サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 鈴木隆之選手のフットステップ

「バズじゃないとダメなんです」。ハードボトム×シャローのバズパターン

川口雄司=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


鈴木隆之選手



6:15
■新高橋下流左岸
9番フライトでスタート後、旧吉野川を下流へ。

0615
水管橋を過ぎたあたりでスロットルレバーを戻し、釣りを開始。
手にしたのはO.S.Pバズ02ビートが結ばれているタックル。
「プラ2日目に、バズで釣れることを見つけたんです。満水はいいですね。やりたいエリアがあるんです」

dsc_9800O.S.Pバズ02ビート



6:21
■共栄橋上流左岸
さらに下流、共栄橋の手前のバンクへ移動。数投目でファーストバイトを得た。
一気に寄せて、抜き上げると同時にガッツポーズを2回!

0621_01
0621_02
「よっしゃぁ、これっすよ。テンション、めっちゃ上がりますね!」

6:31
共栄橋下流の消波ブロックが沈んでいるバンクへ。引き続き、バズベイトで流していく。
「この釣りが効くのに気づいたのは、プラのときバズを投げてすぐライギョが食ってきたから。同じフィッシュイーターだし、これはありなのかもと思って投げ続けると、バスが釣れるようになってきたんです」

0631
その直後、奇しくもナマズ(もしくはライギョ?)のバイトを得る……。

6:37
見えバスを発見。しかし、見つけるのが遅かったことと、ほかの選手の引き波によって理想的なアプローチができず。
「ここの魚は撃たれているから、キーワードは『見つかる前に見つける』です」


6:55
■牛屋島橋下流
牛屋島橋から、牛屋島大橋へと小刻みに移動しながら流していく。スタート直後は曇天模様が続き「この天気も味方してくれている」とコメント。

0655
7:02
クリーク手前にある、張り出したアシの一角。プラクティスでも反応を得ていたようで、「ここから激アツ」と期待に胸躍らせる。

0702
02ビートで流したあと、ダイバジンヘビーヒッターにチェンジ。さらにはドライブクローラー4.5inのネコリグまで投入するも、反応はナシ。
「(スピニングタックルを手にして)まさか、こういう釣りをするとは思わなかったな」


7:51
■空港インター大橋下流
そよそよと吹き始めた風が、時間を追うごとに強くなってくる。

0751
「この風は吹きすぎ。これだと表層まで出てこない」


8:32
■牛屋島大橋下流
引き続きバズベイトで流していくが、反応は得られない。プラクティスでは2時間に1尾のペースで釣れていたという。
「1尾目から計算すると8時、10時、12時で釣れるはず。14時は間に合わないから、繰り上げないと厳しい」

0832
その後、移動。
「ボクの野生の勘が違うといっている!」


8:45
■馬詰橋の下流
インサイド側を同じく02ビートでチェックしていく。ここはあまり期待できる場所ではないと言いつつ……。

「陽が出てきたな。そして水質が悪い。ちょっと濁っている。これじゃ(バスが)見えない」
メインはO.S.Pバズ02ビート。オーバーハングなどでバスが見えれば、オリカネ虫ダディのサイトというのが鈴木選手の二本柱。


9:09
■共栄橋下流
共栄橋下流へ戻ってきた。オーバーハングにオリカネ虫ダディを入れてようすをうかがう。

0909
その後、共栄橋の上流まで、小移動を繰り返しながらチェックしていくが、バイトが遠い。

9:49
共栄橋上流側右岸へ小移動。
ねらっているエリアで共通して言えるのは、ボトムが硬いこと。ゴロタなどの石が入っていることが条件。プラクティス中は水深は1.5mまでのスポットでバスを手にしてきた。

0949
「バズじゃないとダメなんですよ。バスが固まっている感じじゃないので、早く探していける。この音も効いていると思います」


10:15
■新高橋下流
朝の天気とは打って変わって強い陽差しが出てきたが、これを気にするようすはない。プラクティス中も、同様の天気のなかでバイトを得ていたという。

1015
「この天気でも食う。ここまで試合中にバズを投げた経験はないですね」


10:35
■三ツ合堰跡の対岸
ここでプラクティスでは経験していない濁りに気づく。
「ここはバスがいくつか見えていたエリア。でもこれじゃ見えないですね。明らかに水が悪い。風が吹いてもいなくなることはないけれど、濁りは嫌うかも……」

1035
オーバーハングにオリカネ虫ダディ、バスのレンジが下がったと想定してドライブクローラー4.5inのネコリグを入れるが無反応。

11:00
バイトが遠く、次の手を模索しているようす。
「どうしようかな、上流へ行こうかな。でもな、やめとこうか……」


11:10
■今切川下流エリア
アシのバンクをドライブクロー3inのテキサスリグでチェックしていく。ここで待望のバイト! 推定800gをキャッチ!!

1110
Vサインとともに「イェイ、イェイイェイ!」。

11:30
ショートバイトに反応するも、フックアップせず。このバイトを得たことで、再度、流し直すことを決意。しかしその後、バイトはなく移動。

1130

12:05
■牛屋島大橋下流
再び、旧吉野川の下流域へ。風がさらに強くなっているが初志貫徹。O.S.Pバズ02ビートをキャストし続ける。
そして自分に言い聞かせるように「まだ大丈夫、まだ時間はある」とつぶやく。

1205
13:50
残り時間ぎりぎりまでバズを投げ続けた鈴木隆之選手。しかしここで無念のタイムアップ。
「いやー、やりきったなー!!」

1350

鈴木隆之選手の成績
2尾1826g……10位

img_0343
試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!








2017/8/18

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING