サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD旧吉野川戦・本堂 靖尚選手のフットステップ

朝は上流、10時から怒涛のラン&ガン。旧吉野川を熟知した手練れの戦略

六車駿一=レポート、京セラ=協力、siteB=まとめ
2018年7月24日(火)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・WESTERN DIVISION旧吉野川戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


本堂 靖尚選手


スタート前のプラン:
午前中の水の動かない時間帯は鳴門藍住大橋から上流で、インレット、オーバーハング、ブッシュカバーをねらう。11時30分から水が少しの間動くので、そのタイミングに合わせて下流方面へラン&ガン。

「昨日のプラは印象が良く、いろんなシチュエーションで魚を確認できている。ただ、昨日は全体に流れがあったのが大きいと思う。でも今日は流れが無い。なので、朝の間にいつも流れが利いている上流。昨日見つけている魚はいると思うが、どう食わすかがカギ。最低3本! 上手くいけば4本持って下りたい。上流タイムリミット11時!」

6:00
3番スタート。


6:25
■坂東谷川対岸インレット
「いた! 推定1300gは最低ありそうなナイスなヤツ」
●風神スパイダーNEO、イールクローラー7in(ネコリグ)
風神スパイダーをインレットに絡む草にひっかけてチョウチン釣り。

0621
数投目でバイト! が、まさかのラインブレイク。
イールクローラー7でインレット周辺のカバー撃ち。

6:45
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、ダイナゴンNEO 4in(テキサスリグ)
そのまま上流方面へサイトで魚を探しながらカバー撃ち。

「サクッとインレットの1本を獲る予定だったんだけどなぁ。普段ならこんなミスもないけど、試合だと起こるんだなぁ。でもこれから!!」

6:55
三日月湖アウトレット周辺へ移動しバックスライドをメインにチェック。

7:00
再びアウトサイド側に移動し、カバーにダイナゴンNEO 4in(バックスライド)でファーストフィッシュ! 

05hondou
推定500g。
「まさかのサイズ。でも心を落ち着かせてくれるナイスキーパー! ありがとう!」

0712京セラ「トルクG03」FISHING MODEにて撮影

SPECIAL THANKS to

7:15
少し上流へ
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、テキサスリグ、ワドルバギー
「カバー周りや、オーバーハングの辺りをうろついている魚がいるので、そいつにはセミパターン。音でもアピールして反応させてみます」

すると、先程のファーストフィッシュを釣った場所のすぐ上流のオーバーハングでワドルバギーにヒット! しか~~~し、慎重に寄せて抜きあげたそのとき、フックオフ。推定800g。

「あぁーーーーーーーー! まじかぁーーーー! 悔しいぃ。ヤバいと思ったんだなぁ、リアフック1本だったもんなぁ」

再びカバーをバックスライドでチェックしているときに、推定1500gクラスがカバーに入るのを発見。バックスライド、テキサスリグでねらう。

7:40
その直後、ブッシュカバーで推定800gをダイナゴンNEO 4in(バックスライド)でキャッチ!

0737
8:00
上流方面へひのき橋手前まで撃ちUターン。もう一度、反応しなかったり、見失ってしまったりした魚を獲りに、カバー、オーバーハングをチェック開始!
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、テキサスリグ、ワドルバギー、アベンタクローラーRS

0741
「タイミングとアプローチが合えば必ず反応してくれるはず。今現在、完全回復の個体はまだ少なめで回復途中。フィーデングしようとカバー周りやオーバーハングの沖目をうろうろしている。距離をとってアプローチすると濁りのせいか反応が鈍い。なので、スローに誘えてアピール力があるルアー。目線近くに持っていける、ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、テキサスリグ(ラバー装着でボリュームを上げ、フォールスピードを調整)、水面波動で寄せられるアベンタクローラーRS、音で気づかせて反応させられるワドルバギー。このどれかで反応してくれる予定なんよね」

0809
8:20
カバー周辺でうろうろしている魚を発見。チェイスしてきたもののギリギリのとこでバイトまで持ち込めず。

「風が吹き始めた。リズムを変えよう」


9:20
■鳴門藍住大橋上流右岸側
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
小さな逆ワンド付近から橋まで撃つ。

9:45
■鳴門藍住大橋上流堰跡上流側へ移動。
●イールクローラー7in(ネコリグ)、スーパーモグラチャターTGピッチマックス
「いい風」
上流から堰にイールクローラー7in(ネコリグ)でチェック。
スーパーモグラチャターTGピッチマックスに持ち換えて再度チェック。

9:55
堰の下流へ移動。
下流側の流れのヨレ、縦にできる反転流をイールクローラー7in(ネコリグ)で丁寧にチェック。

「タイミング。いれば反応があるはず。IDO(移動)!」


10:05
■川崎橋上流アシ
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
アシのポケット、エグレをチェック。

10:20
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、イールクローラー7in(ネコリグ)
川崎橋橋脚に絡むインレット、その近辺の橋脚をチェック。


10:35
■JR鉄橋右岸側橋脚
●イールクローラー7in(ネコリグ)
上流のインレットに佐々選手がいたため、ひと声かけて橋脚をチェック。


10:50
■牛屋島橋下流左岸側ブッシュカバー
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、テキサスリグ
「前日にナイスな奴を確認済み! 頼むよぉ」

1052
11:10
そのまま、上流の橋脚をチェックした後、下流のアシやブッシュが絡むインレットをチェック。
「水が動き出すまで我慢やなぁ」


11:30
■丸須団地対岸下流側水門
●イールクローラー7in(ネコリグ)、ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
水門に数投しそのまま下流方面へ移動。

11:43
■丸須団地対岸水門下流リップラップに絡むパラアシ
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
すぐにヒット! 推定600g。

1140
1141

11:50
■新広島橋左岸下流水門
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
水門付近のアシ、ブッシュをチェック。

11:55
■新広島橋右岸下流水門フローティングカバー
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、イールクローラー7in(ネコリグ)
水門前のフローティングカバーやテトラをチェック。


12:01
■丸須団地対岸上流側水門
●イールクローラー7in(ネコリグ)、ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
水門、水門周辺のアシ、フローティングカバーをチェック。
バイトらしきアタリがあったがフッキングに持ち込めず。

「反応が出てきた。いい時間帯に入ったかな? 流れに……、風も出てきた! このタイミングで掴み取りたいねっ! でも、この流れと風で今までとはポジションが確実に変わってくるはず。それを読み切れるかがキーになるね」

12:13
■丸須団地対岸下流側水門の下流アシ周辺
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
下流アシ周辺へ再び移動。今度は流れの当たりすぎないカバーを中心にチェック。


12:17
■新広島橋右岸下流水門
●イールクローラー7in(ネコリグ)
水門、テトラ、橋脚に反転流ができているスポットにイールクローラーのネコリグをドリフト気味に送り込んでいく。その際シンカーを1/20oz→1/16ozにウエイトアップ。
バスがいそうな場所に角度などを変え何回もプレゼンテーション。


12:27
■エリア最下流水門
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、スーパーモグラチャターTGピッチマックス
水門前のフローティングカバーをダイナゴンNEO 4in(バックスライド)、水門上流のシャロー側のガレ場をスーパーモグラチャターTGピッチマックスでチェック。

「河口堰の水門の左岸側の水門しか開けていないな。だからこのエリアはあまり流れを感じられないんだな」

12:33
■対岸テトラ帯
●イマカツクランクIK-180
テトラの張り出しやこぼれテトラにIK-180を通す。

「全てはタイミング! 移動!」


12:44
■空港大橋上流の岬状になったリップラップ
●イールクローラー7in(ネコリグ)
反転流をネコリグで探る。


12:57
■長岸橋右岸側橋脚
●イールクローラー7in(ネコリグ)
右岸側橋脚周辺の反転流をネコリグで探る。

13:01
■長岸橋右岸側橋脚
●イールクローラー7in(ネコリグ)、ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
反転流をネコリグで探る。
ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)に持ち替えそのまま上流のアシをチェックしていく。


13:08
■大谷川放水路対岸水門付近
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
オーバーハング、ブッシュをチェック。

プレス所感:この時間帯厳しい時間が続いている。
普通なら焦る。誰もが焦るはず。絶対焦る。しかし見ているかぎり焦りはまったくない。むしろ集中力が時間を追うごとに上がってきて、研ぎ澄まされているようにも見えるし、「最初から決めていたの?」と言うくらいに、瞬時に判断し、凄まじい勢いでラン&ガンが繰り返されている。そしてキャスト精度、手数が半端ない!!!
「これがトッププロか!」と改めて思わされる! 断言できる。間違いなくトップレベル!!! リアルな試合で、生で見ないと絶対に感じることのできなかったプロフェッショナルな光景である。

13:21
■共栄橋右岸150mほど下流へ移動
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
リップラップの切れ目にあるオーバーハング、カバーをチェック。

1322
13:25
■共栄橋テトラ下流水門付近
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
オーバーハング、リップラップの杭をチェック。

13:29
■共栄橋
●イールクローラー7in(ネコリグ)、ランボルト120V
上流側から橋脚を丁寧に探る。
ネコリグでチェックした橋脚を、今度はランボルト120Vでチェック。
すると、ドスッ! バイト!
しかし一瞬でフックオフ。
「あぁ~、今のはどうすることもできないなぁ」
再度周辺をチェックし移動。


13:50
■三ツ合橋
●イールクローラー7in(ネコリグ)、ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
「さぁラストポイント!」

1352
左岸側橋脚へネコリグでチェックすると、すぐにバイトがあったがノンキー。
そのまま下流のアシをチェック。

13:57
■スロープ上流オーバーハング
●ダイナゴンNEO 4in(バックスライド)
「ほんまのラスト! 1投!!!」

13:59
「ありがとうございました」
ストップフィッシング。
こちらこそプロフェッショナルな背中を魅せてくれてありがとう!


本堂 靖尚選手の成績
3尾1998g……5位

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2018年10月号で詳しくレポートします!





  

2018/8/16

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING