サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

Basser Allstar Classic The WILD CARD結果速報!

優勝は佐々一真選手!

サイト・ビー=まとめ
wctop02

優勝 佐々一真 5尾 5224g
2位 片岡壮士 4尾 4770g
3位 茂手木祥吾 3尾 3519g
4位 草深幸範 3尾 2970g
5位 長谷川耕司 2尾 2174g
6位 福光正樹 2尾 2124g
7位 橋本卓哉 2尾 1905g
8位 近松卓二 2尾 1874g
9位 江口俊介 2尾 1853g
10位 鈴木隆之 2尾 1826g
11位 川口直人 2尾 1636g
12位 折金一樹 1尾 1380g
13位 市村直之 1尾 1293g
14位 本堂靖尚 1尾 916g
15位 大高哲也 1尾 895g
16位 小池貴幸 1尾 826g ※死魚ペナルティー500g
17位 酒井俊信 1尾 661g
18位 杉村和哉 1尾 352g
20位 山岡計文 0尾 0g
20位 薮田和幸 0尾 0g

優勝は佐々一真選手。

【Basser Allstar Classic 2017 THE WILD CARD】
佐々一真選手
スタート直前インタビュー! 

Basserさんの投稿 2017年7月27日


スタート直前インタビューで「手応えはかなりある」と話していた佐々選手は、野良ねずみのノーシンカーリグ水面トゥイッチをメインにカットテールワームのノーシンカーリグとスモラバでもキーパーをキャッチ。

流れが当たるオーバーハングなどのシェードの最奥をねらうのがキーだったという。

実は終了間際20分前までは片岡選手が4770gでトップであり、佐々選手は4㎏台前半で2位という状況だった。

そしてそのふたりはラスト20分に三ツ合でバッティング。

橋脚でソフトジャークベイトを操る片岡選手、オーバーハングに野良ねずみを送りこむ佐々選手。

勝利の女神がほほ笑んだのは佐々選手のほうだった。13時43分に佐々選手がキャッチした1尾は1㎏フィッシュ!

土壇場での逆転優勝を決めたのだった。

s__219127813
さらなる詳細は、BasserとsiteBでレポートしますので、ぜひお楽しみに!

選手たちに大きな声援をお送りいただきましてありがとうございました。






2017/7/28

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】経験を重ねた者たちのバスフィッシング観

 バスフィッシングに長い年月、あるいは密度濃く関わってきた人たちのバスフィッシング観を特集した1冊です。
 幾多の名作を生み出してきたルアービルダー・西根博司さん、ハードベイトを投げ倒してきたプロガイド・佐藤信治さん、そして年間300日以上フィールドに繰り出す藤田京弥さん、青木唯さん、北田朋也さん……。経験を重ねるなかで見えてきた、彼らしか知らないこと。そのエッセンスを、読者の皆さんが実際の釣りに役立てられる形で数多く紹介しています。
 第2特集は「見つめ直すナイロンライン」。
 フロロカーボンが主流となっている近年のバスフィッシングシーンにも確実に存在するナイロンラインの出しどころを、エキスパートたちが解説します。巻きモノやトップウォーターはもちろん、ワーミングでの活用術から伸度別の使い分けまで、ナイロンラインだからこそ獲れるバスがいることがわかる内容です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING