サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic The WILD CARD結果速報!

優勝は佐々一真選手!

サイト・ビー=まとめ
wctop02

優勝 佐々一真 5尾 5224g
2位 片岡壮士 4尾 4770g
3位 茂手木祥吾 3尾 3519g
4位 草深幸範 3尾 2970g
5位 長谷川耕司 2尾 2174g
6位 福光正樹 2尾 2124g
7位 橋本卓哉 2尾 1905g
8位 近松卓二 2尾 1874g
9位 江口俊介 2尾 1853g
10位 鈴木隆之 2尾 1826g
11位 川口直人 2尾 1636g
12位 折金一樹 1尾 1380g
13位 市村直之 1尾 1293g
14位 本堂靖尚 1尾 916g
15位 大高哲也 1尾 895g
16位 小池貴幸 1尾 826g ※死魚ペナルティー500g
17位 酒井俊信 1尾 661g
18位 杉村和哉 1尾 352g
20位 山岡計文 0尾 0g
20位 薮田和幸 0尾 0g

優勝は佐々一真選手。

【Basser Allstar Classic 2017 THE WILD CARD】
佐々一真選手
スタート直前インタビュー! 

Basserさんの投稿 2017年7月27日


スタート直前インタビューで「手応えはかなりある」と話していた佐々選手は、野良ねずみのノーシンカーリグ水面トゥイッチをメインにカットテールワームのノーシンカーリグとスモラバでもキーパーをキャッチ。

流れが当たるオーバーハングなどのシェードの最奥をねらうのがキーだったという。

実は終了間際20分前までは片岡選手が4770gでトップであり、佐々選手は4㎏台前半で2位という状況だった。

そしてそのふたりはラスト20分に三ツ合でバッティング。

橋脚でソフトジャークベイトを操る片岡選手、オーバーハングに野良ねずみを送りこむ佐々選手。

勝利の女神がほほ笑んだのは佐々選手のほうだった。13時43分に佐々選手がキャッチした1尾は1㎏フィッシュ!

土壇場での逆転優勝を決めたのだった。

s__219127813
さらなる詳細は、BasserとsiteBでレポートしますので、ぜひお楽しみに!

選手たちに大きな声援をお送りいただきましてありがとうございました。






2017/7/28

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING