サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic The WILD CARD結果速報!

優勝は佐々一真選手!

サイト・ビー=まとめ
wctop02

優勝 佐々一真 5尾 5224g
2位 片岡壮士 4尾 4770g
3位 茂手木祥吾 3尾 3519g
4位 草深幸範 3尾 2970g
5位 長谷川耕司 2尾 2174g
6位 福光正樹 2尾 2124g
7位 橋本卓哉 2尾 1905g
8位 近松卓二 2尾 1874g
9位 江口俊介 2尾 1853g
10位 鈴木隆之 2尾 1826g
11位 川口直人 2尾 1636g
12位 折金一樹 1尾 1380g
13位 市村直之 1尾 1293g
14位 本堂靖尚 1尾 916g
15位 大高哲也 1尾 895g
16位 小池貴幸 1尾 826g ※死魚ペナルティー500g
17位 酒井俊信 1尾 661g
18位 杉村和哉 1尾 352g
20位 山岡計文 0尾 0g
20位 薮田和幸 0尾 0g

優勝は佐々一真選手。

【Basser Allstar Classic 2017 THE WILD CARD】
佐々一真選手
スタート直前インタビュー! 

Basserさんの投稿 2017年7月27日


スタート直前インタビューで「手応えはかなりある」と話していた佐々選手は、野良ねずみのノーシンカーリグ水面トゥイッチをメインにカットテールワームのノーシンカーリグとスモラバでもキーパーをキャッチ。

流れが当たるオーバーハングなどのシェードの最奥をねらうのがキーだったという。

実は終了間際20分前までは片岡選手が4770gでトップであり、佐々選手は4㎏台前半で2位という状況だった。

そしてそのふたりはラスト20分に三ツ合でバッティング。

橋脚でソフトジャークベイトを操る片岡選手、オーバーハングに野良ねずみを送りこむ佐々選手。

勝利の女神がほほ笑んだのは佐々選手のほうだった。13時43分に佐々選手がキャッチした1尾は1㎏フィッシュ!

土壇場での逆転優勝を決めたのだった。

s__219127813
さらなる詳細は、BasserとsiteBでレポートしますので、ぜひお楽しみに!

選手たちに大きな声援をお送りいただきましてありがとうございました。






2017/7/28

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING