サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD霞ヶ浦戦・蛯原英夫選手のフットステップ

平底の小型アルミボートで桜川最上流域をひとり占め!

柏木健作=レポート、サイト・ビー=まとめ

2018年7月27日(金)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・EASTERN DIVISION霞ヶ浦戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

蛯原 英夫選手


06

06:30
■桜川上流部
喫水の浅いパントボートを走らせて桜川上流部に到着。
カバー撃ちからスタート。
後ろから加藤選手が迫ってくるので数投して直ぐに上流へ向かう。

01
07:00
桜川最上流部手前へ到着
すぐバイト。推定800gをキャッチ。

02
07:15
カバーのそばをスイミングさせたバスエネミー3.5inにナイスサイズがバイト!
推定1400gをキャッチ。

03
07:50
カバーをバスエネミー3.5in(ライトテキサス)で撃つと3尾目がバイト。
キロフィッシュ!

04
05
08:37
ウエーディングアングラーがいたため、ひと声かけてやらせてもらう。

08:45
カバー周りをバスエネミー3.5in(ノーシンカー)のスイミングで探ると4尾目がヒット。
キロフィッシュ。

07
08
ここから同じストレッチに腰を据え、5往復。
下流から上がってくるバスとコンタクトするタイミングを待ちながら粘る。

11:00
ついに5尾目がヒット! リミットメイクかと思いきやアメリカナマズであった。

09
「なんだよー! 今日は曇りで涼しいから、上がってきてる個体がプラも通していちばん少ないね。もしかしたら、手前で加藤選手に釣られてしまってるかもしれない……」

少し弱気なコメントが出てくる。

10
12:18
ついに下流へ下る決断をする。

12:32
朝イチにバスらしい姿を見かけていた反転流のスポットにキャスト。
リグはもちろんバスエネミー3.5in(ノーシンカー)。

岸とボートのちょうど中間あたりまでリグを引いたとき蛯原選手の動きが急に止まった。
その後、ひと呼吸して渾身のフッキング。慎重にも慎重を重ねてランディング。

キャッチした5尾目は1㎏オーバーのナイスフィッシュ! これでリミットメイク!

11
12:35
下流で加藤選手と出会う。

「5本釣ってるのかな? どーなんだろ?」
かなり気にしているコメントが多数出る。

そのまま下流に下りながら大きなブッシュにバスエネミー3.5inを撃ち込む。

12:55
常磐線鉄橋手前にさしかかったころ「帰着2時? えっマジ?」とのコメント。
どうやら帰着時間を1時半と勘違いしていたようす。


13:06
■桜川河口沖
バスボートにはさざ波だが、小さなパントボートには大波の湖面状況のなか、沖にあるエビオダを目指す。

13:18
エビオダに到着。バスエネミー3.5in(ライトテキサス)を撃ち込んでいく。


13:33
■境川河口
杭と捨て網をバスエネミー3.5in(ノーシンカー)で探る。

12
13:42
ストップフィッシング。帰着間際、土浦新港の外壁に跳ね返る波が超怖い。
プレスとふたりで大笑いしながら会話。

「これ二度とやりたくないよね(笑)」

13
13:47
土浦新港へ帰着。

ヒットルアーはバスエネミー3.5inのノーシンカーリグとライトテキサスリグ。ノーシンカーリグはワッキースタイルでも使用した。詳しい釣り方は発売中のBasser2018年10月号をチェック!
01ebihara01
01ebihara02

蛯原 英夫選手の成績
5尾5770g……優勝



 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、



  


2018/8/29

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING