サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

THE WILD CARD 小池貴幸選手のフットステップ

スモラバとテキサスリグをメインに3尾をキャッチ

佐藤健人=レポート、サイト・ビー=まとめ

2017年7月28日(金)に行なわれた、2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


小池貴幸選手


6:10
■新高橋下流
フライト2番でスタート後、旧吉野川本流のスローエリアを抜けてすぐのリップラップに入る。
ルアーはスモラバ。

0619
釣り始めてすぐサイトで500gクラスをキャッチ。
「見えたのと違うやつが食った、まだいるなあ」

7:15
粘ったもののバイトが続かず移動。


7:20
■馬詰橋上流水門
スモラバでチェック。

「違うな」とひと言放ちすぐさま移動。


7:40
■大谷川水路対岸のカバー
テキサスリグ、リーダーレスダウンショットリグ、スモラバでチェック。

0740
「やっぱり簡単じゃねぇな」


7:55
■広島橋周辺
スモラバ、ダウンショットリグで橋脚、護岸、杭を探る。

0808
8:20
0816
0817
0818
消波ブロック帯の終わり、鉄板の壁の角で700gクラスをキャッチ。
ルアーはスモラバ。

koike01
小池選手は回遊系のバスを拾う釣りではなく、バスがフィーディングで差してくるスポットをラン&ガンしている。

8:40
アシと小規模水門まわりを、テキサスリグ、スモラバ、ジャークベイトで探る。
ローライトのため回遊系のバスねらいに切り替えジャークベイトで手広く攻めていた。

9:00
丸須団地前消波ブロック帯の角を探る。

0907
「フラット」「壁」のキーワードをよく言葉に出している。
「強い流れよりも弱い流れ。ちょっとした淀みをねらいたい」


10:05
■共栄橋下流のブッシュ
スモラバ、テキサスリグでチェック。

徐々に自分の釣りを変更し今日の答えを見つけようとしている。
「展開を変えよう」


10:50
■三ツ合橋周辺
橋脚やアシをスモラバでチェック。

1053
「違うな、やっぱり最下流から組み立て直す」


11:40
■牛屋島橋下流
ブッシュをスモラバでチェック。

12:00
護岸をスモラバでチェック。

推定1500gを掛けたものの、痛恨のバラシ。

「ウワァ!」

護岸が続くストレッチで唯一の小規模なアシ。
プラではこうした回遊しているバスが一時的に止まるようなスポットを確認していたという。
このバスをヒントにラン&ガンを繰り返す。


12:20
■長岸橋下流
アシをテキサスリグでチェック。

1217
1218
koike02
800gクラスをキャッチ!
「まだいける! 諦めんな俺!!」


13:30
■牛屋島橋下流の護岸

ここでストップフィッシング。

小池貴幸選手の成績
1尾826g……16位(※死魚ペナルティー500g)

  
 
Basser2017年10月号ではこの試合の模様を徹底レポート!


 THE WILD CARDのレポートのほか、夏から秋への季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。






2017/8/28

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING