サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

2017Basser Allstar Classic THE WILD CARD競技経過まとめ!

12:00までの釣果を時系列で紹介!

サイト・ビー=まとめ
wctop02
2017年7月28日(金)、徳島県・旧吉野川を舞台に開催したBasser Allstar Classic THE WILD CARD。

今回の競技時間は6:10~14:00。
siteBでは12:00までプレスアングラーから送られてくる釣果報告をリアルタイムで配信しました。
ここでは競技中続々と届いた報告をまとめて掲載します。

6:10~8:00
川口直人選手、草深幸範選手がスタートダッシュに成功

6:23ごろ

川口直人選手のプレスより連絡あり!

スタート早々、1㎏クラスをキャッチ! このほかにも1尾キーパーを追加しているとのこと!



6:20ごろ

鈴木隆之選手が1kgオーバーをキャッチ!

ルアーは02ビート。

選手コメント:よっしゃー! テンション上がりますね。


6:53ごろ

大高哲也選手が850gクラスをキャッチ!

ルアーはレイドジャパンバトルホッグ2.6インチジグヘッドリグ。
テトラに差してきた魚をボトムバンプからステイでバイト。

選手コメント:流れが効いてきたね。もっと陽が射せば、もっと魚が上がるはず。

ootaka01 otaka01

7:11ごろ

長谷川耕司選手が1kgクラスをキャッチ!

ルアーはデビルズテールワームプロト(ノーシンカー)。




7:20ごろ

近松卓二選手が600gクラスをキャッチ!

ルアーはエグジグ1/16+バトルホッグ2.6in。
テキサスのカバー撃ちでバイトを得た後のフォローでキャッチ。




7:50ごろ

草深幸範選手のプレスから連絡。
この時点で、キーパー3尾をキャッチしているとのこと。
内訳はキロオーバー、800g、500g!


8:00~10:00
茂手木選手が1200gと1800gをキャッチ

8:03ごろ

市村直之選手が1500gクラスをキャッチ!

サイトフィッシングにて。


ichimura01

8:22ごろ

小池貴幸選手が700gクラスをキャッチ! このほかにもキーパーキャッチ済みとの連絡!


8:37ごろ

折金一樹選手が1300gクラスをキャッチ!

ルアーはドライブクローラー3.5。




8:43ごろ

佐々一真選手が1kgクラスをキャッチ!

ルアーはカットテールノーシンカーワッキー。




8:45ごろ

片岡壮士選手が600gクラスをキャッチ!

タックルは
ZENAQ
BLACKART B3.5-68 BottomSensor

JACKALL
カバースライド4インチ
Hayabusa
TAS #5/0
ノーシンカーバックスライド

選手コメント:やっと釣れた?!
長かったわ……。
今から巻き返しますよ!



8:45ごろ

茂手木祥吾選手が1200gクラスをキャッチ!

ルアーはオリカネ虫。




8:54ごろ

本堂靖尚選手が800gクラスをキャッチ!

ルアーはイールクローラー7インチのオフセットネコリグ。




8:57ごろ

杉村和哉選手が300gクラスをキャッチ!

ルアーはTKツイスター ノーシンカー。




9:03ごろ

片岡壮士選手が600gクラスをキャッチ!

タックルは
ZENAQ
BLACKART B3.5-68 BottomSensor

JACKALL
カバースライド4インチ
Hayabusa
TAS #5/0
ノーシンカーバックスライド

選手コメント:
ほら来た!
まぁまぁ苦戦したけどペース取り戻して、今からっすよ!
よしっ!ちょっと晴れてきた!
晴れてこそ、釣れるパターンもってますからね!



9:05ごろ

佐々一真選手が800gクラスをキャッチ!

ルアーはカットテールノーシンカーワッキー。

選手コメント:パターン微妙に見えてきた。



9:55ごろ

茂手木祥吾選手が1800gクラスをキャッチ!

ルアーはドライブクローラー4.5 リーダーレスダウンショット。




10:00~12:00
江口選手が連発!佐々、片岡両選手は同時刻に1㎏フィッシュをキャッチ

10:23ごろ

江口俊介選手が800gクラスをキャッチ!



10:29ごろ

江口俊介選手連続ヒット!1kgクラスをキャッチ!



11:21ごろ

福光正樹選手が1㎏クラスをキャッチ!




11:22ごろ

鈴木隆之選手が800gクラスをキャッチ!

ルアーはドライブクロー3インチテキサス。


11:30ごろ

川口直人選手が400gクラスをキャッチ!


12:00ごろ

佐々一真選手が1kgクラスをキャッチ!

ルアーはスモラバ+アンクルゴビー。
下流側から上がってきた見えバス。




12:02ごろ

片岡壮士選手が1㎏オーバーをキャッチ!

タックルは
ZENAQ
BLACKART B3.5-68 BottomSensor

JACKALL
カバースライド4インチ
Hayabusa
TAS #5/0
ノーシンカーバックスライド

選手コメント:
アタリが遠いですわ……
まだまだ最後まで あきらめませんよ??(笑)



競技中の釣果報告は、結果発表を楽しんでいただくため、競技終了まで2時間を残したこの時点の報告をもって終了させていただきました。
12:00時点での各選手の推定ウエイトは以下のとおり。1800gのキッカーを持つ茂手木選手が暫定トップを走り、佐々一真選手、草深幸範選手、片岡壮士選手らがその後を追う展開になりました。

市村直之 1尾1500g

江口俊介 2尾1800g

大高哲也 1尾850g

折金一樹 1尾1300g

片岡壮士 3尾2200g

川口直人 3尾1900g

草深幸範 3尾2300g

小池貴幸 2尾1200g

酒井俊信 -

佐々一真 3尾2800g

杉村和哉 1尾300g

鈴木隆之 2尾1800g

近松卓二 1尾600g

橋本卓哉 -

長谷川耕司 1尾1000g

福光正樹 1尾1000g

本堂靖尚 1尾800g

茂手木祥吾 2尾3000g

薮田和幸 -

山岡計文 -

※ウエイトの報告のないバスは一律500gとして計算。
※なお、連絡がつかなかったプレスもいるため、ここに掲載している釣果がすべてではありません。


各選手の釣りの詳細は、後日siteBにてレポートいたします。

取材にご協力いただきましたプレスアングラーの皆様、ありがとうございました。

今大会の結果はこちらをご覧ください。



2017/7/31

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING