サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 折金一樹選手のフットステップ

ノーシンカーワッキーリグがもたらした1kgアップ

宇田智=レポート、サイト・ビー=まとめ
2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


折金一樹選手


プラは7日行なった。
「だいたい状況は見えてきている。ほかの選手が入ってなければ、上流が有望」と折金選手。
目標は1kgクラス×4尾、500gクラス×1尾。
上流で3尾キャッチしたら、あとはランガンで揃えていく作戦。
朝はカレントの強い上流で釣り、カレントが弱くなる試合中盤以降の時間には、下流の魚が溜まるエリアで釣るのがねらい。
「上流は魚が湧いてくるがクセがある。自分ならこの魚を食わせられる。ほかのアングラーは気づかないで欲しい」

メインパターンは……
◯トップウォーター
◯ワームのドリフト
◯カバーの中でのサイトフィッシング

当日、フライトは13番。
「ベストは5番フライト。1番フライトだと逆に緊張するから5番でいい(笑)」

6:05
0610
旧吉野川上流へ向かう。
市場橋上流右岸、橋脚の反転流付近のめぼしいエリアでほかのアングラーが釣るのを目撃。
苦々しい顔。


6:25
■鳴門藍住大橋下流
釣り開始。
オーバーリアル63ウェイクをピクピクのようににシェイクしながらスローにリトリーブ。

6:35
鳴門住大橋橋脚でボイル発生。
オーバーリアル63ウェイクにバイトしてきたが乗らず。
思わず「あぁ……」と声が漏れる。
「小っちゃいのかな?」

0642
6:47
藍住堰跡まで小移動。
反応なし。

6:50
藍住堰跡右岸でボイル。
反転流が絡むカバーをオリカネ虫でチェック。

ベントミノー106Fを回収時のようなスピードで水面を跳ねさせながら巻く釣りも試す。
プラではデカいバスが奪い合ってバイトしてきたというが反応なし。


7:17
■板東谷川
ボイルを発見。
魚はいる。

7:31
キャストでPEライントラブル。ラインブレイク。
リズムが出ない。
「おぃ、マジで……」


7:43
■ひのき橋下流
かなり濃いカバーにPEラインでスモラバをねじ込んでいく。

0741
上流にいたもうひとり、山岡選手は移動していった。

7:55
ひのき橋右岸側橋脚下流の反転流にて、キッカーを掛けたもののラインブレイクしてしまう。

0754
0755
かなりうなだれる折金選手。

0756
0758
ルアーはドライブクローラー3.5inのノーシンカーワッキーリグ。
おぼろげに数尾の影が見えて、そのあたりにキャストすると浮いてきて食った。
橋脚から下流側のサンドバーの辺りをぐるぐる回っているようだ。

スピニングタックルからベイトタックルへチェンジ。
ルアーはドライブクローラー9inに。
ルアーを大きくして、イトを太くしたのは、ラインブレイクのせい?
「ルアーをデカくしたかったから……っていうことにしておきます(苦笑)」

8:23
競技エリア外のひのき橋上流側でデカそうなボイルを発見。
見えていても手出しができない歯がゆい状況に苦笑い。

8:27
待望のファーストフィッシュをキャッチ。
目測1300gほど。

0824
0825
0826
右岸橋脚下流のサンドバーでチラッと見えた魚。
見えなくなった方向にドライブクローラー3.5inのノーシンカーワッキーリグを流して食わせた。

dsc_9791
8:41
すぐ下流の佐々選手がいい魚をキャッチ。
気になる素振りの折金選手。

8:51
橋脚下流のサンドバーに1尾のバスが入ってきたが、食わせられない。
複数入るほうが食わせやすいのだが……。

9:17
ひのき橋下流エリアから、徐々にエレキで釣り下り始める。

9:41
ひのき橋下流から移動し、また上流へと戻る佐々選手と板東谷川付近ですれ違う。
「上流へ入っていいですか?」の問いにOKを出したものの、「釣ってきそうー」とボソッと漏らす。


9:50
■鳴門藍住大橋周辺
カバーをPEタックルによるパワーフィネス、沖側をベントミノーの超絶速巻きで攻めながら下り、藍住堰跡周辺で粘る。

10:03
「半分かー。早いなー」
バイトの遠さに思わず声が出る。
鳴門藍住大橋を越え、さらにエレキで釣り下る。
「1本目を1500gとすると、あと500g×3本で3000g。キロが1本でも混ざれば3500g」
今からはこれをねらうようす。
エンジンでの移動。


10:15
■大正橋周辺
大正橋より下流に向かって流し始める。


10:26
■市場橋
釣りに集中しすぎていたため、迫り来る市場橋が見えず、橋に左側頭部をやや強めに打ちつける。
痛そう。

10:35
市場橋下流左岸をサイトで流す。
ブリブリの50cmアップを確認。
「ガリガリのほうが食わせやすいのに……」と、ポツリ。


10:50
■三ツ合堰下流右岸
アウトサイドのオーバーハングをオーバーリアル63ウェイクで丁寧に流す。

11:20
三ツ合堰下流から、旧吉野川右岸側をひたすら下流に向かってサイトで流す。

11:30
ひたすらサイトで流す。
魚を見つけるまで、ほぼ投げない。


11:40
■共栄橋
共栄橋に到着。上流側のヒシモエリアは頼りにしていたキーパーエリア。だが、そこから魚の姿は消えていた。


11:50
■新高橋下流右岸バンク
ひと流し目で1㎏ほどの魚がヒシモについていたのを発見していた。
ここは魚が多い。しかし、反応はない。

12:00
エンジンにて小移動。


12:03
■三ツ合堰下流右岸ストレッチ
オーバーハングに絡むレイダウンに、ノーシンカーワッキーリグを投入。
魚が浮いて甘噛みしてきたものの、掛けるまでには至らず。


12:30
■会場前
会場対岸のクリークからスタート。
その後左岸側へと渡り、最下流へ向けて下り始める。


12:53
■北島応神橋下流
左岸側の小規模ワンドでノンキーパーがヒット。
ドライブクローラー3.5inノーシンカーワッキーリグ。
ここはマメサイズに混じって1㎏クラスのチェイスもある。
プラでは1㎏フィッシュもキャッチしているエリア。


13:07
■今切川最下流エリア
フジグランの下流にあるインレットに入る。
茂手木選手がインレット下流のアシのストレッチを釣っている。
折金選手はインレットの中に入る。

ここではセミパターンを試す。
プラでは実際にセミが食べられているシーンを目撃したという。
ルアーはデカダンスフィーとクレイジークローラー。
ただなぜか全部ハネがおかしくなっており、ちゃんと動かない。
苦笑。

あとでわかったことだが、ここでは茂手木選手がすでにセミパターンで釣っていた。
茂手木選手もプラで魚がセミを食っているのを目撃していたという。
ルアーはオリカネ虫。
なんとも酷な話である。

折金選手はボイル発生時に限ってサオ同士が絡まってキャストできなかったり、他選手とバッティングしたりリズムが合わないようす。


13:21
■今切川最下流エリア
右岸側水門へと移動。
「日に日に釣れなくなってるけど、今日が1番釣れないな……」
弱気な言葉が漏れる。


13:31
■北島応神橋下流
消波ブロック帯の沖。
ネコリグで小さなアタリが出る。

13:35
同エリアでノンキーパーゲット。
「どういうことだ?」の言葉とともに、深いため息が漏れる。

13:47
少し上流側へと小移動
次に入ろうかと思っていた水門に、先ほどバッティングした茂手木選手の姿。
しかも1尾よさそうな魚が釣れているようす。
口から舌を出して、くしゃくしゃの表情でプレスにショックを伝えてくる折金選手。
北島応神橋上流の消波ブロック帯へと移動。

13:53
帰着に向かう船を横目に、ギリギリまで粘る折金選手。

13:56
ストップフィッシング。
「ふぁーーー」

13:59
帰着。


折金一樹選手の成績
1尾1380g……12位  

試合の詳細は、8月26日発売のBasser2017年10月号で詳しくレポートします!



2017/8/22

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING