。クロー系のワームやリブがあるワームだと、水の抵抗を受けてスローに落ちてしまうから」

7:42
ノンキーパーをキャッチ。

0740
「サイズが小さくなってる……。プラにはいなかった」

8:04
さらに奥の真珠棚へ移動。
「水が良くないね~」


9:00
■古渡
●イールクローラー5.5in(1.8gネコリグ)
「風下で濁ってるけど、水悪くないね。本当は最初に入るつもりのポイントだった。数もサイズもまぁまぁいい」

0900

9:27
■小野川
●イールクローラー5.5in(1.8gネコリグ)
「昨日のプラで見つけたスポット。深さがあっていい感じ」

0933

9:44
■大山の水路
ヘビダン、ドノーシャッドをローテーション。
「プラでデカいのがいるのはわかった。あとは数のポテンシャルがどこまであるか。水は良さそう」

0952
水路をどんどん奥に攻めていく。風向きや天候が変わってしまったことから、「んー、狂ってしまったな~。どこで修正するか……。変化するけど、どう修正していくかやな~。真珠棚に戻っても、1個しかできんしな~。プランが脆すぎる!」と苦悩。

その後、水路の壁際をネコリグとドノーシャッドでローテーションしながら撃ち続ける。
ネコリグは1.3g~1.8gにウエイトチェンジ。

10:21 
痛恨のバラシ! ネコリグでスッポ抜け。
思わずボートに倒れ込む。

「うそ~! まじで~! でもおるな~。耐えろ! 耐え時や!」

11:04
移動。
「荒れてれば真珠棚、荒れてなければ対岸へ行く」


11:23
■洲ノ野原真珠棚
ヘビダンとジグをローテーション。
「深い側の魚のほうがデカい。霞ヶ浦はあの手この手でやってみる。自分の立てたプランを貫くか、新しい何かを見つけにいくか悩んでる……」

12:12
移動を決断。
「朝の3時間で釣れなかったのがきつい」


12:23
■牛掘のテトラ
●ランボルト120V
「潮的に良くないけど巻き物! 連発できるかも。プラでは3回通して不発だったけど、今日の風とローライトはプラにはなかった状況。可能性がないことはない」

1224

13:02
■天王崎 
●イールクローラー5.5in(1.8gネコリグ)
岬沖の杭をねらう。

13:10
バラシのあとノンキーパーをキャッチ。
「タテストはまちがってなさそうやけど、サイズが小さい!! プラでは出なかったサイズ……なんで?」


13:30
■沖宿のシャロー
●ドノーシャッド
「2年前のマスターズで5位に入ったポイント。悪あがき! シャローのエビを食いに来てるバスをねらう」

1349
13:50
ストップフィッシング。
帰着。


南 一貴選手の成績
1尾1195g……14位


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、


2018/9/18

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING