サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 杉村和哉選手のフットステップ

逆境のなか、ベテラン琵琶湖ガイドを震わせた1尾とは?

勝瀬永康=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


杉村和哉選手


スタート前。
「優勝以外は意味がないので目標はもちろん優勝です。琵琶湖ガイドは日本で一番釣りをしている人間なので、その琵琶湖ガイドの底力を見せたいです」


6:20
スタート直後、他選手たちの進行方向を見て「下流に行く選手が多いのかな? 下流はどんな時間でも釣れてたので上流からやります」
■川崎橋下流のカバー
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)・ボトルシュリンプ4in(7gリーダーレスダウンショットリグ)
「ここは沈船があって2週間前のチャプターのウイニングエリアなんです。ただ、プラではまったくダメでカバーのほうがよかったので、沈船はサクッとやってカバーをメインに撃っていきます。プラの感じでは落として誘ったところで食ってこなかったので、着底させてすぐ回収です。正直、どのカバーが美味しいとかはなくて、広く探りたいというのも理由のひとつです」

0627
沈船周辺はリーダーレスダウンショットリグで探り、川崎橋から大正橋のカバーには1m感覚でノーシンカーリグ・バックスライドセッティングを撃ちこんでいく。

1449

7:00
■三ツ合堤跡下流のカフェ前
●プロトストレートワーム(0.9gネコリグ)
「ここはプラで一番魚が見えた場所です。実際35~45cmクラスも釣れてました。ただ、朝イチで江口さんが入ってたんで抜かれたあとかな? 移動します」

0715

7:35
■大谷川放水路
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)&プロトタイプストレートワーム(0.9gネコリグ)

エリア到着と同時にボートで激しい異音がし始める。
「なんか壊れた? 俺のワイルドカードももう終わりかな?」

0745
ファンが回っていただけだったがトーナメントの緊張か少し焦り気味。

0751
「ここはプラのときはどんなタイミングで入ってもバスが見えた場所です。誰も入ってなければ今日もいるとは思います」

ノーシンカーリグを撃ったあとにネコリグを通す丁寧な釣りで水路を奥まで探ったもののノーバイト。

「マジか……。今日に限っていない? あとでもう一度来ます」


8:00
■牛屋島大橋と高速橋の間の水路
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)

水路の右側のカバーをテンポよく撃っていく。

8:12
待望のバイトを得たがフックアップせず。

0816
「もう、ちゃんと食って~。まぁ、ここのエリアに魚が入っているのはわかったんで、あとでまた撃ちます」

8:25
「あれ? 追いかけてきたかな? でも追いかけてくるヤツは食わないんです。ビックベイトを追ってくるヤツと一緒。ここは後でもう一度入ります」


8:30
■牛屋島大橋から牛屋島橋の北側
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)
カバーやアシをテンポよく撃っていく。

「もう8時半? 時間が経つのが早いわ~。みんな釣れてるのかな?」

0851
8:38
「あれ? 今のバスっぽいな。少し反応したけど食わなかった」

8:48
0853
300gクラスをキャッチ。

「キーパーある? ない? ギリギリある~!」

0854
0855
「すごい! 300gで手が震えてる。琵琶湖でさんざんデカいバス釣ってきたけどこのサイズで手が震えるとは……。よし! もう一度さっきの水路に行きましょう」

0856

9:00
■牛屋島橋手前の水路
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)&プロトタイプストレートワーム(0.9gネコリグ)

「1時間は空けたから入っててよ~」

先ほどと同様、ノーシンカーリグを撃ったあとにネコリグを通して丁寧にチェック。

9:08
0909
「あっ、洗剤が流れ込んでる……。最悪だ。え~、なんで今日に限って魚も入ってないし洗剤は流れ込んでくるし……。もう一度アシを撃ちます」

0910

9:10
■牛屋島大橋から牛屋島橋の北側
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)

今度は上流から下流へ流していく。
先ほどバスを見たアシ周りで再度バスを確認。

「あっ、今度は逃げた。結構プレッシャーがかかってますね」
ひと通り流したものの反応なし。

「さっきバイトがあった水路にもう一度入ります」


9:30
■牛屋島大橋と高速橋の間の水路
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)

1回目に入ったときより細かく丁寧に撃っていく。

「魚の反応があったエリアなんで少し丁寧にいきます」
バイトがあった場所や気になるところはネコリグも投入した。

「やっぱ甘くないか……。移動します。今度は消波ブロックを撃ちます」


9:50
■馬詰橋周辺の消波ブロック帯
●ボトルシュリンプ4in(7gリーダーレスダウンショットリグ)&プロトタイプストレートワーム(0.9gネコリグ)

1002
「本当は下流の消波ブロック帯をやりたかったんですが人がいたので上にきました」

アシ際と消波ブロックの中を交互に撃っていく。

「消波ブロック帯は高い確率で魚に触れました。でも25~40cmクラスなんでノンキーが来る可能性も高いです。やはり消波ブロック帯の始まりと終わりが一番可能性がありますね」

消波ブロック帯の際にはネコリグも通す。

「すぐそばの水門とリーズを撃って移動しましょう」

10:10
水門前のゴミ溜まりをITシュリンプ(14gリーダーレスダウンショットリグ)で撃つ。
水門に続く水路はプロトタイプのストレートワームのノーシンカーリグで丁寧に攻める。

1014
「ここは水門が開いてないと駄目なんですよね。昨日の開いているタイミングでは40cmアップもいたんですが今日はダメですね」


10:30
■新高橋~カフェ前
●プロトタイプストレートワーム(0.9gネコリグ)
朝同様ショアラインとブレイクをネコリグで丁寧に撃っていく。

「なんか練習で釣れてたところがことごとくダメですね……。かと言ってこれから新規の場所なんてやれないしなぁ……。どうしよう。……上に行きます」


11:15
■三ツ合公園エリア取水塔
●プロトタイプストレートワーム(0.9gネコリグ)
「あまり釣れるイメージはないんですが、昨日バイトだけはあったので軽くやってみます」

1121
「ここは北湖の牧の取水塔だ……。食ったら50cmアップ」

暗示をかけながら取水塔の際を正確なキャストで攻めたもののノーバイト。
「やっぱキューヨシの取水塔だったわ」


11:30
■川崎橋周辺カバー
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)&ボトルシュリンプ4in(7gリーダーレスダウンショットリグ)

朝同様に沈船周辺をリーダーレスダウンショットリグで探ったあと、上流に向いながらアシにTKツイスターを撃っていく。

川崎橋でUターン。
「やっぱプラを信じて魚の濃かった下流側のカバーを撃ちます」

大正橋まで撃っていく。


12:45
■新高橋周辺エリア
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)&プロトタイプストレートワーム(0.9gネコリグ)
橋周辺のカバー周りはTKツイスターを撃ち、下流のリップラップエリアはネコリグを投入。

1307
「このリップラップいると思うんだけどな……。プラではそこそこよかったんですがここもダメか……」


13:15
■東邦レーヨン工場前
●TKツイスター(ノーシンカーリグ・バックスライドセッティング)&プロトタイプストレートワーム(0.9gネコリグ)

1343
「時間ギリギリまで粘りますね。ここから本部までのスポットを全部撃ちます。最後に意地を見せたい。小さいベイトはいるんだけどバスがいない……」

しかし、その後は追加できず無念の帰着。


杉村和哉選手の成績
1尾352g……18位  
  

 
Basser2017年10月号ではこの試合の模様を徹底レポート!


 THE WILD CARDのレポートのほか、夏から秋への季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。

2017/8/30

最新号 2017年12月号

Basser Allstarclassic2017を徹底レポート!  今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstarclassic2017を全力で特集しています。  「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。  また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING