サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD旧吉野川戦・小林明人選手のフットステップ

ねらいをカバー外側から奥へシフトしてアジャスト!

安田周弘=レポート、サイト・ビー=まとめ
2018年7月24日(火)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・WESTERN DIVISION旧吉野川戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


動画も公開中! YouTube O.S.P公式チャンネルより

小林明人選手


6:05
フライト4番。
「フライト順位はあまり関係ないですね。早ければ早いに越したことはないですが。TOP50と違って人数が少ないから独特の緊張感があります」
上流へ向かう。


6:11
■三ツ合周辺
ドライブビーバー4in(テキサスリグ3g)。
アシ際をテンポよく探っていく。
「ここはバスが見える。いれば食う」
フォールさせた後、横にスイミングさせるアクション。


6:23
対岸の少し下流のブッシュへ移動。撃ちながら下流へ流していく。
橋の袂のゴミ溜まりでバイトあるもバラシ。
「なにやってんだよ」
HP3Dワッキー(ネコリグ)でフォロー。


7:07
■新広島橋の下流側
アシ際のシェードをねらいたかったのでこのストレッチに来た。
ドライブビーバー4inで探っていく。浮いているアシの上に乗せてから隙間に静かに落としていく。
ゴミ溜まりを見付けたらHP3Dワッキーを投入。
「絶対いるんだよな」


7:30
■広島橋下流右岸
浮きゴミが多いポイントでHP3Dワッキーを投入。


7:33
■空港大橋上流左岸
「だれもいなかったらいいけどな」
再びアシ際をねらう。
「カバーを撃っているが、ねらっているのはカバーについてる魚ではなく、外をうろうろしながら奥のエサを探している魚。が、まだ1匹も見えていない」
「きつい。1匹釣れれば楽になるんだけどな」
「インサイドにいるバスが外に出てきてフィーディングするタイミングをねらいたいから、シェードができるころ入り直します」


8:15
■高速橋下流右岸
軽くチェック。


8:33
■三ツ合周辺
軽くチェック。


8:39
アシ際を撃ちながら上流へ進む。
ドライブビーバー3.5in(エビミソブラック、テキサスリグ6g)にチェンジ。

01kobayashi
カバーの奥を探るためにドライブビーバー3.5inにし、ウエイトを重くした。
カバーの中を探っていく。

0831
8:46
1尾目キャッチ。推定800g。

1-2
オイルフェンスの奥側を撃っていたらバイト。
1尾釣れてひと安心したものの「奥にいる魚は小さい」。
ストレッチを上流に向かって流していく。

9:10
2尾目キャッチ。推定1,200g。

2-2
ゴミ下でバイト。
「プラではアウトサイドが調子良かったが、今日はカバーの中にいるようだ」

2-7
「プラのときにカバー奥で釣れた魚は真っ黒だったが、今日の魚は白い。新しく入ってきた魚だろう」
「カバー撃ちをやるときは、ドライブビーバー4inより3.5inのほうがやりやすいですね」

9:28
3尾目キャッチ。推定800g。
流れの当たる張り出したカバーで。

3-1
9:42
風が強くなってきたのでスピナーベイトを投げる。

9:50
「いたいた」
カバーについた魚を見つけキャストしたものの意図したところに入らず魚が逃げてしまう。
かなりショックだったようで、しばらく頭から離れなかったとのこと。

10:00 
4尾目キャッチ。550g。
JR高徳本線の高架の手前のアシ際にて。

4-2
0956

10:28
■川崎橋下流右岸
軽くチェック。


10:32
■川崎橋上流右岸
軽くチェック。


11:00
■鳴門藍住大橋下流右岸
プラクティスではいちばん確信のあるストレッチだった。
「良い水が下流にいったのかも?」


11:10
■三ツ合上流
2尾目が釣れたあたりへ入り直す。

11:19
ルアー着水と同時に魚が食い上げてきたが乗らず。

1115
11:29
もう一度同じストレッチを流すか、下流に大きく移動するかを悩みながら、一旦同じストレッチを下流に向けて流していく。

11:34
ドライブSSギル3.6inにチェンジ。
「SSギルはスライド幅が大きいので上を意識している魚にアピールしやすいです。ドライブスティックのノーシンカーもやったけど風が強すぎてコントロールできなかった」

アシ際で魚影を発見したがライギョだった。
「さっき見た魚はこれだったのかも?」

11:43
下流に行こうかな?と再び悩む。

11:48
5尾目キャッチ。400g。

5-2
ルアーはドライブビーバー3.5in(テキサスリグ6g)。
2尾目が釣れた少し下流のポイントをアシ撃ちしていたらバイト。

1145
「バイトしたときはもっと大きいかと思った」


12:14
■新広島橋下流左岸
「風が良い感じに当たっていて釣れそうです」
小さいアタリ。乗らず。
「ギルかもしれません」


12:49
■広島橋下流左岸
小さいアタリ。乗らず。

1246
13:00
「戻りましょう」


13:22
■三ツ合周辺
軽くチェック。


13:31
■三ツ合上流
「水が少なくなってきている。撃とうと思っていたところが撃てない」


13:40
■三ツ合下流
カバーを探る。

1324
13:50
帰着。


小林明人選手の成績
5尾4314g……優勝

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2018年10月号で詳しくレポートします!

2018/8/10

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING