サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD 出場選手&日程公開!

メーカー・団体が推薦する精鋭29名! オールスターへの切符は誰の手に

siteB=まとめ
wc2018main
 Basser8月号でお伝えしたとおり、今年も2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARDを開催します。いよいよ出場選手の顔ぶれが決定しましたので紹介します!
 本大会は10月に開催予定のBasser Allstar Classic本戦の予選会という位置付け。今年はふたつのフィールドで競技を行ない、それぞれの優勝者が本戦への出場権を獲得します。
 そのフィールドは茨城県・霞ヶ浦と徳島県・旧吉野川。本戦競技エリアの重要な一角である霞ヶ浦はもとより、旧吉野川も利根川と同じくタイダルリバーであり、これらのフィールドを制した選手は本戦でも注目の的になるはずです。ぜひ応援をよろしくお願いします!


競技日程

◆WESTERN DIVISION 徳島県・旧吉野川 2018年7月24日(火)
競技開始  6:15
ウエイイン 14:00~

◆EASTERN DIVISION 茨城県・霞ヶ浦  2018年7月27日(金)
競技開始  5:45
ウエイイン 14:00~

 当日はsiteBにて出場選手インタビュー動画を随時更新! 特設ページでは競技中選手に同船したプレスアングラーからの釣果速報をリアルタイムで更新します。また、両日ともウエイインはBasser公式ツイッターで速報いたします!

 残念ながら当日の会場には、駐車場もメーカーブースの出店もありませんので、一般の方の観戦・応援はできません。その分、siteBにご注目ください! なお、荒天の場合は延期といたします。

WESTERN DIVISION 徳島県・旧吉野川 出場選手

岡 友成(おか・ともなり)
ブログ:TOMONARI OKA Official Blog

oka recommended by
raidjapan-logo-gold
加木屋 守(かぎや・まもる)
ブログ:MA-MO-s-blog

kakiya recommended by

片岡 壮士(かたおか・そうし)
ブログ:そーしの琵琶湖deバスフィッシング!

kataoka2 recommended by
bassofjapan
金森 隆志(かなもり・たかし)
ブログ:TAKASHI KANAMORI Official Blog

kanamo recommended by
raidjapan-logo-gold
小林 明人(こばやし・あきひと)

osp-kobayashi recommended by
0_osplogo-1024x433
佐々 一真(さっさ・かずま)
ブログ:life goes on

sassa 2018 Basser Allstar Classic THE WILD CARD WINNER

高梨 洋平(たかなし・ようへい)
オフィシャルサイト:高梨バスフィッシングガイドサービス

takanashi recommended by

田原 広太郎(たばら・こうたろう)

tawara recommended by
batnet
西島 高志(にしじま・たかし)
オフィシャルサイト:GUEST-ONE

nishijima recommended by
duo-rogo
野村 俊介(のむら・しゅんすけ)
オフィシャルサイト:ノムシュンweb

nomura recommended by

長谷川 耕司(はせがわ・こうじ)
ブログ:琵琶湖 バス釣り ガイド 長谷川耕司「続・スクリューなブログ」

hasegawa recommended by
boreas
本堂 靖尚(ほんどう・やすなお)
ブログ:”HONDO style”

hondou-2 recommended by
logo 徳島チャプター


諸富 真二(もろとみ・しんじ)
オフィシャルサイト:諸富真二ガイドサービス

morotomi2 recommended by

EASTERN DIVISION 茨城県・霞ヶ浦 出場選手

安藤 毅(あんどう・たけし)

andou recommended by

井上 泰徳(いのうえ・やすのり)
Facebook:https://www.facebook.com/yasunori.inoue.39

inoue recommended by

蛯原 英夫(えびはら・ひでお)
Facebook:https://www.facebook.com/eg.hideoebihara

ebi recommended by

大高 哲也(おおたか・てつや)
ブログ:継続は力に変わる……⁈

otaka recommended by

加藤 裕司(かとう・ゆうじ)
Facebook:https://www.facebook.com/people/加藤裕司/100015109902319

kato recommended by
h-1_logo

川又 圭史(かわまた・よしふみ)
ブログ:Going my way

kawamata recommended by



小池 貴幸(こいけ・たかゆき)
ブログ:cikeのブログ

koike recommended by
daiwa_logo-1024x236
小島 貴(こじま・たかし)

kojima recommended by

斉藤 真也(さいとう・まさや)
Facebook:https://www.facebook.com/masaya.saito.549

osp-saitou recommended by
0_osplogo-1024x433
篠塚 亮(しのつか・りょう)
ブログ:シノツカ君、幸せそうなの。

shinotsuka recommended by

清水 綾(しみず・りょう)
Facebook:https://www.facebook.com/ryou.shimizu.5

shimizuryo recommended by

千藤 卓(せんどう・たかし)
ブログ:NINJA from JAPAN

sendou recommended by

橋本 卓哉(はしもと・たくや)
ブログ:Boooon!

hasimoto recommended by

早野 剛史(はやの・たけし)
ブログ:霞ケ浦、河口湖、野尻湖、桧原湖バス釣りガイド。早野剛史

hayano recommended by

南 一貴(みなみ・かずき)
ブログ:南一貴 オフィシャルブログ

minami recommended by
header_logo_01
村川 勇介(むらかわ・ゆうすけ)
オフィシャルサイト:「霞ヶ浦ダンディ〜」村川勇介オフィシャルサイト

murakawa recommended by

   
SPECIAL THANKS to

2018/7/20

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING