サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD霞ヶ浦戦・安藤 毅選手のフットステップ

本湖のパターンが不発。流入河川でリカバリー

飛田和 明=レポート、サイト・ビー=まとめ

2018年7月27日(金)に行なわれた、2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD・EASTERN DIVISION霞ヶ浦戦
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!

安藤 毅選手


試合前コメント:
本日のプランは? の質問に……。
「プラクティスはWBSのトーナメントを含めて、延べ6日間行ないましたよ。プラでは短日6kgオーバーのときもあって、そのパターンをベースに今日は回っていきます。まずは本湖のピンスポットを回ってキッカーねらいます。本湖のピンは魚がデカい。プラでも釣れれば1500gクラスだった。それから川の上流に上がっていき、リミットをそろえていくプランです」


5:52
■本湖東岸玉造周辺
最初は本湖東岸玉造周辺のストラクチャーねらい。
ファットイカ(ノーシンカー)を杭にプレゼンテーションすると5投目にバイト!
しかしフッキングには至らず……。

0558
「もう1回食わないかなぁ。ちょっと重みのっちゃったからな。一発目のミスって……」

6:10
魚の反応があったので、周辺の杭やストラクチャーを探る。
ルアーはファットイカ、ウルトラバイブスピードクロー(5gテキサスリグ)、ニッチベイト・クランキン・ジグをローテーション。

0609
6:25
「もう一度タイミングを変えて入り直そう。少し移動するよ」


6:35
■本湖東岸玉造周辺
「ここもプラではよかったところ。まずは、1匹!」
落ち着きたいようす。

0631
6:40
「ここは周りより水がいいんだよね」
ファットイカ、ウルトラバイブスピードクロー(5gテキサスリグ)で流す。

7:00
「なにかいた?」

石積みの横で波紋が立ち「バスかな? なんで食ってくれないの~」


7:30
■本湖東岸玉造周辺
朝イチのバイトがあったところへ入り直す。
「魚はいると思うんだけどなぁ。食わないね」

「大きく移動するよ」


7:52
■古渡小規模流入河川
古渡にある小規模流入河川に到着。ここはプラクティスでよかった場所。
流入河川を上流に向けて、カバーをファットウィップ5in(ノーシンカー)、ウルトラバイブスピードクロー(5gテキサスリグ)を撃っていく。

0823
8:40
「なんか草を刈ったようなゴミが多いよね……。なんだろ、プラのときはなかったけど」

上流へ上がっていくと、なんと、草刈りの作業中!

「カバーは刈り取られてるし、この音でプレッシャー掛かっちゃてるんじゃない……。ツイてないよ~。なんで今日やってるのぉ。こりゃ、早めに見切ったほうがいいかも」

まさかの出来事に意気消沈。

9:30
河川を折り返し、よいカバーを撃っていく。

「小野川へ移動するよ」

小野川へ移動


9:55
■小野川
小野川を上流へ向かっていく。

1035
「減水しているから、いいシャローが厳しくなってるよ……」

10:40
橋脚にてファットイカのノーシンカーにバイトあり。しかし乗らず。

「えーなんで乗らないの……? 食いが浅い? 小さいのか?」

11:45
1尾目、カバーにファットウィップ5in(ノーシンカー)を撃ち推定700gをキャッチ!

1139
1140
「とりあえず、デコは免れました……。フォール速度を遅くしたほうがいいかも。これからリズムよく釣っていきますよ」

12:00
2尾目、推定400gをキャッチ。
「小さいよ……。キーパーないんじゃないかな?」

1203
1204
スケールで測定するとキーパーだった。
「これは残しちゃいけないサイズだよ……。プラのときは魚デカかったんだよ……。さあ、がんばろう」

12:25
3尾目、推定1000gをキャッチ。
4inヤマセンコー(ノーシンカー)のカバー撃ち。

10ando
1224
1225
「陽が出てきたのと、多少水が動いているから、食いが立ってきたかな? リミット目指して、あとふたつ!!!」

12:40
カバー横の杭でバイトを得たが、杭に巻かれてフックオフ。

「あーあ、モッテない……」

1245
13:10
ストップフィッシング。
「ここからだと戻るまで時間がかかるから終わりだね……。悲しい~」


安藤 毅選手の成績
3尾2440g……10位

表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 発売中のBasser2018年10月号ではBasser AllstarClassicの出場権を賭けた「THE WILD CARD」の東西大会を詳報。小林明人選手・蛯原英夫両選手がいかなる戦略で激戦を勝ち抜いたかに注目です!

 そして特集はフリーリグとリーダーレスダウンショット。見た目は似ているけど性質はまったく異なるふたつのリグを掘り下げます。巻頭では、「リグ芸人」の異名を持つ秦拓馬さんが、今までにない変則リーダーレスダウンショットを本邦初公開! 琵琶湖のトーナメントレコード(10尾で28,953g≒3kgフィッシュを10尾!!)保持者である冨本タケルさんは、ウイードレイクにおけるパンチショットリグとフリーリグの使い分けを解説。黒田健史さんはロングワームを用いたリーダーレスダウンショットの威力を房総リザーバーで証明してくれます。そのほか、マッディーシャローにおけるフリー系リグの活用術、他魚種の仕掛けから見えてくるフリーリグの次なる可能性の考察など充実のコンテンツ。読めば、「どんなときに、どのようにこれらのリグを使えばよいのか」が明確にイメージできる特集になっています。
また、


2018/9/11

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING