サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD霞ヶ浦戦・橋本 卓哉選手のフットステップ

スピナーベイト&クランクで見せ場を作った

田島 直樹=レポート、siteB=まとめ

2018年7月27日(金)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・EASTERN DIVISION霞ヶ浦戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

橋本 卓哉選手


「目標ウェイトは6㎏! 一昨日の雨以降、フィールドコンディションがだいぶ変わり釣れるようになった。5㎏では勝てない」

0609

6:05
■洲ノ野原
スタートフィッシング。戦闘開始。
キャットフィッシュが多いが、バスも多い印象。
そして釣れればいいサイズが期待できる。

メインタックルは
ルアー:スティーズスピナーベイト3/8oz、1/2oz(プロトタイプ)
ロッド:ブラックレーベルプラスBL+661MRB-G
リール:スティーズSV SLP WORKSセミオーダー
    ギヤ比:6.3:1
    スプール:1012G1SV
    ハンドル:カーボン80㎜
    ハンドルノブ:Iシェイプライト
ライン:モンスターブレイブZ 14Lb

0524
12hashimoto02
風向きによって、レンジを合わせるべくスピナーベイトの重さを変えながら、ストラクチャーに対してタイトに丹念に流していく。

「大場所でのスピナーベイト、多分今日は誰もやらないと思う。釣れればデカいよ」

ファーストフィッシュをキャッチ。
約1㎏。

0734
0735
「よし、まだ釣れる! このサイズを最低で揃えたい」

その後エリアの中で細かくスポットを変えながら追加をねらう。

6:45
「サイズは出ないけど8割方釣れる沈船」

超高感度ヘビダンロッド、スティーズ681MMHFB-SVブラックジャックが持つ優れたボトム感知能力を駆使し、ポイントを探る。

「ん! 入った」
ピンスポットに入れたプロトワームのダウンショットをステイさせ、ワームが発する波動でバスを誘う。

「ぶっちゃけ、このワーム超いいよ。今日、色違いで2タックル組んでるから(笑)。これはマジで釣れる」とデッキに正座しながらバイトを待つ。しかし今日に限ってノーバイト。

よかったプラから一転、状況の変化が起きている模様。

「時間が……」

8:40
プランBへ。エリアを大きく移動。

0844

9:10
■恋瀬川
「既に誰か入ってそうだけど」

ブレイクに絡んだ沈みモノ、ブッシュをメインに探る。ブッシュには高比重系ワームのバックスライドノーシンカーとギル型ワームのライトテキサス。沈みモノにはプロトワームのダウンショットとギル型ワームのライトテキサスを投入。

0901
「バンクは無いよな~、練習してないもん。でも駄賃でやってる。いればすぐ食うハズなんだよ。周りウロウロしてないかな~」とショートレンジでスティーズスピナーベイトを投じていく。

「俺さ~、こーゆーの好きなの!」

バンクから、フィーディングスポットへ。
「お願いします!」とプロトワームのダウンショットを投入。
「練習のときならもう釣れてたな。何で食わないんだよ~。ここすごいいるんだけどね……」
プラクティス時の食わせの釣りが効かない模様。

10:10
「こうなったら、クランクベイトでリアクションしか無いよな……」とストレージからタックルを取り出し、デカピーナッツⅡDRをキャスト。オダに当てながらリアクションバイトをねらう。

1014
12hashimoto01
「いや~今の食わないと! あっ食った!! リアクションかよ~」とねらい通りに食わせたもののサイズダウン。

「こんなんじゃダメだ……。でもリアクションじゃないと食わないんだね」

1048
2尾目、約500gをキャッチ。

10:20
ノンキーパーをキャッチ。
「これでハマっちゃダメだな」


11:00
■園部川
「ちゃんと濡れてもいい格好してきた? ここ座礁するから。俺、プラで2回水に入って押してるからね!」と座礁覚悟の浅瀬を超えた先に待ちかまえるパラダイスにバウを向ける。幸い軽いスタックのみで、何とか座礁ポイントを超えることに成功し、園部川へエントリー。
起死回生の1本が入ればまだまだ可能性はあるハズ!

1159
限られた時間を考慮し、要所で粛々とバックスライドノーシンカーをバンク際に音もなく滑り込ませていく。

「無駄にスキッピングさせると食わなくなるイメージがある」とのことで深いオーバーハング以外は、静かに丁寧にプレゼンテーションを続けていく。

手返しを重視したギヤ比8.1、1012SVスプールを組んだスティーズSVセミオーダーを使用。
霞ヶ浦で50cmアップの捕獲が目立つビッグフィッシュ率の高いセッティングだ。
橋本選手と言えば、ランガン・ダウンショット・スピナーベイト・ポッパー・フラットサイドクランクなどのイメージが強かったが、撃ち物の精度も高くプロトーナメントアングラーの総合力の高さを感じさせる。

1105
12:25
ノンキーパーをキャッチ。

1227
12:35
「いた、バスだ!」
カスミ水系でのサイトフィッシングという引き出し(特殊能力)も合わせ持つ(カスミ水系で50cmUPを捕獲せよ! の動画撮影お題をサイトでクリア)橋本選手の真骨頂である。

ノーシンカーワームをプレゼンテーションし、1発で食わせることに成功。

「食った! あぁっ……抜けた」

残念ながらフックアップならず。

ただ、もう1回。気を取り直し、バスの姿は見えないが、向かった先へもう1投。
「よし食った! デカい!!」
今度はガッチリとフッキングに成功。
「あれ……」

残念ながらブッシュに引っ掛かり、無念のフックオフ。

「もうダメだ…」と一時的に戦意のほとんどを喪失するも、帰着時間まで残された僅かな時間を粛々と撃ち続ける。

13:00
タイムアップ。
川を下り始めるが、「ココだけ!」と帰り際に再度チェック。
「いた!」
またもサイトでバスを発見である。
しばらく粘るも、食わせることはできず……。
「ヤバい、これ本当に間に合わないかもしれない」と帰着遅れを覚悟。

本湖に出てからは、「霞のGUN」の真骨頂。
ボートの性能を如何なく発揮し無事帰着。


橋本 卓哉選手の成績
2尾1745g……12位


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、


2018/9/13

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING