サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

THE WILD CARD 佐々一真選手のフットステップ

ノーシンカーリグのシャロー攻略をメインにリミットメイク

石川実=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


佐々一真選手


旧吉野川での試合は初という佐々選手。
プランはオーバーハングをメインにシェード、ゴロタ石をねらう。
それができなければ橋脚周りをドリフトで攻める。

「みんなやるところは一緒。まわり方を間違えると負の連鎖が始まる」


6:15
■三ツ合橋上流側
野良ネズミ(ノーシンカー)をスピニングで数投。
反応なし。

ファットイカ(ノーシンカー)にチェンジ。
反応なし。

0619
6:21

野良ネズミにチェイス。食い切らず。

「1尾釣りたい。落ち着かない」


6:27
■旧吉野川本流下流へ移動。
「流れてないですね。カバーにいない」

6:36
0636
バイトあるもフッキングミス。

「1本目獲りたかった……。やってることは間違ってないんですけど、試合ってこういうことがあるんですよね。上流からまわるほうがいいかも」


6:56

■板東谷川橋下流へ
野良ネズミ(ノーシンカー)。
「サングラスが熱気で曇ってます(笑)」

ファットイカ(ノーシンカー)にチェンジ。ドリフトでバイトなし。
野良ネズミで表層をチェック。バイトなし。
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)も試す。
「流れが弱いですね」

7:18
少し上流へ移動。
シャロー側を野良ネズミで探るも反応なし。

0719
「ハスばっかりだな」

ダウンショットでゴロタをチェック。

7:33

「橋の上流の小島をやります」


7:52
■ひのき橋下流側
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)。
「あのサンドバーやりたかったな」
サンドバーには折金一樹選手がいる。

0802
8:13
「晴れてきた」

8:20
対岸へ。
「食わないなー。ちょっと流すものを替えてみます」

8:40
ファーストフィッシュをキャッチ。推定1㎏。6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)。
「だいぶ落ち着きましたよ。そんなに沈めてないから(魚は)上向いているのかも」

0839
9:03
2尾目をキャッチ。推定800g。6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)。
「パターンが微妙に見えてきたかも」

0902
9:39 
下ってくる折金一樹選手を見て「上行きましょう。新しいバスが入ってくるタイミングに当たればいいんですけど……」

9:47
■ひのき橋
「1本目を釣ったところから始めます」

9:56
ひのき橋下のサンドバー。
突如現れたヘビにビックリ!!

ダッドカットでボトムをズル引き。
「いつ釣れるかわからないんであまりやりたくないんですけど……」

10:07
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)へチェンジ。
「違うのを流してみます」

10:08
見えバスを発見。
「2本くらいいる。食わないかな~。触った感じ……ちゃんと食ってよ~。あと4時間。あのサイズでリミットを揃えたい」

10:20
目の前でボイル。
3inファットヤマセンコー(ノーシンカー)にチェンジ。

10:30 
「ちょっとペンシル投げてみます」
ラウドノッカーを投げるも異常なし。


10:50 
■藍住大橋下流水路前。
オーバーハングを野良ネズミでチェック。
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)でチェックするとノンキーが釣れる。

10:57
対岸をチェック。ダウンショットリグ。


11:04
■川崎橋
川崎橋の橋脚。
ダッドカットのノーシンカーリグで探ったのち、ネイルシンカーを挿入したセッティングも試す。
「ハングオフのテールの水押しでリアクションバイトをとる感じでやってみます」

11:24

「下流の木だけやって移動します」
野良ネズミと6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)でチェック。


11:30
■三ツ合
朝イチに入ったエリア。
野良ネズミでチェック。

12:00
 
■三ツ合橋下流側
スモラバ+アンクルゴビーで3尾目。推定1㎏。

12:15 
■三ツ合橋合流部下流側
野良ネズミでオーバーハング攻めでバイト。
ランディング間際にラインブレイク(推定1㎏アップ)。
「0.8号でもダメなのかな~。旧吉は……」

12:30
再び野良ネズミにバイト。ノリきらず。

12:34
「センコー入れてみます」
しかしその後バイトなし。

13:00
「ちょっと下やってみます」

13:10
野良ネズミに反応アリ。バイトには至らず。

13:25
朝イチバラしたエリアで推定500gをキャッチ。野良ネズミ(ノーシンカー)。
「あと1本!」

1320
1321
13:45
■三ツ合橋上流側ブッシュ
野良ネズミ(ノーシンカー)で推定900gをキャッチ。リミットメイク!

1342
「言ったら揃うものなんですね。沖目がいいのかな」

13:56 
「戻ります」。ストップフィッシング


佐々一真選手の成績
5尾 5224g……優勝

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!








2017/8/7

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING