サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 佐々一真選手のフットステップ

ノーシンカーリグのシャロー攻略をメインにリミットメイク

石川実=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


佐々一真選手


旧吉野川での試合は初という佐々選手。
プランはオーバーハングをメインにシェード、ゴロタ石をねらう。
それができなければ橋脚周りをドリフトで攻める。

「みんなやるところは一緒。まわり方を間違えると負の連鎖が始まる」


6:15
■三ツ合橋上流側
野良ネズミ(ノーシンカー)をスピニングで数投。
反応なし。

ファットイカ(ノーシンカー)にチェンジ。
反応なし。

0619
6:21

野良ネズミにチェイス。食い切らず。

「1尾釣りたい。落ち着かない」


6:27
■旧吉野川本流下流へ移動。
「流れてないですね。カバーにいない」

6:36
0636
バイトあるもフッキングミス。

「1本目獲りたかった……。やってることは間違ってないんですけど、試合ってこういうことがあるんですよね。上流からまわるほうがいいかも」


6:56

■板東谷川橋下流へ
野良ネズミ(ノーシンカー)。
「サングラスが熱気で曇ってます(笑)」

ファットイカ(ノーシンカー)にチェンジ。ドリフトでバイトなし。
野良ネズミで表層をチェック。バイトなし。
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)も試す。
「流れが弱いですね」

7:18
少し上流へ移動。
シャロー側を野良ネズミで探るも反応なし。

0719
「ハスばっかりだな」

ダウンショットでゴロタをチェック。

7:33

「橋の上流の小島をやります」


7:52
■ひのき橋下流側
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)。
「あのサンドバーやりたかったな」
サンドバーには折金一樹選手がいる。

0802
8:13
「晴れてきた」

8:20
対岸へ。
「食わないなー。ちょっと流すものを替えてみます」

8:40
ファーストフィッシュをキャッチ。推定1㎏。6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)。
「だいぶ落ち着きましたよ。そんなに沈めてないから(魚は)上向いているのかも」

0839
9:03
2尾目をキャッチ。推定800g。6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)。
「パターンが微妙に見えてきたかも」

0902
9:39 
下ってくる折金一樹選手を見て「上行きましょう。新しいバスが入ってくるタイミングに当たればいいんですけど……」

9:47
■ひのき橋
「1本目を釣ったところから始めます」

9:56
ひのき橋下のサンドバー。
突如現れたヘビにビックリ!!

ダッドカットでボトムをズル引き。
「いつ釣れるかわからないんであまりやりたくないんですけど……」

10:07
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)へチェンジ。
「違うのを流してみます」

10:08
見えバスを発見。
「2本くらいいる。食わないかな~。触った感じ……ちゃんと食ってよ~。あと4時間。あのサイズでリミットを揃えたい」

10:20
目の前でボイル。
3inファットヤマセンコー(ノーシンカー)にチェンジ。

10:30 
「ちょっとペンシル投げてみます」
ラウドノッカーを投げるも異常なし。


10:50 
■藍住大橋下流水路前。
オーバーハングを野良ネズミでチェック。
6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)でチェックするとノンキーが釣れる。

10:57
対岸をチェック。ダウンショットリグ。


11:04
■川崎橋
川崎橋の橋脚。
ダッドカットのノーシンカーリグで探ったのち、ネイルシンカーを挿入したセッティングも試す。
「ハングオフのテールの水押しでリアクションバイトをとる感じでやってみます」

11:24

「下流の木だけやって移動します」
野良ネズミと6.5inカットテールワーム(ノーシンカーワッキー)でチェック。


11:30
■三ツ合
朝イチに入ったエリア。
野良ネズミでチェック。

12:00
 
■三ツ合橋下流側
スモラバ+アンクルゴビーで3尾目。推定1㎏。

12:15 
■三ツ合橋合流部下流側
野良ネズミでオーバーハング攻めでバイト。
ランディング間際にラインブレイク(推定1㎏アップ)。
「0.8号でもダメなのかな~。旧吉は……」

12:30
再び野良ネズミにバイト。ノリきらず。

12:34
「センコー入れてみます」
しかしその後バイトなし。

13:00
「ちょっと下やってみます」

13:10
野良ネズミに反応アリ。バイトには至らず。

13:25
朝イチバラしたエリアで推定500gをキャッチ。野良ネズミ(ノーシンカー)。
「あと1本!」

1320
1321
13:45
■三ツ合橋上流側ブッシュ
野良ネズミ(ノーシンカー)で推定900gをキャッチ。リミットメイク!

1342
「言ったら揃うものなんですね。沖目がいいのかな」

13:56 
「戻ります」。ストップフィッシング


佐々一真選手の成績
5尾 5224g……優勝

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!








2017/8/7

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年2月号

第10回オカッパリオールスタークラシック
ザ・キャノンボール/四国の四人編

前号のBasser Allstar Classicに続き、今号ではスターたちの「オカッパリ」バトルを特集!
  10回目の開催を数える今回の舞台は、なんと四国四県!
  折金一樹さん、北大祐さん、早野剛史さん、藤田京弥さんら2018年に輝きを放った、いま大注目のアングラーたちがお遍路道を駆け巡ります。

4名全員が旧吉野川以外のフィールドでオカッパリをするのは初めて。
これまで見たこともなかった釣り場がほとんどを占めるなか、たった2日間下見をしただけで、四国各地で引き寄せ合うように出会う選手たち。
このメンバーがガチでエリアを見極めるとこうなるのか……。

ボートを降りてもトッププロ半端ないって!
  テクニックも、釣果も、節目の第10回大会にふさわしい素晴らしいものに内容になっています。

「米国ツアー最前線」では、前号に引き続き雨貝健太郎さんが激動のアメリカトーナメントシーンを詳報。 B.A.S.S.からの移籍を決意した選手、そして招待を蹴って残留した選手へのインタビューから競技フォーマットまで、 26ページの大ボリュームでお届けします!
  年末年始にゆっくりできる人にも、できない人にも、とにかく読み応え充分の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING