サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

THE WILD CARD 酒井俊信選手のフットステップ

”ブレイク下×テールスピンジグ”で値千金の1尾をキャッチ

西島高志=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


酒井俊信選手


当初のメインプランはイージーシャイナー4inノーシンカーリグでのオーバーハング攻め。
プラではスキッピングで奥まで入れて引いてくるとチェイスがあった。
また、試合当日は定水日であったため、シャロー側に差してくるであろうバスにねらいを定め、とくに朝イチのフィーディング時にこの釣りで何尾かキャッチしておきたい意図があった。

フライト19番でスタート。

1245

6:19
■新高橋周辺
前日のプラでチェイスが確認できたエリア。
オーバーハングの絡むシャローをイージーシャイナー4inのノーシンカーリグでねらう。

しかし、期待に反してバイトがなく、移動。

0925

6:42
■牛屋島大橋付近
ノーシンカーリグに反応がないことを受け、ルアーをテールスピンジグにチェンジ。
シャローを見切り、ブレイク下の一段深いところを巻きでねらう釣り方に大きく軌道を修正した。

これは、酒井選手が普段釣りをしている霞ヶ浦水系での釣り方からヒントを得たもの。

0917
「霞ヶ浦水系での釣りで感じることなのですが、増水したとき真っ先にシャローに上がってくるのは小さいバスが多くて、ウエイトのあるバスは一段下で待機していることが多いんです。大きいバスは一度水位が上がってもすぐに元に戻ることがあることを知っているんだと思います。高い水位で安定した日が何日か続くとそういうバスもシャローに上がります。僕にとって旧吉野川は完全にアウェーで釣りをしたのも今回のプラが初めて。ですがこのフィールドも水位の増減が激しいので、同じ傾向があるのでは? と考えました」

ルアーはレアリススピン7g。

dsc_9797a
ボディーが小さめでローインパクトのため、プレッシャーのかかったバスに口を使わせやすい。
また、ブレードの後ろ側にもトレブルフックがつけられているため、ショートバイトでもフックアップに持ち込める。

酒井選手は自身がコンフィディンスを持てるこのルアーで1日釣りきることを決めた。


7:25
■広島橋上流
レアリススピン。

1044

11:50
■共栄橋周辺
レアリススピン。

1238
12:15
ついにレアリススピンにヒット。
値千金の600gクラスをキャッチ。

1216
この試合、ハードベイトでキャッチされたのはこのバスを含めわずか2尾であった。


酒井俊信選手の成績
1尾661g……17位
  
 
Basser2017年10月号ではこの試合の模様を徹底レポート!


 THE WILD CARDのレポートのほか、夏から秋への季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。








2017/8/29

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年6月号

水辺へ行こう。一緒に釣りしよ

今号は、私たちが友人、子ども、家族の先生となって一緒に釣りを楽しむための特集です。
たとえば、近年の学校では「友だち同士で水辺に近づかない」と教育されます。つまり、大人たちが積極的に水辺に連れ出さないかぎり、子どもたちが自分から釣りに親しむようになることはほとんどありません。
「バス釣り」という素晴らしい遊びをもっと多くの人に知って楽しんでもらうために、まず私たちに何ができるのか。その方法を一冊にまとめました。
鬼形毅さんは、自分の子どもを釣りにのめり込ませる方法を教えてくれます。
そのほか、釣りへの導入としてのガサガサの楽しみ方や、釣り掘りの上手な利用の仕方、オススメのタックルや初心者でもバスをキャッチしやすいルアーカタログなど、5月の連休に読者の方が誰かにとってのよき「先生」になるためのヒントが満載です。
また、国内外の熱いトーナメントレポートも見逃せません。
BPTの設立とそれに伴う主要選手の大量流出を受け、トップレベルのトーナメントアングラーが集うのは今回が最後になる可能性が高いバスマスタークラシック。その節目の大会を制したオット・デフォーの戦略と、クラシックの行く末とは……。
日本国内ではJBTOP50が開幕。サイトの達人である三原直之さんと山岡計文さんの手に汗握る一騎打ちのもようを掲載。また、W.B.S.やTBCなどのウイニングパターンも必見です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING