サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD旧吉野川戦・加木屋 守選手のフットステップ

ネコリグとバックスライドをメインにカバー撃ち

赤澤史朗=レポート、siteB=まとめ
2018年7月24日(火)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・WESTERN DIVISION旧吉野川戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


加木屋 守選手


0636
10番スタート。昨日までのプラの流れを見て上流へ向かうプラン。
「上流に向かう選手が少ないな、いいポジションにほかの選手より先に入りたい」


6:15
■大正橋上流側
●野良ネズミ(ノーシンカー)
細かくキャスト。

6:30
●ネコフリック5.8in(ネコリグ)
「フナが入っている」

0657
2、3人同エリアに入ってきたためさらに上流に移動。


6:50
■ひのき橋手前。
「昨日のプラで揃えられた場所。ここで釣れなければプランを練り直す必要がある」
●野良ネズミ、ネコリグを交互にキャスト

7:00
●ネコフリック5.8in(ネコリグ)
「暑すぎてガムが溶けてくる。大本命ポイント、出ないな~」

7:10
●ネコフリック5.8in(ネコリグ)
「勝つなら絶対上流! 11時までに3匹釣りたい!」

なかなか反応なく移動。

7:15
■坂東谷川上流側
●カバースライド(バックスライド)
シェードをカバースライドでチェック。
2投目に推定1kg、約40cmをキャッチ。
1尾目!
0740
0741
「この1本を活かしたい! これを4匹釣れば勝てる!」

「水が動くまでこの場所で2本目釣りたい。川のバスはどんどん撃っていったほうがいい。とにかくたくさん投げたい」

7:30
「ヘビだ! 幸運のヘビ! 昨日ヘビ見たら釣れた!」

7:50
「ボイルが無いな。入れる角度が合えば釣れるはず」

「2匹目が出ない。流れが出たら下流に行く」

7:50
「バイトが遠い……」

8:20
■坂東谷川上流側
「皆が撃ったエリアだけどやっていく」

8:40
■坂東谷川
●ネコフリック5.8in(ネコリグ)
「水に浸かっているオーバーハングねらい」

1006
「朝イチやったところをもう一度やる」


9:10
■川崎橋上流
●ネコフリック5.8in(ネコリグ)
晴れてきたタイミングでシェードをねらって一投目!
600g、約30cmをキャッチ!

0928
2尾目!!
「この調子でどんどん行きたい!」

06kagiya

9:25
少し下流へ。
■大正橋付近
「水が濁っている」

0954

9:45
■新高橋付近
「風が強い!」

9:50
「アタリ? ニゴイ?」

10:00
再び上流へ。
「11:30までには3匹揃えたい!!」


10:20
■鳴門藍住大橋付近
「上流で50㎝UPを!!」


11:30
■坂東谷川
●カバースライド(バックスライド)
両岸へ細かくキャスト。

300g、約30cmをキャッチ!
しかし正確には29.5cm。ノンキーのためリリース。
「こんなサイズここでなかなか見ない……」

1143
11:38
「諦めないぞ!!」

11:45
「苦しい時間帯……」

12:20 
下流へ移動!!
「3本釣るぞ!!」


12:30
■スロープ付近
オーバーハングを細かくキャスト。

1011

12:50
■水管橋下流
●ネコフリック5.8in(ネコリグ)
細かく橋周りをキャスト。


13:10 
■鳴門藍住大橋周辺
午前中釣れた上流へ大移動。
「風、流れが強い」


13:25 
■スロープ付近
「練習では15分で3匹釣れたところなのでキャストするのみ!」
細かくキャスト。

1410
13:53 
「戻ります」


加木屋 守選手の成績
2尾1659g……6位

1419
試合の詳細は、8月26日発売のBasser2018年10月号で詳しくレポートします!


  

2018/8/17

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING