サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 薮田和幸選手のフットステップ

フロッグに託したカバー勝負

山下誠必=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


薮田和幸選手



6:05
フライト18番でスタート。
「スロープ前をねらってます。このまま誰も入らなければ行きます」

0602 


6:10
■スロープ周辺
0609

スロープ前のクリークからアプローチ。
スピナーベイトとフロッグをローテーション。

サイトで見つけたグッドサイズにはスモラバを投入。

0610
6:25
本部横の石積み~カバーをフロッグ、ラバージグ、スピナーベイトで流す。


6:42
■市場橋周辺
ベンドのインサイドを上流へ向けて流す。
ジグヘッドワッキーリグ、ネコリグ、フロッグ、テキサスリグ、ラバージグをローテーション。

0641
水が動いていない。
「バイトがとれない。サイトしていく」


7:15
■鳴門藍住大橋周辺

0720
「水のヨレの発生場所をみると、インサイド側がよさそう」

0725
橋手前のクリーク奥でフロッグにバイトがあったものの、乗らない。
すかさずスモラバでフォローするが反応なし。

7:50
板東谷川へ移動。
スピナーベイト、フロッグをローテーション。
「僕が勝てるのは、この(フロッグ)パターン」

1440a
8:31
ひのき橋手前に移動。
フロッグでカバー撃ち。

「水深がフロッグでねらうのにちょうどいい」

減水し、オーバーハングと水面の間にフロッグをスキッピングで奥まで送り込める隙間ができていた。

9:07
カバーの奥でバイトが出たが乗らず。

「(ねらいは)間違ってない」

フロッグカラーのローテーションは、水の色をみて判断している。
ここではラメ入りモデルをベイトフィッシュカラーとしてキャスト。


9:29
■ひのき橋周辺
ベンドのアウトサイドをねらう。
「陽が照ってくるのを待ってます。カバーに魚が入れば薮田タイム!」


9:55
■大正橋周辺
「1回下ります」

JT前から大正橋下流側へ流す。
フロッグ、テキサスリグ、チャター系をローテーション。


11:20
■三ツ合堰跡付近

「薮田タイム始まりますよ!」

1139
アウトサイドとインサイドのカバーをフロッグで攻める。

1147

11:53
■馬詰橋周辺
橋の手前からベンドのアウトサイドのカバーをテキサスリグでねらう。

「こっちは水がいいですね」

1ozテキサスリグでカバーを撃ち続ける。

「全部見ないと気が済まないんで、最下流行きます!」


12:11
■旧吉野川最下流の逆ワンド

1212
風が当たるアシ際をスピナーベイトとチャター系でチェック。
ゴミだまりやカバーは1ozテキサスリグやフロッグで攻める。


12:55
■牛屋島橋付近の生コン工場前

「撃って釣る!」と意気込み、護岸沿いのカバー奥を丁寧に探る。
テキサスリグにバイトが出たが乗らず。


13:19
■馬詰橋上流

1335
水門が絡むアウトサイドのカバーをチェック。

新高橋までのウイードエリアはフロッグで攻める。


13:50
■スロープ周辺

帰着ギリギリまで会場横、東邦レーヨン工場前のアウトサイドをフロッグで攻めるが、タイムアップ。


薮田和幸選手の成績
0尾0g……20位(タイ)


 
Basser2017年10月号ではこの試合の模様を徹底レポート!


 THE WILD CARDのレポートのほか、夏から秋への季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。






2017/8/31

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING